2006年映画感想

イルマーレ(THE LAKE HOUSE)観た!

Main_1 本日、9月23日より公開の「イルマーレ(原題THE LAKE HOUSE)」観てきました!

感想は、感想は・・・っ。うーん、うーん。。。。^^;

これよりネタバレかなりアリ。なので、これから観る方は決して読まないでください!

            

***これより下↓すごいネタバレ***

 

                          

えーとですね、まず面白いか!?と言われたら。。。面白くなくはないです。(なによ、それ^^;)まあ、ラブストーリーですから、こんな感じなのかなぁ。。。って感じなんですけど、テンポにムラがあるような気がしました。
脚本は悪くないと思うんですけど、明らかに編集がイマイチな気がします^^;

サンドラ演じるケイト・フォスターとキアヌ演じるアレックス・ワイラーが2年の時を隔てて文通し、心を通わすところやアレックスと父親の関わりなど、とても良い部分がかなりあるんですが、何故かそれが最後までつながってこないんですよね。(お父さんの作品集のアレックスとお父さんとのツーショットにはちょっとグッときちゃいましたよ。やっぱりせがれが実際いるとそんなもんですかね。。。^^;)
2年の時が2人の間を常に邪魔しているんですが、2004年の時点で2年後に存在しているケイトと手紙のやり取りを始めたアレックスは、本来なら2006年の時点まで面識がなくてもあたりまえなんですけど、まだアレックスとの文通を知らないケイトと2004年で会ったりしている。
ケイトを既に知っているアレックスと、他に恋人がいて全然状況がわからないケイトとの関わりがすごくもどかしかったりドキドキしたりするんですけど、その事で2年の時を隔ててケンカしたり面白いと感じるシーンもありました。

Imd10098r_3  お互いを愛していると感じた2人は会う約束をするんですが、2006年の約束の日にアレックスは現れない。2年の時を埋められない事を悟ったケイトは2004年のアレックスに会った時の恋人と再び付き合いはじめ、2人の関係は終わってしまったかに見えるが。。。ケイトが2008年に家を買い、リフォームをある設計事務所に頼み、打ち合わせに行く。そしてその設計士ヘンリー・ワイラーにある衝撃的な事実を告げられる。。。

この衝撃の事実は「ええーっ!?」って感じですが、ケイトがシカゴの病院に赴任したての頃、遭遇した事故の被害者の後姿だけでわたしはわかっちゃいましたけど。。。^^;だってキアヌファンなら、わかっちゃうよ。アレは。。。。^^;^^;

ある意味予想できるラストですが、終わらせ方がすっごく強引なんですよね。それに2年経っても誰も住んでないのかよ。。。的な疑問もありつつ。
途中すっごいスローテンポなのに、ラストは駆け足。
しかも観終わってから「あ~、そういう事ね」的なわかりにくい部分もあると思います。とにかく、ケイトがヘンリーに事実を告げられてからの展開が非常にわかりにくい。

わたし的な解釈としては。。。(観た人だけ読んでね、ほんとに。。。)

                  

ヘンリーからアレックスが亡くなった事を聞いたケイトはLAKE HOUSEに急ぎ、アレックス宛の手紙を書く。同時に2006年2月14日のアレックスは2004年の文通の頃、ケイトが話していた母親と一緒にランチをしていた時の事故に遭遇した日付が2006年2月14日だった事を思い出し、LAKE HOUSEに直行。天井裏に残した手紙を確かめる。そして、たぶんその時事故を知ったケイトが入れたポストの手紙に気づく。
そしてデイリー・プラザに行くもののケイトからの警告を知ってしまったので、目の前のケイトの元へ行くのをためらう。事故を免れる。またまた2年待つ。そしてご対面。。。
。。。って感じですよね?

Imd9778_2 これがとっさには理解できず「??」って感じもあったんですけど、終わって少し時間経ったら理解できました。^^(おのれは恐竜かっ)

なんかねー、ラストがねー、残念なんですよね。
2004年で面識があるとはいえ、いきなりチューして終わりはね~。。。
それにしてもアレックスの根気の良さにはオドロキですよ。常に2年待ちだもん^^;
しかしデイリー・プラザに会いに行くくらいなら、LAKE HOUSEに住むケイトを尋ねれば全て早期解決だったんじゃないの!?だって2004年に会ってお互い好意を持ってるんだからさぁー。

冒頭はスリムだったキアヌがラスト近く、なんか太っていたような気が。。。^^;^^;
わたしが大好きな「主役が美男美女」という設定にも関わらず、2人が絡むシーンがすっごい少ないんですよ。だから上演時間を短くしてあるのかもしれないけど。

途中2004年のパーティで会った時、あえて何もなかった方が良かったような気がします。ちょっとあの濃厚なボディタッチは。。。^^; もちょっとストイックさを出した方がラストのキスシーンが活かせたような気がするんですけど、どーでしょーかね??

ま、とにかくわたしはキアヌが観られたからいいのっ!(でた)

少なくともスイートノベンバーよりも後味は良かったので、良しとするかっ。(ええっ!?)

とにかく景色が美しく、LAKE HOUSEがこの映画のために用意されたセットだなんて思えないほど見事です。キアヌには苦悩する姿が似合いすぎるっ。(笑)
。。。。。ん!?
わたしの好きな俳優・・・上川隆也、ディヴィッド・ドゥカブニー、キアヌ・リーブス、堤真一・・・(全ての元祖はスタローン)みんな暗い過去とか苦悩する役ばっか(笑)苦しんだり、苦悩させたら天下一品。

絶対オススメ☆とは言えないけど、癒し系の映画ではあるかも。
ポップコーン食ってコーヒーでも飲んで、ゆっくりした気分で観てください(笑)

Imd5556r_2

| | コメント (2)

パイレーツ・オブ・カリビアン★デッドマンズチェスト観たぁぁぁ!

Deadmanschest6_1 ついに観ましたよぉぉぉ!デッドマンズチェストっっ!!

賛否両論な記事を色々目にしていたので、どんな感じなんだろーとほんのちょびっと☆だけ心配していましたが・・・

そんな心配、必要ありませんっ。

もうすんごい面白かったです。ただ、わたしの場合は続編が決定してから一日千秋の思いで待ち続けたので純粋にストーリー展開が良かったとか、客観的な見方ができていないのかもしれませんが、久しぶりに見たキャプテン=ジャック・スパロウは「元気そうだなぁ★」って感じでした(笑)

323917view003_4  相変わらずのラリラリぶりに劇場内に何度も笑い声が聞こえてきましたがあのくねくねした身のこなしにも磨きがかかったようです。
人気に後押しされて、自ら大好きなキャラを生き生きと自信を持って演じているジョニー・デップを見ていると、こんなコメディ満載の映画なのにちょっと涙が出てしまいました(恥)

それにしても1作目の主な登場人物がほとんど続投で出演。
これもなんだか意外ですよね。いつ出てくるのかなーと思っていたジャックのライバルだったあの人は、ほんとに最後の最後にやっとこさ出てきましたけど。

新しいキャラとして登場したミステリアス・・・というより、超不健康そうなティア・ダルマがなかなかわたし好みでした。なんか、ジャックの女版て感じ。

以前から思ってたんですが、オーランドってマイケル・J・フォックスに似てません?エリック・ストルツを見たときもそう感じたんですけど、3人とも似てるのかな??

とにかくアッという間の2時間半でした(なっ、長っ!でもそんなに長く感じない)

これを見てるとディズニーランドのカリブの海賊に行ってみたくなりますね。
あー、ここの風景そっくりだなぁ♪なんて思いながら見ると更に楽しいですよ。
アクションもCGも前作を上回って息つく暇なし!って感じです。

ジャック、どうなっちゃったの!?とか、あんまり思わないですが(笑)どういう感じで話がつながっていくのか興味津々。

また来年の5月までお預けかぁ。。。辛いです。^^;

Orlando_bloom15_1  ******************************

えっと。。。ここから追記です。

ネタバレは極力避けようと思った結果、あまりに内容に触れなすぎだったようで、面白くない記事なので手を加えちゃおっと☆

今回、ほんとに様々な意見があって(まあ見た人それぞれが違う感想があるわけですから当然ですが)あまりジャックの出番がないようなのでちょい心配していたんですよね。どんな雰囲気に変わっているんだろうと。。。
でも主役はジャックをメインにウィル、エリザベスというスタンスに変わりはないと、ホッとしました。

3人が3人とも、ものすごい存在感でバランスを取っているし3人ともものすごい熱演。しかも3人とも演技力がある。エリザベス役のキーラなんて、あれで21歳!?
ありえねー!って感じですよ。アクションだってすごいイイ感じだったし。
よく日本の女優さんで取ってつけたようなアクションや殺陣をやっているのを見かけますが、ちょい見習ったほうがいいです。

オーランド、とても貫禄がついて素敵になりましたね☆
出演者で最多のクラーケンとの遭遇回数(笑)毎回すごい熱演で頑張ってました!

でもその他の出演陣もとても素敵でしたよ。
島の原住民たちも熱演だし、キャストもスタッフもものすごい体力使ったでしょうね。
8月から3ヶ月くらい撮影が残ってるみたいですが、最後まで突っ走って頂きたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (66)

トリック劇場版2

404873704x01劇場版トリック2やっと見てきました。

感想は。。。微妙。。。^^;

前回の劇場版よりも簡単に作られてるような、自分が奇妙なものを見慣れてしまったような、よくわからないんですがちょっと物足りなさを感じました。

今回の劇場版よりも去年のSPの方がよっぽど凄かったと思うんですよね。
(なにが凄いって、あの名取裕子が「
いただきマンモス」ですからね。あのワケわかんない宇宙人の人形も良かったし(良かった!?)とにかく今回の劇場版はあのSPに負けてましたよ)

ネタバレになるので内容書くのは差し控えますが、片平なぎさの“あの手袋パロディ”は相当年がイッてないとわからないのでは!?←わかってる自分は一体。。。

今回は上田のキレ方がすさまじい。。。^^;
前回のSPで通信教育で学んだとか言ってた空手がちゃんと効果音と周囲の状況だけでなく、殺陣(?)として出てきたし。
あの空中でのブリッドタイムもどきは。。。^^;
最後だから気合入ってたのか!?

・・・にしても、山田ってビンボーだからいつもあの衣装なの?
毎回追い出されるとか色々苦難あるけど、いつもあのアパートにちゃんと戻ってるし。。
しかし今回は消えちゃったよね。

最後にしてあの山田の母が思惑通りの結果を得られなかったり、ちょこっとシュールな終わり方だけど、まあトリックらしいのでしょう。(無理矢理まとめる)

でもなんで「ブラジルと出口」なの!?
これはマジで知りたい。

日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象 Book 日本科学技術大学教授上田次郎のどんと来い、超常現象

販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本科学技術大学教授上田次郎のなぜベストを尽くさないのか Book 日本科学技術大学教授上田次郎のなぜベストを尽くさないのか

著者:上田 次郎
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (14)

Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタ、観てきました!
いやー、もうメッチャいいですよ!!

正直言って観に行くまでは、どんなもんなんだろーかなーと思ってたんですが
ラストでは説明しようのない感動がありました。

派手なアクションシーンはマトリックスほどありませんが
良くできたストーリーだと思います。
さすが、ウォシャウスキー兄弟☆
アイディアというか、感性が素晴らしいですよね。

***ここから、ちょっとネタバレ気味なのでお気をつけて***

ナタリー・ポートマン、とても良かったと思います。
お人形さん的な役ではなく、今までにない挑戦を本人もしたのではないかな?って感じですが。。。
しかし、ヒューゴ・ウィービング!ついに一度も顔を見せずに終わりました!!まさに声のみ!!
私はヒューゴの話す英語のアクセントが大好きなので、Vのセリフの多さも全然苦にはならなかったのですが、ヒューゴほどの役者で声だけってのは。。。。。まあ、そこがイイのかな?^^;

それにしても、まあ予想通りというか、観た人なら誰でも途中から予測できたラストではないかと思うのですが不思議と悲しくはありませんでした。
ある意味、ハッピーエンドだったのかもしれませんね。
Vの運命を思うと、あのまま生き長らえてイヴィーと共にいたとしても普通の人間としての生活はままならないでしょうし、死闘の後、一人であのまま死んで行くのではなく愛する女性の元まで戻って死ねた事が、
幸せな事だったのだろうと思えます。
なんともストイックというか、切ない運命ではありますが。。。

ここでふと思ったのですが、わたしってストイックな男性に弱いみたいです(今まで気づかなかったんかい^^;)
ストイックで自分の信念を貫き通す、ちょっと端から見たら変人キャラ。
そのあまりに孤独な生き方ゆえに、愛する女性と幸せになって欲しいと思いつつ、実際はそのストイックさを貫いて欲しいんですよ。。。ああ、矛盾してるけどそうなんだよ。(そうなのかよ)
実生活でも、まさにそうだもんなぁ。。ああ、そうだったのかぁ、自分。(すごい独り言)

・・・と、脱線しましたが^^;
色々な事を思わせてくれる、これまた素晴らしい映画でした☆わたしにとっては。

是非、ご覧になってください。Vフォー・ヴェンデッタ☆☆
(決して配給会社の回し者じゃありません^^;)

Desktop_redx_800_1 

| | コメント (5) | トラックバック (25)

イーオン・フラックス

「イーオン・フラックス」見てきました。

うーん。。。微妙でした。^^;

シャーリーズ・セロン、体重も絞ってトレーニングして頑張ってましたが・・・あれって、アクションといえば、アクションなのかな。
「マトリックス」のキャリー・アン・モスを見てから、どんな女優のアクションを見ても納得できるものがありません。。。てゆーか、未来を扱ってCGを駆使した映像で、俳優がアクションする映画って(しかもどれもワイヤーアクションだったりする)マトリックス以降、結構あるような気がするんですが、どれも満足できるものがありません。

結論。やっぱり「マトリックス」はすごい。

^^;  それじゃ感想にならんでしょー。
一緒に行った友人は面白いと言ってましたよ。
ちょっと話がわかりにくいんですよね。
上映時間、すごい短かったので飽きずに最後までいくんですけど逆に短すぎて「え?」て、感じがなくもないですが、間延びするよりはいいと思います。

「マイノリティ・リポート」的な感じもありますが、主人公の意外な話が明らかになるのも、メリハリに欠ける・・・っていうか、映像やストーリーがシャープなわりには歯切れの悪さが気になりました。

まあ、シャーリーズ・セロンはかわいいので、いっか。(おいおい^^;)

      Aeonflux_a_1024_1

| | コメント (0) | トラックバック (2)