« 曲げられない女☆第6回 | トップページ | 特上カバチ!!☆第6回 »

不毛地帯 第16回

Still0283 日本石油公社から離脱してサルベスタン鉱区の国際入札に参加する事を決意した壱岐。

しかしそんな壱岐と近畿商事をマスコミは容赦なく叩いてくる。アメリカのオリオンオイルとくんで国際入札に参加する近畿商事を、自社の利益のみを追求し、まったく国益を無視した行動だと新聞はこぞって書きまくった。

一方、テヘランに飛んでいた兵頭はイラン国王に影響を与える事のできる側近を割り出す為、奔走していた。しかしなかなかにガードが固く、その人物を特定するのに時間がかかっていた。

Still0285 その頃、京都に来ていた韓国・光星物産の李と会った壱岐は、イラン国王に影響を与えているのは主治医であろうという見解を伝えられる。早速、その情報を得た兵頭はその人物の割り出しにかかる。

黄紅子の協力で何とかその人物と会うチャンスを得た兵頭だったが・・・。

 

Still0287 石油開発に向けてガンガン話がドシリアスになってきましたね。
里井がようやく近畿商事を去っていきましたが、どうもここ何回か、壱岐の表情に気になるものがありますよね~。本当に社長をハメる気なのかしら・・・coldsweats01

それにしても兵頭の英語に妙に惹かれてしまったわたし(そこですか・・・)
決して流暢というわけじゃないけど、個性的でとっても素敵heart01(うふ)

Still0288 またまた紅子に助けてもらって重要な情報を得た壱岐たちは、このチャンスを活かせるのかどうか。

|

« 曲げられない女☆第6回 | トップページ | 特上カバチ!!☆第6回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/33436915

この記事へのトラックバック一覧です: 不毛地帯 第16回:

» 不毛地帯 第十六話 地獄からの招待状 [レベル999のマニアな講義]
『地獄からの招待状』内容イランのサルベスタン鉱区国際入札の日本石油公社グループを離脱した近畿商事。壹岐正(唐沢寿明)は、独立系のオリオン・オイルと組む決断をする。そして大門社長(原田芳雄)を促し、里井(岸部一徳)を出向させることに成功。政府の実力者であ...... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 23時00分

» 不毛地帯 #16 [昼寝の時間]
原作 … 山崎豊子『不毛地帯』. 公式サイト . 原作未読です。 . おお、今回 [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 23時12分

» 不毛地帯 第16回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『地獄からの招待状』 [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 00時19分

» 不毛地帯 第16話:地獄からの招待状 [あるがまま・・・]
壹岐モスクワへ…o(;-_-;)oドキドキ♪ 現地では監視がつくらしいし、直子は危険だと言って心配してるし、 鮫島には絶対に悟られないようにしなきゃいけないし、何よりドクターに会えたからと言って 石油開発がスムーズにいくとも限らないしで、色んな意味でドキドキハラハラですわぁ{/hiyo_shock2/} あと、未だに壹岐がソ連のスパイじゃないかって疑いもあるので、とにかく極秘に事を進めなきゃ{/ase/} 兵頭がこんなに頑張ってるんだから、何とか上手くいきますよーに{/ee_3/} 紅子の協... [続きを読む]

受信: 2010年2月22日 (月) 20時35分

« 曲げられない女☆第6回 | トップページ | 特上カバチ!!☆第6回 »