« LIAR GAME season2 ☆第1回 | トップページ | 不毛地帯 第6回 »

JIN-仁- 第6回

Still0037 ペニシリンの製造により、仁は江戸で大評判の医者になっていた。

そしてそんな仁に医学館から呼び出しがくる。
西洋医学所の緒方、松本が医学館の方から仁のもとに出向くのが筋だと、使いの者に強い口調で反発するのを見て戸惑う仁。その険悪なムードを回避しようと、自分から医学館に行く事を申し出る。

Still0038 Still0039 しかし、素性の知れない仁が医学所に出入している事に対して、医学館の多紀は厳しく言及する。仁が記憶喪失である事を訴える恭太郎だったが、かえって不信感を買ってしまい、その場は騒然となる。

ところがその時、多紀の使いとして医学所に出向いた福田が、そのいたたまれない状況に追い込まれたのか胃痛を訴えて倒れこむ。その深刻な症状から胃潰瘍穿孔を疑った仁はその場で手術をしたい旨を多紀に申し出る。

Still0040 Still0042 仁の手術の様子を見ていた多紀はショックを受け、このままでは自分達の医療は衰退し、やがては排除されてしまうだろうと悟る。

そしてそんな時、医学所に大変な事件が持ち上がる。佐分利が長屋で起きた女郎殺しの疑いをかけられたのだった。しかし事実は、薬代の払えぬ女郎を診療し続けてきた佐分利に、女郎が自分の死後に腑分け(解剖)をする事で薬代と引き換えにする事を了承し、その遺書を佐分利に託していた、というものだった。

Still0043 その場が丸く収まりかけていたところに、緒方たちの存在を快く思わない伊東からこの事に対する責任を問われ、医学所から辞する事を決意する緒方。
自分の存在が緒方や佐分利の運命を変えてしまったのだ・・・・。考え込んだ仁は、自分が医学所から去ることで全てのケリをつけたいと申し出る。

Still0046 しかしそんな仁の態度に龍馬のやるせない気持ちが爆発してしまう。「先生には欲がない。まるで仏か、死人のようだ」と。。。そして、望まれれば命まで差し出してしまうのではないかと心配でたまらないと。
龍馬の言葉に、自分がこの時代に執着がない事を悟る仁。この時代で起きている事は妙に生々しいのだが、どこかリアリティに欠けている。夢の中の出来事のようだと。。。

しかし問題はそれで解決したわけではなかった。
鈴屋の客の中で仁の暗殺を企てているらしい者がいた事を聞きつけた野風は咲にその旨を手紙で知らせる。恭太郎の護衛を断った仁が一人で外出した事を聞いた咲は、家を飛び出した。

 

Still0044 Still0045 いつの時代も出る杭は打たれるのね~・・・・
確かにあの時代に仁の医術を見たら、参考になるどころか、恐ろしいものに見えても仕方ないだろうけど、少しでもその知識を自分も身につけたいとか思わないのかね。。。緒方先生のようになってしまうのが(弟子を押しのけて質問しちゃうところとか)普通じゃないかと思うんだけどね。。。

Still0047 ところで、ラストに出てきた10円玉が「平成二十二年」のものだったわけだけど、未来でも時計の針が進んでるってわけだよね。いまだにホルマリンくんは行方不明

原作はまだまだ続いてるようだし、このドラマのラストはドラマオリジナルのものになるんでしょうね。でもなんとなーーーーく、予想ができてきたかな~・・・って気がしてきました。

でもなぁ、早いものでもう今回6回目でしょお?
Still0049 Still0050 もう折り返し地点過ぎちゃったよぉ~。嫌だなぁ、1クールで終わりだなんてぇぇぇぇ。

  

逢いたくていま 逢いたくていま

アーティスト:MISIA
販売元:BMG JAPAN Inc.
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TBS系 日曜劇場「JIN-仁-」オリジナル・サウンドトラック TBS系 日曜劇場「JIN-仁-」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:長岡成貢 高見優
販売元:HARBOR RECORDS
発売日:2009/12/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« LIAR GAME season2 ☆第1回 | トップページ | 不毛地帯 第6回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2009年」カテゴリの記事

コメント

>でもなんとなーーーーく、予想ができてきたかな~・・・って気がしてきました。

せるふぉんさん、すげ~。。。
私は10円玉のせいで、ますます混乱。。。

毎週ウルウルしているだけで何も考えてないのね~。
あたしも少しは考えよう^^;

投稿: くう | 2009年11月16日 (月) 00時01分

くうさん

>あたしも少しは考えよう

爆!!!
いや、いいんじゃない?そんな事考えなくても。

今回も緒方先生に泣かされたわぁぁ~。
死んじゃダメよぉぉぉぉぉぉ!!

でもね、このまま歴史が変わってしまえば
仁のタイムスリップ自体もさ・・・・
この辺でやめとくか(笑)

投稿: せるふぉん | 2009年11月16日 (月) 00時10分

>未来でも時計の針が進んでるってわけだよね。
あの十円玉はそうゆう事なんですね~!
ホルマリンくんの事や、階段でもみ合った人物の
謎もまだわかんないのに、どんどん謎が増えてく~!

現代の世界での仁がどうなってるのかも疑問でしたが
未来の隣のベッドで、同じように寝かされてる仁の
描写があったけど、あれは妄想ではなく、現実って
事でいいのかな?

と、毎回メインのストーリーだけで満足しちゃって
謎の部分はスルーです。てか、想像が追いつかない(笑)

投稿: まこ | 2009年11月16日 (月) 19時40分

まこさん

やはりあの階段でもみ合ってた人は
龍馬みたいですね~~(実はしつこく再生した 爆)

わたしはてっきり江戸時代からやってきた
仁自身だと思ってたんだけど。

しかしね・・・解せないのは
あの包帯だらけくんは、薬品棚を荒らしてるんだよね。
要するに薬品の知識がなければ、あんな開胸セットだか
開頭セットみたいなものは持ち出さないハズ。

なのでわたしは仁だと思ってたんですけど。

でも、このままいけば龍馬は暗殺されるわけよね。
龍馬がいなくなって仁が江戸時代に行った・・・って
事になれば人数的な帳尻が合うんだよなぁ~。
なんの帳尻なんだよ・・・って事になるわけだけど
まあその辺は頭の中に留めておきましょう(笑)

メインのストーリーだけでも十分楽しいから
謎解きの最終回はずっと来なくてもいいし!(無茶言うな・・・)

投稿: せるふぉん | 2009年11月17日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/32228858

この記事へのトラックバック一覧です: JIN-仁- 第6回:

» 【JIN-仁-】第6話 [見取り八段・実0段]
ここにいる俺は俺じゃないみたいだ。ここで起こる事は、どんな生々しい事でも何故かリアルには感じられない。もしかして、俺はもう、夢の中にいるんじゃないだろうか。永遠に醒める事はない・・・もし、斬られれば、この血は流れるんだろうか。仁の評判は瞬く間に江戸中に...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 23時53分

» JIN−仁− 第6話 仁の決断 [レベル999のマニアな講義]
『生きてこそ…』内容ペニシリンを作り出してしまった仁(大沢たかお)その行いにより仁の評判は高まっていく。。。そんななか西洋医学所を敵視する“本道”医学館の奥医師・福田玄孝(佐藤二朗)が訪ねてくる。奥医師の多紀元えん(相島一之)が、仁に来いと言っていると...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 23時59分

» JIN-仁- 第6話:生きてこそ… [あるがまま・・・]
危機一髪!__( -"-)__セーフ! 万事休す・・・仁先生、刺されちゃうのかと思ったでありんす{/face2_shock_s/} 咲のおかげで事無きを得、お礼を言う仁先生ですが、咲ったら正直に野風から ピンチを知らせる手紙を受け取った事を言っちゃってるよぉ〜{/ase/} 野風と咲、二人に助けられちゃったね{/hearts_pink/} この事があって、初めてこの世界でリアルを感じた仁先生。死への恐怖で震える仁の手を 握り、死んでも平気なんて二度と・・・と自らも手をぶるぶる震わせながら言った咲を... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時03分

» ドラマ「JIN−仁−」第6話 本当に刺客がやってくる江戸時代 [今日も何かあたらしいこと]
ドラマ「JIN−仁−」第6話、とりあえず桐谷健太さんの仕業は、殺人などではなく、本人が承諾した上の腑分け、つまりは献体による解剖とわかってよかった!この桐谷健太さん、「流星の絆」で戸田恵梨香さんのおでこにポストイットを貼り付けた彼ですね。しかし、タイム...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時05分

» ドラマ JIN-仁- 第6話 感想 [本家らう゛ろくた逃避中]
第6話 南方大明神て、あらあら先生あっと言う間にえらい時の人になってしまいましたね(笑) 医学館の奥医師、多紀の元へ向かう南方先生の護衛に付けられた竜馬と恭太郎さんですけど…護衛が必要とは、西洋医学所との関係の悪さが窺い知れます。でも握りっ屁とかして遊んでま..... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時07分

» JIN-仁- 6話 [アンナdiary]
あぁ。。。今回も咲さんの健気な姿にホロリ。 そして花魁だというだけで、南方先生の元へ向かえない野風の女心にも ホロリ。そして南方先生を心配する坂本龍馬がいいね。 [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時15分

» ドラマ「JIN-仁-」第6話「生きてこそ・・・」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
医学界の派閥---------------!?西洋医学所と医学館の対立。やっぱどの時代にもこういうのはあるんだ。一応もともと合った医学館の奥医師は権力が強いようで、今話題の仁に会いたいと言い出したようですが、逢いたいならそちらから来るべきだともめてしまう。そこで穏便...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 00時23分

» JIN-仁- 第6話 [MAGI☆の日記]
JIN-仁-の第6話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)西洋医学所の仁のもとに、医学館から福田玄孝という客が訪ねてくる。古くからこの国の医療の中心であった漢方治療の総本山である医学館は、異国の医術を持ち込んだ西洋医学所を快く思っていなかった。玄孝は同館の...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 05時41分

» 「JIN-仁-」第6話 [日々“是”精進!]
   第六話仁の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。仁は噂を耳にした医学館の奥医師、多紀から対面を申し込まれる。多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬や恭太郎も、一緒になって仁の素性をはぐらかそうとするが、医学館の仁...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 06時21分

» 「仁-JIN- 第6回」 [DolceVita]
「仁-JIN- 第6回 生きてこそ・・・」仁(大沢たかお)の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。仁はうわさを耳にした医学館の奥医師、多紀(相島一之)から対面を申し込まれる。多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬(内野...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 06時37分

» JIN-仁- 第6話 [paseri部屋]
「JIN-仁-」(第6話)を観ました。出演:大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか江戸では、神がかり的な仁(大沢たかお)の医術が大きな話題になっていた。ついには本道である、医学館の奥医師の目にもかかり、医学館と対面することになった仁。その医術は江戸時代を大きく動かそう...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 07時30分

» JIN-仁- 生きてこそ… [のほほん便り]
ついに、ペニシリンまで作り出してしまった仁(大沢たかお)の名声はますます高まり、様々な方面に波紋を呼びます 庶民の間でお札になるわ、ついに、この時代の医学界の流派の対立をも巻き起こしてしまうほど 本道である、医学館の奥医師の目にもかかり、医学館と対面 そんな中、福田玄孝(佐藤二朗)が突然腹痛を訴え、胃潰瘍穿孔の可能性が強いと判断した仁は、急遽医学館にて手術を行うことになります。緊張の現場の中、手術は無事、成功。 また、佐分利(桐谷健太)の刀な残されてた切り刻み事件は、腑分け(... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 08時22分

» 【JIN-仁-】第6話感想と視聴率 [ショコラの日記帳]
【第6話の視聴率は11/16(月)PMに追加します】咲「羨ましくて・・・顔が」今回、そのセリフが一番印象に残りました♪咲は、仁の恋人が野風に似ていることを知っているので、恋人に瓜二つなことが羨ましいんでしょうね。仁を好きだから♪野風も仁を好き♪今回、テーマ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 10時33分

» JIN-仁- 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
神懸かりな医術が江戸で評判になった仁(大沢たかお)は、彼に不審を抱く 医学館の奥医師・多紀(相島一之)から呼び出しを受ける。 坂本龍馬(内野聖陽)と恭太郎(小出恵介)を連れて医学館を訪ねた仁は、 素性について問いただされる。 そんな中、同席していた医学館の福田... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 15時43分

» 『JIN-仁-』 第6話 [美容師は見た…]
仁の噂は、漢方治療の総本山・医学館の多紀元琰(相島一之)の元にも届き、医学館に呼ばれた仁は出向くことになりました。良い人役が多かった相島さんですが、最近は憎たらしい役が多いですね~。逆に悪役を多く演じて来た俳優さんに善人を演らせたら、それ以上の持ち味を見... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 15時52分

» JIN-仁- 第6回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『生きてこそ…』 [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 19時17分

» JIN-仁- 第6話「生きてこそ・・・」 [shaberiba]
キタ――(゚∀゚)――!! 佐分利(まじめな?桐谷君)の活躍〜 でも・・。なんだか喜んでる場合じゃなかった・・。 彼の探究心は 彼と... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 20時05分

» JIN-仁- 第6話 [ぷち丸くんの日常日記]
神懸かりな医術が江戸で評判になった仁(大沢たかお)は、彼に不審を抱く 医学館の奥医師・多紀(相島一之)から呼び出しを受ける。 坂本龍馬(内野聖陽)と恭太郎(小出恵介)を連れて医学館を訪ねた仁は、 素性について問いただされる。 そんな中、同席していた医学館の福田... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 23時04分

» JIN -仁-#6 [NelsonTouchBlog]
#6 「いや~たいしたもんだ。先生よ、何か困ったことがあったら言ってくれ。おいら、力になるからよ!」勝林太郎が叫ぶ。勝は坂本龍馬や橘恭太郎を伴って西洋医学所に訪れていた。ペニシリンを製造している様子を見学し、勝は感嘆、うれしそうに南方仁にそう言っていた。龍馬もなんともいえない表情で仁の手を握った。「どういたらこんなの作りだせるがじゃ?先生は・・。」いつのまにか自分の手のひらと仁の手のひらを合わせている。。「・・運がよかっただけですよ。」苦笑いでそう答える仁。まさか、未来から来ているとは言...... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 23時59分

» JIN-仁- 第6話 「生きてこそ…」 [青いblog]
あらすじ 幕末は、一人の脳外科医に委ねられた…。タイムスリップした脳外科医・仁が動乱の幕末を駆け巡る、超歴史スペクタクル&SFヒューマンエンタ [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時10分

» JIN-仁-第6話(11.15) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
その活躍から、江戸の町ですっかり有名となり、 南方大明神と呼ばれるようになっていた南方仁@大沢たかお しかし、仁は、幕末の世界にリアルさを感じられず、 生きている実感を感じられない状態だった。 坂本龍馬@内野聖陽から 「先生には、欲っちゅうものがまったく見えんぜよ。」 「欲は生きる源じゃ。 じゃが、先生のやってることは、まるで仏じゃ。 もし、人であるならば、死人じゃ。」と指摘されたことから、 「俺は本当に死んでるのかもしれないな・・・」という思いを強くする仁。 だが、刺客の襲撃に... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 02時56分

» 「JIN-仁-」第6話 [日々“是”精進!]
   第六話仁の神懸かり的な医術は江戸の町で大評判となる。仁は噂を耳にした医学館の奥医師、多紀から対面を申し込まれる。多紀と対面した仁は、素性について問いただされる。護衛についてきた龍馬や恭太郎も、一緒になって仁の素性をはぐらかそうとするが、医学館の仁...... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 06時02分

» 《JIN-仁ー》★06 [まぁ、お茶でも]
「十八番、薬効あり」 歴史上、まだこの世に存在するはずの無い、ペニシリン。 でもこれは本当に許される行為だったのだろうか? [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 08時31分

» JIN -仁- 第6話 欲は生きる源じゃ! [平成エンタメ研究所]
★龍馬(内野聖陽)が無私の仁(大沢たかお)に言った言葉。  「国のため他人のためときれいごとを言うが、実は人は欲でがんじがらめじゃ。みんな、金のため名前のために生きている。わしだってそうじゃ。生まれてきたからには何かをやりたいと思うからがんばっている。欲は生きる源じゃ。先生のやっていることは仏、死人のやっていることじゃ」  <欲は生きる源>  欲望を持つのが生きている人間なんですね。  欲を否定して無私に生きろなんてきれいごとは言わない。  国のため他人のためなんて言っている人間の裏には欲がある。... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 12時01分

» 銀魂&仁 [別館ヒガシ日記]
は上位陣が集まるも潰し合う序章の展開だが 今回は冒頭から北斗の拳パクリ最高だったけども OPが書いた様な絵と流石の遊び過ぎ思うが が&がはオカシ過ぎて面白く が殴ってる所は血と... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 20時52分

« LIAR GAME season2 ☆第1回 | トップページ | 不毛地帯 第6回 »