« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

蛮幽鬼 東京千秋楽

劇団☆新感線「蛮幽鬼」東京千秋楽に行ってきました。

今回は2週間前の観劇に続いて2回のみの観劇でしたが・・・・
考えてみると、新感線の楽って初めてなんですよね。

なので千秋楽の煎餅を始めてもらいました。

003_convert_20091027210601

実は、殿(上川氏)の舞台の記事って、ここではほとんど・・・いや、まったく書かないんですが・・・・coldsweats01
なんで書かないって、なんだか照れちゃって書けないんですよね(はははは)

前回見た以上に、今回は何だかストーリー全体がずっしりと響いてきた・・・っていうか、もう一回見たかったなぁ・・・・と思いましたです、はい。

最初観た時には、新感線お得意の路線だなぁ~・・・なんて結構冷静に観ていたんですけどね、今日は楽って事もあるのか、出演者の方々の熱意というか演技の温度が高いと言いますか、また新鮮な気持ちで見られました。

今回の殿は実はわたし的にはかなりジャストミートな役柄でした。
もう典型的な悲劇のヒーローというか、影を背負ったカッコイイ男というか、ビジュアル的にもすっごいイケてました(うふheart01

土門を観ていると、萩尾先生の「銀の三角」のディディンを思い出すんですよね。
あの白い長髪とマントが美しい。
中島&いのうえ両氏ぐっじょぶgood

煎餅の為に命をかけないでください。という2階席・3階席の方への注意事項が笑えました。(身を乗り出して転落しないように・・・という意)

これでいよいよ大阪ですね。皆さんお疲れ様です。

Banyuki

| | コメント (5) | トラックバック (0)

JIN-仁- 第3回

Still0010 コロリ治療を始めた仁。
緒方から託された山田や喜市の看病を献身的に続ける。

仁からの依頼で点滴の道具を作るよう手配した緒方が、ガラス管やゴム管・針などを持って仁を訪ねてくる。これでコロリ患者の多くを助けられる・・・!そう喜んだのも束の間、今度は仁がコロリに感染してしまう。

Still0015 Still0017 仁を心配するあまり駆け寄る龍馬や、恭太郎に、自分の事よりもコロリ治療の事を多くの人に広めて欲しいと懇願する仁。その姿に打たれた二人は仁を置いてコロリ感染を防ぐ為の方法を伝える為、走り去った。

残った咲は仁の看病を始める。仁の指示で点滴も用意するが、仁の症状はかなり重い。すると突然仁の容体が急変。仁は現代の病院に戻った錯覚に陥り危篤状態に。

Still0019 Still0020 タエから仁の急変を知らされた緒方は診療所に駆けつけるが、仁は意識不明の危篤状態。咲は仁から教わった大腿部にある静脈に点滴を打ち、仁の生還を祈り続ける。

仁は命を取り留め、江戸にも平和が戻ってきたある日、とんでもない事件が。。。

 

Still0021Still0022やっぱりな~って感じのタエさんでした。
なんか辻斬りにでも遭うんじゃ・・・・と言ってたら本当にそうなっちゃったーーー!
色んな意味で理不尽な事が多いだろうね、仁にとって。医学の事だけじゃなくて、犯罪に関してもそうだし。この時代、侍が人を斬ったって罪に問われない事の方が多かったんだろうしね。

しかしなぁ~~、エンディングのMisiaの歌と大沢たかおの顔がダブるだけで泣けてくるのよ、このドラマ!もう反則だよ!!なにこれ、このドラマ、あまりにも感動的すぎるんだよ!
すごい連ドラが登場しちゃったよね~。

Still0025 Still0026 原作のコミックがおそらく、とても素晴らしい内容なんだろうけど、脚本的にすごくうまくまとめられてると思う。今回第3回目にして、ここまで話が進んじゃってるし、仁の周囲からの信頼もかなりすごい事になってるし、話のテンポはかなり駆け足状態なんだろうけど、原作未見の者にとっては全く違和感を感じない。劇場版にしても遜色ない出来だよね。

登場人物もすごく魅力的だし、咲はとっても良い子でうちの嫁にもらいたいくらいだわhappy02
その咲の持つ心の広さ・・・というか、大らかさに、未来から来た事を打ち明ける仁。自分の無力さを感じて涙するシーンは本当にグッとくるものがありました。

わたし的には毎週2時間SPでお願いしたい感じ(爆)

Still0027それにしても最後には戻るのか、戻れないのか、戻らないのか!?そこんとこも、すっごく気になる~~!

  

  

逢いたくていま 逢いたくていま

アーティスト:MISIA
販売元:BMG JAPAN Inc.
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス) JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

著者:酒井 シヅ,富田 泰彦,大庭 邦彦,村上 もとか
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (24)

ギネ 産婦人科の女たち 第2回

第1回から見てたんですけど・・・・なんか感想を書きそびれてました。

皆さんも同じような感想を持ってるのではないかと思いますが
かなり微妙ですよねcoldsweats01

わたしがこのドラマを見たのは、何を隠そう

橋之助さまが出ているから!

わたしが演技に惚れた・・・ただ一人の役者さんでございます。

しかし・・・見れば見るほど、なんでこんなドラマに出ちゃったの~!?

藤原紀香演じるヒロイン(?)は、本当に微妙。
上地が演じる新人くんの方がよっぽど人間がデキているような気がします。

あそこまで口をきかないというのは既に異常な域に達していると思うし、今回の女子高生の子宮全摘問題に関しては感想と言うより何も言えないです。。。
これってヘタすりゃ、立派な医療問題に発展しちゃうんじゃない!?
わたしがこの高校生の親だったら、無理して患者を受け入れした事や血液の事について隠蔽しているなんて知ったら絶対訴えるもん。

辛い現実から逃げる為に医者を告訴したり、騒ぎ立てるのは確かに医療行為への妨害になってしまうかもしれないけど、これは違うでしょ~!

大体、Rh-B型の血液が少ないのに受け入れ患者とカブッてしまったとか、予定時間にオペ開始できなかった為に女子高生が急変したとか・・・ずさん過ぎる。
ヘタすりゃこれって二人とも死んでたかもしれないよね?

最近、この手の事を描くドラマが増えてきているような気がするけど、これはちょっとやりすぎじゃないかと思う。この柊という女医の気持ちが第一で、彼女が納得できたからこの女子高生は多少の犠牲を受けても仕方がない・・・・って事ですよね。

なんか結構風当たり強いんじゃないかな~、このドラマsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (6)

JIN-仁- 第2回

Still0003 本来なら薬も手術さえ存在しないこの時代に、助からないはずの人を助けてしまう事は、実はかなり危険な事なのではないのか・・・と気づいてしまった仁。

要するにそれは歴史を変えてしまうという行為に他ならないからだ。

そして江戸に再び「コロリ」が流行りだす。
画期的な医療技術を持つ仁にコロリの治療法を伝授してもらおうと、緒方洪庵が橘家を訪れる。緒方たちに対処法を教える事で歴史が変わってしまう事を恐れる仁はコロリを知らない、とシラを切り通した。

Still0004 しかし仁が命を救ったタエの息子、喜市までが感染してしまう。
その場を立ち去ろうとする仁に、医者が苦しんでいる人を救えないとはどんな理由なのだと問い詰める咲。咲の熱意に動かされた仁は、コロリとはコレラ菌に感染して脱水症状を起こし、死に至る伝染病だと打ち明ける。

コレラに対処するには消毒や、患者に接触したものの衣服を処分する事、患者の隔離などが必要だった。長屋の一部を隔離し、病室代わりにする仁。

一方、長屋から遠ざかっているよう仁に言われた咲は、母親の制止を振り切り、仁の為に家を飛び出してしまう。咲が訪ねたのは緒方だった。

その頃、勝の暗殺を図った龍馬は仲間がコロリに倒れ、暗殺を断念(?)仁のいる長屋を目指す。

 

Still0010 Still0012 またまたコレラが流行ってしまいましたね~。
今なら薬で治ってしまうような病気もこの時代じゃー死の病だもんね。

緒方の謙虚さには脱帽ですが(笑)どこでその知識を学んだのか・・・と聞かれても困っちゃうよね~。日本国内で学んだものの、時代が違うなんてね。

それにしてもちょっと不明なのは、妙に龍馬のドアップやら目立つショットが多いのは何故!?うっちーが熱演しているのはいいけど、何だか違和感を感じてしまうわ。あまり一つのキャラが強烈に出すぎてしまうのも、せっかくの他の俳優さん達のイイ感じなバランスが、そこでガタガタッと崩れてしまってるような気がする。そういう演出なんだろうから、うっちーのせいじゃないんだけどねgawk

Still0011 しかし来週、とうとう仁が感染してしまうような!?

  

  

 

逢いたくていま 逢いたくていま

アーティスト:MISIA
販売元:BMG JAPAN Inc.
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (21)

不毛地帯 第1回

唐沢寿明主演「不毛地帯」が、いよいよスタート。

実は近畿商事に入社以前の部分は見てませんでした(笑)
いや、正直言ってずっと見るのを迷ってました。

実は原作者の方がとても苦手なんです(すみません)

あまりにも救いのない終わりばかりが多くて、何だか見るのをためらっていたというか。
長い時間を費やして視聴した挙句、救いのないラストは見たくないですし。

この方の小説自体、あまり読まないので実はこのドラマもどんな結末になるのか全くわかりません。が、結局見てしまいました。なのでおそらく・・・いや絶対最後まで見るでしょう(笑)

大本営の参謀まで務めていた人間がシベリアの抑留地帯に送られ、11年もの間拘束された後、釈放され色々な事を経て商社に入社する・・・というお話ですが、実際こういう経歴の方っていらっしゃるのかしら??モデルとなった方がいるのかもね・・・。

ストーリー的にはケチのつけようがないほど硬派な作りで、第1話は2時間18分SPでありながら前半部分はかなりの駆け足的な展開だったようですが・・・。
まあ、はしょり過ぎ感はありながらも、スキのない展開で、ある意味安心してみていられますが。

それにしても唐沢くん・・・・(笑←何故笑う)
こんなにも誠実で硬派な役柄を演じるとは思えないほどの壊れたキャラの持ち主。
そのギャップにかえって苦笑してしまうほどですが、まあ全く文句はないです。ドラマ自体の作りにはケチのつけようがないっす、はい。

40代半ばを過ぎて商社で第2の人生をスタートさせる事になった壱岐の今後を見守っていきたいと思います。

希望の持てるラストにして欲しいわぁ。

不毛地帯(第1巻) 不毛地帯(第1巻)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (17)

JIN-仁- 第1回

Still0118 大沢たかお主演、「JIN-仁-」が、2時間SPでスタートしました。

南方仁は恋人を植物状態にしてしまった事に傷つき、難しい手術をしなくなってしまった脳外科医。ある日、身元不明の男性が運ばれてくる。
緊急手術を仁が執刀する事になるが、開頭してから患者の脳に胎児の形をした腫瘍がある事に気づく。その患者は一命を取りとめ、その変わった腫瘍はホルマリン漬けにされ、論文の材料となるはずだった。

Still0121 しかし、突然その患者がベッドから抜け出し、胎児の腫瘍を持ち出したまま姿を消す。非常階段でうずくまっている患者にベッドに戻るよう説得する仁だったが、その男の手から落ちた胎児形の腫瘍をつかもうとして階段の上から転落。

草むらで目覚めた仁は、いきなり斬り合いを始める男達に遭遇する。

 

Still0122 なんかすごい気合の入ったドラマがスタートしましたよね~

大沢たかお主演だし、ドラマの設定なども興味あったので楽しみにしていましたが、期待を裏切らない面白さでした。

しっかし、すっごいキャストだよね、これ。
龍馬とか勝さんとか、緒方先生とか登場人物も豪華だし(笑)
セットなんかも考えると、これって普通だと映画でやろうって感じの作品なんじゃないのかしらぁ。あえてドラマでやっちゃうところがスゴイかもね。最近ドラマの元気がないから是非頑張って欲しいっす。

Still0126 Still0123 それにしても外科医が江戸時代に飛んじゃうって・・・。面白い設定だよね。これも人気コミックのドラマ化だけど、漫画家ってやっぱりすごいわぁぁぁぁ。

原作はまだ完結してないのかな?
ドラマの最終回では一応、現代に戻るのかな・・・・とも思うけど、あの患者が龍馬だとすると、わかっててあえて平成の世の中に来たのかなって気もするし、まあこの辺はネタバレに気をつけつつ、最終回まで毎週楽しみにしていきたいと思いますです、はい。

Still0128 Still0127

 

 

 

 

 

JIN-仁-   1  /村上 もとか [本] JIN-仁-   1 /村上 もとか [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
 MISIA/逢いたくていま MISIA/逢いたくていま
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (23)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »