« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

任侠ヘルパー☆第3回

Still0068 老人虐待の疑いがある家を訪ねた彦一とりこ。

自分の組がまとまっていない事もあり、幹部昇進をあせるりこは虐待を受けていると思われる老人節子の元を毎日訪問する。手柄を立てたいなら下手を打つなと彦一に言われムキになるりこ。どうしても節子を放っておくことができなかったのだ。

節子と同居している孫の高志は雀荘に日参しており、どう考えても節子の介護にかかりきりのようには見えない。

そしてりこの組のシマを荒らしていた素人の売人が高志である事がわかり。。。

 

Still0058 うーん、ツヨポンかっこいいよね(笑)

こういうキャラって初めてなんじゃない?今まで失礼ながらツヨポンの事、一度もカッコイイとは思った事がなかったんだけど、これはカッコイイね!←ええ、褒めてます。(韓国語を習得したり、とっても努力家なんだな~とは思ってましたよ。チョナンカンis great!)

今回のお話は救われなかったけど、事実介護が抱える問題ってそう簡単に解決できるもんじゃないもんね。

泣き言を言うりこに明日も早いぞ、とだけ答える彦一(かっちょい~)

ツヨポンといえば、「BALLAD」がもうじき公開ですね~。
まさかあの、クレヨンしんちゃんの井尻又兵衛が実写化するなんて超オドロキ!
あのアニメ版を見た時、これって子供向きじゃないだろー。子供に理解できんのかな・・・と思ってたんだけど、すごいところに目をつける人がいるもんだね!(笑)

Still0070 しかしわたしは見ないわ~。理由は・・・・ネタバレになるから言わない!(思わせぶりぶり)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

アマルフィ 女神の報酬

004 今日はレディースデイだったので最寄のワーナーで「アマルフィ」を見てきました~

ではでは~・・・

  

これより先の記事にはネタバレが含まれています。鑑賞予定のある方、くれぐれもお気をつけ下さい。

予想通り、面白かったです。わたし的には。

一言で言うと・・・

織田裕二がカッコイイ

これに尽きるでしょうか・・・(お・・・おいおい)

いつも通り、原作読んでません。たぶん今後も読まないとは思いますが、これ原作読んだ人はどうなんだろ?(てか、これオリジナルらしいね)
黒田と矢上紗江子の関わりとか心の動きとかは十分わかったんだけど、外務省の同僚たちが、ものすごい豪華キャストだったにも関わらず、あまり黒田との絡みがなかったね。。まあ、2時間強の中におさめなきゃいけないわけだから仕方ないとは思うんだけど。

003 展開がスピーディで見ていて飽きないし、ロケーションと登場人物が違和感なかったし、娯楽作品としては文句ないっす。確かに突っ込みどころも、あるっちゃあるけど(笑)

いつものクールで機敏なイメージとは全く正反対のキャラを天海祐希が好演。謎がいっぱいでいつも仏頂面の黒田を織田裕二も好演。戸田恵梨香ちゃんも頑張ってたし。安達って結局すごいデキる子だよね。あの黒田の要求を次々とクリアしていったんだから素晴らしいわっshine

福山雅治がどんな感じで登場するのかと思ってたら、うまくストーリーの中に馴染んでたし、おいしい役だったと思います。脚本と演出がベタだけどわかりやすい。これ、真保さんが書いたのかしら??クレジットに出てこなかった気がするんだけど。。。

001 気の強い紗江子がホテルのテラスで嗚咽をもらしてしまい、こらえながらも黒田にすがって泣いてしまうところが、ベタベタな演出なのにお二人とも見事でしたわ~。子供が誘拐された・・・って事もあるけど、何かもらい泣きしちゃったよ(笑)ここで気づいたけど美男美女だったね~、このお二人。織田裕二がいつにも増してスレンダーで、細身で長身の天海祐希と良いバランスでした。
なんかどうもイメージ的に、天海祐希の方がずっとお姉さんに感じてしまうんだけど、織田裕二と同い年だよね。織田裕二、若いわ~shine ほんっとに変わらないね、この人。主役ばっかりだし、デビュー以来トップを走ってる彼だからカッコいい役ばっかりだけど、これだけスキのないキャラも初めてだったかもね。
この黒田の表情が、今の彼の実年齢にうまく噛み合ってて若い頃にはなかった渋さとか重さが出てたと思う。織田ファンは必見でしょうなgood

お話の展開は知らない方が楽しめるけど、犯人は登場した瞬間にわかりますね(笑)だって何でこの人がこんな役で出てくるの?って思えばね・・・・coldsweats01 無名の俳優さんだったら意表をついてわかんないと思うけど(無茶言うな・・・笑)

005 それにしても素性がよくわかんない黒田は、赴任して数日で今度は南米に赴任!?確か、ドコモ動画でやってる「アマルフィ ビギンズ」ってローマにくる24時間前の話なんでしょ!?どれだけ事件続きなの、この人・・・・(爆)

黒田の上司の片岡は声のみの出演でしたね(ちなみに中井貴一)
なんかシリーズ化を織田裕二が望んでるとか何とか聞いたんですけど、続編があるんでしたら是非片岡さんもチラッと出演して欲しいっす(なんでチラッとなの・・・)

賛否両論な気がするけど、わたしはかなり楽しめました。
続編もあるなら見たいですね。

アマルフィ アマルフィ

著者:真保 裕一
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キネマ旬報 2009年 7/15号 [雑誌] キネマ旬報 2009年 7/15号 [雑誌]

販売元:キネマ旬報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~ アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~

アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (10) | トラックバック (37)

官僚たちの夏 第3回

すっかりうっかりしている間にどんどん夏ドラがスタートしてますですね~。

どうも進藤先生が遅れちゃってるからイマイチやる気が出ないんですけど。

国民車構想の話題から始まったこのドラマですが、いいですね~、この昭和でジャパンな感じが~!(笑)

今回は繊維問題がとうとう避けられない大事になってしまい、アメリカに自主規制を迫られた日本は苦渋の決断をする事に。
風越からせめて3年の猶予をくれと頼まれていた池内と玉木だったが、アメリカの強硬な姿勢から猶予はまったくないと判断。自主規制を決定した次月からすぐにでも自主規制を始めるという。このままでは国内の繊維業者が数え切れないほど倒産する事になる。
風越とはライバル関係とはいえ、この決断は玉木にとっても辛いものだった。

うちの会社の連中に見てもらいたいっす~。特に男性陣に。
現実面を見れば、鮎川たちが言ってる事が甘く感じられるけど、実際誰よりも繊維業界の人たちの事を考えてる人間が、その人たちから責められるわけよね。
まさに闘ってるよね~、国のために。

今の政治家の方たちって、こういう話をどう考えるんだろーか。そんなに大昔の話でも何でもない、戦後の話なわけだけど。

何もない時代って、どんな分野でもやり始めればパイオニアになれるわけだけど、何でもかんでも出揃ってしまった今の時代って難しいよね。人間そのものにも勢いがなくなってるし。

とりあえず高度成長期の話だから、これから良い方向に向かっていくわけだし、見続けるモチベーションにはなるよね。役者さんたちも揃ってるし。
頑張れ~、佐藤浩市~。しかし・・・・堺さんの頭はどうしちゃったんだ・・・(あの時代にあのヘアスタイルは・・・・笑)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

MR.BRAIN★最終回

Still0010_2 Still0011 ビルの爆発で林田が重傷を負ってしまう。

ショックを受けた龍介は携帯を買いに行ったり、犯人の思うツボになるだけなので、もう何もしない方がいい、と言い出したり周囲の失望を買うような言動ばかりをする。
由里もそんな龍介に憤りを感じるが、意外な事に丹原だけが龍介の気持ちを理解していた。

Still0015 Still0016 尾崎の息子のところに出向き、DNA鑑定の為の組織を入手した丹原はそれを科警研に持ち込み、犯人が白い布地に×印を書き込んでいた血液と同一人物のDNAであると判明する。
それを元に尾崎の息子を事情聴取するが彼にはアリバイがあり、どうも彼本人が犯行に加担しているとは考えにくかった。しかし、もし犯人と彼が骨髄移植を行っていれば、二人の血液のみであるが同じDNAになる可能性がある事がわかる。

Still0017 その事からある男の存在が浮かび上がる。
北里陽介。17年前に殺人容疑で逮捕され有罪となり服役していた。しかし本人は刑が確定後も一貫して無罪を主張。ところが北里は獄中で白血病を発症。殺人を認める事を条件に骨髄移植を受けていた。そしてその取引を持ちかけたのが今回犯行のターゲットになっている当時の警察関係者だった。しかし、北里が犯行を認めた事を知った両親はそれを苦に自殺をしてしまう。

Still0028 Still0029 Still0030 Still0031

  

当時の技術では完全とはいえなかったDNA鑑定の犠牲となってしまった北里は、その事を逆手に取って警察関係に復讐をしていたのだった。

今ならまだ北里は人を殺していない・・・・!
北里にこれ以上罪を重ねさせない為に龍介たち科警研のメンバーは。。。。

  

Still0033 Still0034 終わりましたね~。
いや~、今回は殿のセリフもあったし、ドアップもあったから良かったよ~(そこですか)

先日実際に似たようなケースのニュースが世間を賑わせましたけど、これは本当にとてつもない不幸な事件ですよね。無罪なのにとんでもない長い時間服役させられてしまうわけですから。
結局、北里は結構良心的な人間で思ったより冷酷な人でも何でもなかったですね。。。
自分の事より両親がそれによって亡くなってしまった事が彼を復讐に駆り立てるきっかけになってしまったんでしょうね。そりゃー許せないわな、実際こんな取引されたら。

Still0038 Still0041 しかし、久し振りに殿のなで肩と唇ワナワナを見られたので良かったぁぁぁ(喜びの方向が間違ってないかい・・・)今回のあまりに不幸すぎる北里の境遇を見ていて超久々に一心を思い出しちゃったよー!

大ケガをしたリンダくんも無事復帰。
龍介はアメリカに旅立ちました。
しかしあの海老がムカつきますね~(いや海老じゃなくて武井ねcoldsweats01
やつは、おとがめなしのまま。まあ、この辺から続編に繋がるのかしら(笑)

Still0035 Still0051 それにしても丹原さん、イイ味出しすぎ(爆)ワイシャツに書かれてしまった龍介の電話番号を見ようとグルグルしてるのはケッサクでしたわ。
しかしとうとう由里まで理解できない龍介の言動を丹原一人が理解してしまってましたね。

龍介がいなくなった後の科警研やリンダくんの言動がモロ彼の影響を受けてるところが面白かったですね。話してる相手と妙に近いの(爆)科警研は皆バナナ食ってるし。

一番最後に友情出演した(!?)慎吾ちゃんの目線が右上に激しく動いているのが良かった(あははは)理屈抜きで楽しめたドラマだったので、また機会があれば見てみたいと思いまStill0055 Still0056 したです☆

| | コメント (2) | トラックバック (23)

任侠ヘルパー☆第1回

今夜からスタートした草彅剛主演「任侠ヘルパー」

もしかして面白いかも・・・・と思ってたら、面白かったかも(笑)

広域暴力団「隼会」の六本木地区、翼興業の組長・翼彦一は、隼会若頭の鷹山の発案でヘルパーとして研修を受ける事に。

何故にヤクザがヘルパー・・・って感じだけど、この鷹山が何か企んでいるような気もするし、最後の最後はたぶんヘルパーとして生きていくんだろーな~って思いますね。

いつも優男の役が多い剛だけど、今回は骨のある役でなかなか上手くこなしていると思います。夏川結衣演じる羽鳥と、どういう関係になっていくのか、まだよくわからないけど、しばらく様子見でいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

赤鼻のセンセイ 今夜スタート☆

Still0063 今夜からスタートしますね「赤鼻のセンセイ」

サプライズに出演されてた様子をちょっとばかり載せてみます。。。

連ドラの方は・・・・今日一応見てから決めます(笑)

毎週レビューは無理かもなcoldsweats01

Still0065 Still0062 Still0066 Still0067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MR.BRAIN★第7回

Still0002 これまでの科警研の働きにより、警察庁から表彰される事になった。

副長官への花束贈呈の大役をおおせつかった由里だったが、突然副長官が狙撃されるというとんでもない事態に。

窓際にライフルが置かれていたビルをすぐに捜索する丹原だったが、龍介はその奥にある第二産業ビルも閉鎖するようリンダ(林田)に指示。
Still0004 Still0005 出入り口を封鎖するも、出てきたのは事件の起きた時間までスタジオにこもって曲を収録していた音楽関係者。しかしその時、ビルの外に向かって出ていく男が微かに笑ったような気がする龍介。狙撃の現場には白い布に血で描かれた「×」が。。。。

Still0009 そしてその後、同一犯によるものと思われる衆議院議員・尾崎の誘拐が起きる。それでも事件は止まらず、トンネル開通式に出席していた議員の菊池が狙われる。菊池は無事だったものの、現場に派遣社員として勤務していた相沢という男がさらわれてしまう。

現場に残された遺留品や証拠から、丹原とリンダはあるビルに向かうが、相沢が犯人に置き去りにされたと聞き、妙な違和感におそわれる龍介。
Still0017 Still0018 そしてどうやら相沢が犯人に関係していると気づいた龍介は丹原に連絡を取るが、既に遅く。。。。

  

  

ちょっと ちょっと ちょっとっっっっっ !!!

殿の出番が少ないよーーーーーーっ!!!

Still0019 Still0020 ガンマニアにふさわしい(!?)今回の役だったってのにっ。
海老のどアップばっかりじ(以下省略)

意外な展開が何一つない超ベタな展開だったけど、何か妙にドキドキしたわぁぁぁぁ~
しかしあれ、丹原よりリンダの方がヤバイでしょ。突入したの、リンダだもんね。

議員の息子、海老(キャラ名忘れた)が絡んでる・・・って事で、何となく動機もバレバレだけど、それってネタバレになっちゃうかもしれないのでやめときましょう。

Still0023 Still0024 とにかく来週、最終回。

| | コメント (4) | トラックバック (17)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »