« トライアングル☆第8回 | トップページ | トライアングル☆第9回 »

銭ゲバ 第7回

Still0002 ついに逮捕されてしまった風太郎。

千載一遇のチャンスに風太郎を攻め落とそうとする荻野。しかし、風太郎は反論する事もなく茫然自失状態に。
緑にすべてバレてしまい、桃子にソックリなホームレスの死で、金が全てだという気持ちに揺らぎが出ていたのだ。。。。

荻野の弟であるヒロシを殺してしまった直後に風太郎を救ってくれたホームレスの老人。母親を失って行く所もない風太郎はその老人に心を許し、殺人を犯してしまった事を打ち明ける。しかし・・・・。
信じていたその老人が、金と引き換えに風太郎の罪を告発しようとしていたのを見てしまう。

どうせ俺は地獄に落ちるんだ・・・・!
だったら世の中、金だって事を証明してやる。
いつもの調子を取り戻した風太郎は、荻野の妻を突き落としたのは自分ではないと容疑を否定。そして事件のあった日、風太郎が経営会議に出席していた事がわかる。真犯人も自首してきた。別件逮捕で風太郎を追い詰めていた荻野は窮地に立たされる。

警察を去る間際、風太郎は荻野に妻の手術費の件を持ち出し、いつでも援助する気がある事を告げる。揺れる荻野。

出所後、開き直った風太郎はすべてを緑と茜に話す。
それでも風太郎にすがろうとする茜に「おまえの役目はもう終わった」と言い放つ。

一方、妻の病状が悪化し、悩んだ末に治療費を援助してもらう為に風太郎を訪ねる荻野。「金が全てだ」という言葉と引き換えに、金と紹介状を受け取る。

そしてその頃・・・・
帰宅した風太郎は変わり果てた茜の姿を見つける。

 

なーんか完全に自暴自棄に陥ってますね~、風太郎さん。
どうも彼が子供の頃の話はヒサンなものばかりだなぁ。。。だから何をしてもいいってわけじゃないけど、あまりに可哀相な子供時代を過ごしてしまったよね。
あんな年頃で親に死なれてホームレスと暮らしたり、そこも逃げ出すハメになったり。。

しかしなぁ・・・。これに近いようなひどい目に遭ってる子供がいるのも事実だし。まだ自分自身で人生を決められない子供にこんなひどい状態は何とも辛いわ。

茜は可哀相だったねー。
本当に風太郎の事が好きだったようだけど、その気持ちも彼には届かず。彼が本当に執着していたのは母親ただ一人なのね。その仕返しをしているような状況になっちゃってるんだろうね。

真一を使って何かやらせるな~とは前から思ってたけど、このずさんな計画といい、いつかは捕まるか死ぬ気だね。このまま金持ちとして生活していこうと思ってるとは思えず。
父親を殺したり、自分の罪を暴露したりしなければ、このままずっと三國家の人間として生活していけたのにね。
しかしそんな事、最初から望んでないのかも。そのターゲットにされちゃった三國家もエライ迷惑だね。

Still0004 Still0005

  

  

■10%OFF+送料無料■TVドラマ 松山ケンイチ主演 DVD-BOX【銭ゲバ】09/5/22発売

|

« トライアングル☆第8回 | トップページ | トライアングル☆第9回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2009年」カテゴリの記事

コメント

健蔵に投げかけた緑の言葉が恐かったですね。そこに緑の本質を見たような気がしますね。
茜は健気で可哀そうでしたね。茜だけは幸せになって欲しいと願っていたのですが。

投稿: Hiro | 2009年3月 1日 (日) 23時08分

Hiroさん

>そこに緑の本質を見たような気がしますね

うーん、そうですね~。
まあ健蔵が諸悪の根源なのをわかっているんでしょう。
恐ろしい事に家族が巻き込まれて緑も微妙な面で
冷徹に見せる術を身につけたのでしょうね。
車の中で泣いてましたし。

投稿: せるふぉん | 2009年3月 5日 (木) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/28412994

この記事へのトラックバック一覧です: 銭ゲバ 第7回:

» 銭ゲバ 第7回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『命の値段も結局金ズラか…』 [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 12時03分

» 6月公開「群青」濡れ場でバストトップ解禁のうわさ [長澤まさみ主演映画「群青」で・・]
長澤まさみ主演映画「群青」で・・「全裸チクビ映像」が!? [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 15時50分

» 銭ゲバ 命の値段も結局金ズラか… [のほほん便り]
ますます、容赦なさとダークネスに磨きがかってきましたね 朦朧とする留置所での、風太郎の回想シーン。ひょっとして、かくまってくれた?と思われた、食事と居る場所を提供してくれた、優しげに見えたオトナも、結局、警察に彼を売ってました。それが、彼の最後の何かを壊したのでしょうか? 執拗に、風太郎・逮捕に情熱を燃やしていた、荻野(宮川大輔)刑事も 妻の病気等々。やむない物入り事情から、金の誘惑に屈してしまいました やはり、荻野の妻をつきおとし犯人は、伊豆屋の、そっくりアンちゃん(ゆえに、釈... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 15時59分

« トライアングル☆第8回 | トップページ | トライアングル☆第9回 »