« OLにっぽん☆第5回 | トップページ | ギラギラ☆第4回 »

とうとう観たよ!Xファイル:真実を求めて

080327_2 11月7日より公開の「Xファイル真実を求めて」
初日の昨日、早速観てきました!

しかし、昨日は笑っちゃうくらい困難続き。
というのは、実はわたくし会社にウソをついて早退し、映画館に突っ走りました(爆)

数日前から根回ししておいて今日4時に早退する事になっていたのですが、ななななななんと、この大事な日に本社の次長の大チョンボで300万円の請求明細を訂正して再度、客先に送付という、ありえない事態になってしまいました。
そのとき既に12時。
ええ、やりましたよ。ありえないスピードで(爆)
そして15時。驚異的なスピードで発送準備まで終えたわたしに、その客先の部長から電話が・・・!これまたありえない・・・40分もの長電話
その方、電話魔で有名なんです。。。orz
16時近くで電話を切り、全てを投げ出したまま映画館に走りました(あははははは、もう仕事なんて知ったことかい!)

・・・・という事で、文字通り必死で鑑賞にこぎつけた今作。
ではでは、いよいよ感想にいっちゃいますよ~。

ここから先の記事には、ものすごくかなりのネタバレを含んでいます。これから鑑賞予定のある方、禁ネタバレをかたくなに守っている方、くれぐれもご注意ください

Xf2011 あのラストシーンから数年後。。。
医師として病院に勤務しているスカリーのもとにFBI捜査官が現れる。
あるFBI捜査官が失踪しており、その捜査にモルダーの力が必要だと言う。
今の自分は彼の同僚ではない、と依頼を断るものの、帰宅後モルダーにその話を受けるよう説得モードのスカリー。

軍人に化けたエイリアンを殺して以来、殺人犯の汚名を着せられ潜伏生活を続けているモルダーは自分をあぶりだす為のワナだ、と取り合わない。
しかしサマンサの写真を見て考え直したモルダーは、透視能力を持っているといわれるジョー神父と引き合わされる。

Mulscu0002 いつものごとくジョーの能力をあっさりと信じてしまうモルダーに不安を募らせるスカリー。カトリック教徒でもある彼女は、少年相手に性犯罪を起こした事があるジョーを許せない。しかしそんなスカリーにジョーは突然「あきらめるな」と声をかける。

TVシリーズを知らない人には、ちょっとわかりづらい事が多かったかも。
制作陣が言っていた「この映画はファンの為に作った」という言葉そのままな感じ。
今作は20世紀FOXはじめ制作陣&キャストがファンたちの声に応えて制作に踏み切ってくれたもの。わたしはそれだけで、ただただ「ありがとうございました」と言いたい気持ちでいっぱいです・・・・。

それだけにディープ&コアなファンにはツボなネタがいっぱい。
モルダーの部屋の天井にはもちろんアレが・・・(笑)
そしてラスト近くにアノ人も・・・。

Trailer
に映ってたという噂だったクラチは出ませんでした。(やっぱ死んだのか・・・)


Fwmcc02 このストーリーを「Xファイルではない」という人の意見を多数見かけました。
でも、これがそもそもXファイルの原点なんですよね。
もともとは、実際にあったといわれる現象を元に制作されたフィクションだったわけですが、だんだんとメインになってしまったミソロジー系のお話=Xファイルという世間のイメージが強くなってしまった為、こういった元祖一話完結型のストーリーに難色を示される方が多いのだと思います。

以前から言われてたいたモルダーとスカリーの複雑な関係を描いている・・・というのも当たってました。ハッキリ言ってこの辺を重視しない人にとっては微妙な内容かも。
最終話で二人の関係がただの同僚でない事はハッキリしてたわけですけど、こうスパッと出ちゃうと驚きと共に「まあ当然だよな~」って感じですか。
シリーズお得意の宗教を絡めた(スカリーがカトリック教徒なので)サイキックキャラが登場でしたが、スピーディーな展開で特にファンではない、という人にも楽しめる内容にはなっていると思います。

Xf2020 低予算とか、この次を作れる保障がないとか、色々な制約がある中で制作された今回の映画なので、わたしは限られた条件の中で精一杯作られたものである・・・と思いました。
しかし特にXファイルに対して思い入れのない人から観ると、どうなんだろう~^^;
あまりにもハラハラドキドキ(ストーリーに対してとは別に)まるで我が子の発表会を見守っているような、身内がステージに上がって何かを演じているのを観ているような、この作品を客観的に思いっきり観れない状況だったので、正直全体的な感想をまとめるのも難しい・・・(笑)

Xf2016 ただ一つだけ言えるのは、モルダーとスカリーが登場した瞬間に、それが彼らであると実感できた事です。
まるでこの作品の前にも何かエピソードがあったような、そしてこの後も何かが続いていくような、長年のTVショーで培われた「Xファイル」というものが、単にストーリー展開の中だけではなく確かに存在している、と感じる事ができました。

ラストでモルダーがスカリーに言った言葉。。。
あれはどういう意味だったのかな・・・?と、今ずっと考えているところです。
もう以前のように暗闇を何かを求めて探し続けるの嫌・・・という彼女に、じゃあ一緒に逃げようと優しく言うモルダー。最後の最後に出てくるワンシーンは彼らの逃避行を現しているのか、それとも陽の当たる場所に戻ってくるという事なのか・・・・。

年を重ねていく彼らをこれからも観る事ができたら幸せです。
2012年の件も気になるしね・・・・・(笑)

Xf2013




過去のXファイル関連の記事も是非どうぞ★

X-ファイル:真実を求めて オリジナル・サウンドトラック X-ファイル:真実を求めて オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:マーク・スノウ,アンクル feat.ギャヴィン・クラーク,イグジビット
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

X-ファイル  真実を求めて (角川文庫 ン 1-8) X-ファイル 真実を求めて (角川文庫 ン 1-8)

著者:マックス・アラン・コリンズ
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« OLにっぽん☆第5回 | トップページ | ギラギラ☆第4回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

2008年映画感想」カテゴリの記事

Xファイル 」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
映画は見るつもりにしているので、記事は冒頭部分だけ読ませていただきました。
前作は見ましたが、テレビシリーズと同様、すっかり内容は忘れております。無謀な鑑賞でしょうね(笑)

投稿: 緑あひる | 2008年11月 8日 (土) 13時54分

こんにちは。

会社を早退して鑑賞されたんですね?


ファンとしては待ちに待った映画版第2弾でしたね。

冒頭から、謎を多く張り巡らせ、
結末も見事としか言いようがありません。
ラスト付近の展開はX-ファイルですよね。


出来れば、このまま定期的に映画版を製作していって欲しいです。

投稿: BROOK | 2008年11月 8日 (土) 16時02分

緑あひるさん

なんと、やはりご覧になるとは・・・!
その手が好きな人になら、もう絶対オススメしますが
これは例の「スクイーズ」にとても似てます(笑)
(グロさが・・・って意味ですけど)
彼らの境遇がザ・ムービーの頃とは全く違いますけど
何も前知識がなく見るのも、また良いのかも。

投稿: せるふぉん | 2008年11月 8日 (土) 19時55分

BROOKさん

>会社を早退して鑑賞されたんですね?

ええ!(爆)
ほんとに何も考えず会社から脱出しました。

ミソロジーとは全く違う元祖Xファイルという内容でしたね。
クリス・カーターのお得意とする世界観がよく出ていたと思います。

懐かしのキャラにもっと会いたかったけど
考えてみれば皆死んじゃったんですよね(笑)
またまたスキナーはモルスカ救助隊長。ご苦労様です。

投稿: せるふぉん | 2008年11月 8日 (土) 20時05分

TBありがとうございました☆

今回はファンのためのX-ファイルでしたね。
私は全てのシーズンを観たわけではないので
スカリーとモルダーが恋仲という設定にも
結構驚きました☆

投稿: dai | 2008年11月 8日 (土) 21時48分

せるふぉんさん、2回目、あたしも観たいよ~(;_;)昨日なんて、初日だってのに5~6人しかいなくて、ど真ん中に席してもらって、まるで自宅にいるかの様に観れましたぁ(*^▽^*)やってくれるね、X-FILESですっ♪あ、スカリーを冷たい目線で見る、同僚のドクターって、どっかで見た事ありますよね。んー、‘分裂’で見たかなぁ。違うかぁ、でも似てるなって思いましたぁ。

投稿: やすこ。 | 2008年11月 8日 (土) 22時11分

daiさん

コメトラありがとうございます。
そうですか、全てのエピソードはご覧になってないんですね。
でもまあ、全部制覇した・・・という人の方が
少ないのかもしれません。何せ全201話ですから(笑)

モルダーとスカリーはシーズン8で同僚の壁を越え
ウイリアムという息子を授かりました。
(まあ実際壁を越えたんは、シーズン7なんでしょうけどね・・笑)

投稿: せるふぉん | 2008年11月 8日 (土) 22時49分

やすこ。さん

いかにもXファイルっぽい雰囲気マンマンでしたよね~。
あの最初に行方不明になる女性捜査官も観た事あるなぁ。
あのロシア人なんて、Trailerでチラッと出た時に
あまりにもクラチに似てたんで、てっきりヤツだと思ってました。
(本国でもそういう騒ぎになってたし)
何もかも懐かしいです~(・・・って毎日のようにDVD見てるけど^^;)

投稿: せるふぉん | 2008年11月 8日 (土) 22時53分

凄い熱意!よほどお好きなんですね。
私もテレビ放送時には全話付き合った作品なので、今回の復活にはそれなりに感慨がありました。
思い入れの無い人が観ると、普通の猟奇サスペンスなんでしょうけど、やはり元のシリーズからの文脈で観ると、結構深い内容だったかなと。
個人的には続編はもう良いかなと思います。
そろそろ作り手たちも、このシリーズから開放してあげたい気もしますし。
ただ2012年がどうなるのかだけはちょっと観たいかも(笑

投稿: ノラネコ | 2008年11月 8日 (土) 23時41分

ノラネコさん

コメントありがとうございます。
ファン歴14年です(爆)
ツインピークスの流れでそのままファンになっちゃった派です。
(David Duchovnyがツイン・ピークスに出てたんですよね)
Chris CarterやDavid、Gillianたちは
何年かに一度のペースで映画をやれたら・・・という希望を持ってるそうです。
それは正直言って難しいと思いますが、最後に2012年のオチだけは見たいかな。。。
長年かけて1時間ドラマで築いていったものを、2時間一発で
表現するのは難しいですね。

投稿: せるふぉん | 2008年11月 9日 (日) 00時04分

こんばんは♪明日、TBSでX-FILES ムービーやるんですね♪♪TBSだから、吹き替えが小杉氏かと思いきや、風間杜夫氏でホッとしてます。TV朝日の風間氏の吹き替えがすんなり体に入ってくるもんで(^^;)出来れば、字幕で…無理っすね。FBI100周年?!

投稿: やすこ。 | 2008年11月 9日 (日) 23時34分

やすこ。さん

たぶんテレ朝、放映権を手放したんですね。
今回TBSだいぶプッシュしてたみたいだし。
20世紀FOXでさえ、テレビ放映権全部他に売っちゃってますから
それと関係あるのかもね(Davidの訴訟問題の火種ですしね)

わたしは相沢Scully結構好きなんだけどなぁ。
Mulderは杜夫の方がいいですね。
主音声でなく、副音声かサブで聞いちゃえばいいんですよ。
どうせセリフもほとんど覚えちゃってるし(笑)
FBIはちょうど100周年らしいですよ、タイミングいいです。

投稿: せるふぉん | 2008年11月10日 (月) 00時32分

会社にTVシリーズが好きな若者がいまして・・・内容を説明すると「観るのやめた~」と言ってました。おれの説明が悪かったのか・・・
で、その彼が「モルダーは一度死んでる」と言うじゃありませんか!
う~む、なんだか見たいような見たくないような・・・

投稿: kossy | 2008年11月25日 (火) 01時39分

kossyさん

ははは。確かにモルダーは仮死状態に陥った事があります。
事実上シーズン7で降板だったので、シーズン8には
仮死状態から復活して少し出演した後、命を狙われているので
逃走中・・・という事になってました。
それにしてもkossyさんたら「252生存者あり」って・・・!
大爆笑しましたよ、確かにおっしゃる通り!

TVシリーズを観た事ないなら、是非おすすめします。
しかし、とてつもなく長いので、まずはファーストシーズンから
サードシーズンあたりがおすすめです。
わたしにとって、これほどのクオリティの高い、すごいドラマは他にありません。
まあ、考えてみるとTVシリーズそのものが毎回映画に近かったので
視聴者の目が越えちゃって、劇場版だとそれ以上のものを期待されるのが毎回ネックになってる気がしますね。。。

投稿: せるふぉん | 2008年11月25日 (火) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/25134657

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう観たよ!Xファイル:真実を求めて:

» 劇場鑑賞「X−ファイル:真実を求めて」 [日々“是”精進!]
「X−ファイル:真実を求めて」を鑑賞してきましたFBI捜査官モルダーとスカリーが、UFOやUMAなど超常現象の謎を追う、アメリカドラマの劇場版第2弾。全米での放送終了から6年を経て、主演コンビとTV版の監督&製作&脚本を務めたクリス・カーターが再び結集...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 13時54分

» X−ファイル:真実を求めて [勝手に映画評]
TVシリーズが終了して6年ですが、映画での復活です。FBIを離れていた、モルダー、スカリーが、再び、不可思議な出来事に巻き込まれます。 連邦捜査官の失踪と言うのは、アメリカにおいては大事件であるのは確かですが、緊急とは言え、その程度の出来事でモルダー・スカリーのコンビが引きずり出されると言うのは、ちょいと疑問。まぁ、冒頭で、モルダーが渋るのも良くわかります(笑)。と、いきなりダメ出しから入ってしまいましたが、いまやFBIに追われる立場になってしまっているモルダーにしてみれば、当然の事かもしれません... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 16時31分

» [映画『X-ファイル:真実を求めて』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆何故か、かなり期待していた作品だ。  ブームから10年以上も経って、リバイバル趣味とは違った雰囲気で映画化される様が、なんとも自信に満ち溢れているようなイメージに感じられたのだ。  また、多くの客を呼べそうなUFOネタでないのも、なんか凄い展開を見せてくれるのではないかと期待していたのだ(UFOは『インディ4』で充分ですかね^^;)。  見終えた結果としては、面白かったが、わりに地味な展開であった。  そう感じたのは、私が熱心な『X-ファイル』ファンではないからだろうか?    ◇   ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 16時35分

» 『X-ファイル:真実を求めて』 [ラムの大通り]
----『X-ファイル』か、懐かしいニャあ。 「そうだね。日本でのビデオリリースが、もう10年以上も前。 当時、レーザーディスクの仕事で少し関わったこともあって、 最初の頃はぼくもけっこう観ていたけど、 この手のTVシリーズの常でいつしか観なくなっていた。 でもいま調べて分かったけど、 このシリーズ、なんと第9シーズンまであったんだね」 ----それはビックリ。 確かこの『X-ファイル』って 地球外生命体に絡む陰謀話の合間に、 それとは別の超常現象のエピソードもいくつかあったよね。 「うん。前回の劇... [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 21時59分

» X-ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE [いい加減社長の日記]
なぜか金曜日に公開の「X-ファイル:真実を求めて 」を、レイトショーで鑑賞。 あまりテレビで観てもいなかったんですが、人気だったということで、とりあえず観ておこうかと^^; 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーということで、人は少ない。 「X-ファイル... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 10時38分

» X−ファイル 真実を求めて [そーれりぽーと]
今更感たっぷりな、“あの”人気海外ドラマ『Xファイル』の続きを描いた映画『X−ファイル 真実を求めて』を観てきました。 ★★★ ほんと今更なんで『Xファイル』なんだろう。 どうせなら『ツインピークス』も、いっそのこと『V』も、そういえば『フレンズ』はいつになったら続きを映画で描いてくれるの? などと思いつつ、とりあえず観たこの映画は、面白かったというか、がっかりしたというか、なんだろう「こんなもんかなー」的な印象です。 俺自身は、ブーム真っ盛りの頃にシーズン1〜2辺りをテキトーなノリで見ていた程... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 12時04分

» X-ファイル:真実を求めて★★★劇場84本目:ファンへのアンサー... [kaoritalyたる所以]
長らく見たことのない二人に再会した。私はこのTVシリーズ、最初は毎週見ていた。始まった頃はゴールデンタイムな20時くらいにやっていたと思う。モルダーの吹替えは風間杜夫だったはず。シーズン1は全部見たと思う。2の後半〜3の頃には時々しか見てなくって、4か...... [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 02時19分

» X-ファイル:真実を求めて★★★劇場84本目:ファンへのアンサー... [kaoritalyたる所以]
長らく見たことのない二人に再会した。私はこのTVシリーズ、最初は毎週見ていた。始まった頃はゴールデンタイムな20時くらいにやっていたと思う。モルダーの吹替えは風間杜夫だったはず。シーズン1は全部見たと思う。2の後半〜3の頃には時々しか見てなくって、4か...... [続きを読む]

受信: 2008年11月10日 (月) 02時21分

» Xファイル:真実を求めて [★YUKAの気ままな有閑日記★]
さて、簡単にサクサクっと感想を、、、あれま、テンション低め・汗【story】FBI女性捜査官が謎の失踪を遂げた。FBIを引退し隠遁生活を送っていたモルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)と、医師として活躍するスカリー(ジリアン・アンダーソン)は、捜査に行き詰ったFBI捜査官のホイットニー(アマンダ・ピート)から協力を要請される。サイキックな透視能力で手がかりを探り当てる神父ジョー(ビリー・コノリー)が事件解明の鍵を握っていることを知った彼らは、対立しながらもおぞましい事件の核心に迫る―     監督 :... [続きを読む]

受信: 2008年11月13日 (木) 19時57分

» 映画感想『X−ファイル:真実を求めて』 らしい感じですね。。... [レベル999のマニアな講義]
内容FBIを離れ数年。スカリー(ジリアン・アンダーソン)は、とある病院で働いていた。難病の少年を担当しているスカリーは、治療法が無く、ただ死を待つだけという少年の状態を憂慮。だが、病院の管理者たちは、治療できないことで、転院を考えはじめていた。そんなな...... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 21時22分

» X-ファイル:真実を求めて [欧風]
昨日は八戸フォーラムに映画観に行ってきました~。 1本目に観たのは、「X-ファイル:真実を求めて」昔日本でもテレビでやってましたね~。結構観てたな。 話としては、FBIの女性捜査官が失踪す... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 21時24分

» X-ファイル:真実を求めて [小部屋日記]
The X Files: I Want to Believe(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: クリス・カーター 出演:デヴィッド・ドゥカヴニー/ジリアン・アンダーソン/アマンダ・ピート/ビリー・コノリー/Xzibit 信じよ、真実のために 科学では解明できない超常現象に立ち向かう二人の捜査官の活躍を描いた人気シリーズ「Xファイル」の映画化第二弾。 期待してなかったせいか、思ったより楽しめました。 前作の宇宙人の話に比べると、スケールは小さい。でもありえる話で、現実感はありまし... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 21時53分

» X−ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE [いい加減社長の映画日記]
なぜか金曜日に公開の「X−ファイル:真実を求めて」を、レイトショーで鑑賞。 あまりテレビで観てもいなかったんですが、人気だったということで、とりあえず観ておこうかと^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーということで、人は少ない。 「X−ファイル:真実を求めて」は、大きめのスクリーンだったけど、20人くらいかな。 【ストーリー】 FBIの女性エージェントが不可解な失踪を遂げ、モルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)とスカリー(ジリアン・アンダーソン)が捜査協力を要請される。 サイキックな透... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 23時14分

» 「X-ファイル:真実を求めて」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The X Files: I Want to Believe」2008 USA/カナダ 元FBI捜査官のコンビが奇怪な事件に挑むクライム・サスペンス。 元FBI捜査官モルダーに「X-ファイル ザ・ムービー/1998」「connie & carla コニー&カーラ/2004」「悲しみが乾くまで/2008」のデヴィッド・ドゥカヴニー。 元FBI捜査官で、外科医のスカリーに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」のジリアン・アンダーソン。 FBI捜査官ホイットニーに「恋愛適齢... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 23時56分

» 「X-ファイル:真実を求めて」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The X Files: I Want to Believe」2008 USA/カナダ 元FBI捜査官のコンビが奇怪な事件に挑むクライム・サスペンス。 元FBI捜査官モルダーに「X-ファイル ザ・ムービー/1998」「connie & carla コニー&カーラ/2004」「悲しみが乾くまで/2008」のデヴィッド・ドゥカヴニー。 元FBI捜査官で、外科医のスカリーに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」のジリアン・アンダーソン。 FBI捜査官ホイットニーに「恋愛適齢... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 23時58分

» 「X-ファイル:真実を求めて」 [It's a wonderful cinema]
 2008年/アメリカ  監督/クリス・カーター  出演/デヴィッド・ドゥカブニー      ジリアン・アンダーソン  「X-ファイル」は大好きでした。・・・と言っても、全部観たのは4シーズンまで。モルダーがあまり出なくなってしまったのと、宇宙人ネタがあまり好きではないので(←X-ファイルの原点ではあるが)、観なくなってしまったのよね。でも、モルダーとスカリーの微妙な関係も気になるし、やはり映画が公開されるとなると観に行ってしまうのです。  女性FBI捜査官が失踪する事件が起こる。... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 00時11分

» Xファイル 真実を求めて [迷宮映画館]
デビッド・ドゥカブニー・・・久々に堪能しました。 [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 16時21分

» X-ファイル:真実を求めて [象のロケット]
ジョーという神父がサイキックな透視能力で、失踪した女性捜査官の「“ビジョン”が見える」と主張し、また凍った湖からは男性の腕を見つけ出した。 超能力の真偽を判断できないFBIは、隠遁生活を送るモルダーと現在は病院勤務のスカリーに捜査協力を依頼。 事件はやがておぞましい連続殺人事件へ発展していく…。 大ヒットTVシリーズSFサスペンス劇場版第2作。... [続きを読む]

受信: 2008年11月24日 (月) 21時23分

» X-ファイル:真実を求めて [ネタバレ映画館]
252!絶対に生きている。あきらめるな!と、邦画の宣伝までしてくれたXファイルの劇場版第2弾。 [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 01時34分

» X‐ファイル:真実を求めて [Movies 1-800]
The X Files: I Want to Believe (2008年) 監督:クリス・カーター 出演:デヴィッド・ドゥカブニー、ジリアン・アンダーソン、アマンダ・ピート 90年代に人気を博したTVシリーズの映画版第2弾で、既にFBIを去っていたモルダーとスカリーが女性失踪事件の謎に挑むミステリー TVシリーズの方は、日本でTV放映(地上波)された分しか観ていないので、TVシリーズ継続中に作られた98年の映画版第1弾は不明な点も多かったが、TVシリーズ終了から6年も経って作られた本作は、さすが... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 21時35分

« OLにっぽん☆第5回 | トップページ | ギラギラ☆第4回 »