« コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~☆第9回 | トップページ | Tomorrow~陽はまたのぼる~☆第9回 »

20世紀少年~第1章~

20001 初日の30日に観られなかったのが残念でしたが、今日31日の朝一で観てきました。

9時40分だったにも関わらず、劇場内はほぼいっぱい。

では・・・・・・・

  

これより先の記事にはかなりのネタバレが含まれています。ご注意ください。

  

 

まず・・・・

長い映画でした(爆)

20003 3部作のうちの1作目なので、まだ何ともいえませんが、面白いと思います。
小ネタなのか原作に忠実なのかわかりませんが、昭和生まれには笑える場面が多々ありますよ。刑事役で出てきた竜雷太さんですが、同僚を「ヤマさん」と呼んでました(爆)
そして竜さん自体は「長さん」と・・・・(爆×10000)
ゴリさんの同僚が山さんで、ゴリさんが長さん・・・(ややこしい)

Still0001 原っぱの仲間たちが基地作りで遊ぶシーンが出てきますが、これが「よげんの書」誕生の場所なので肝の部分ですよね。
しかし、わたしも基地はよく作りましたよ~。
ダンボールとか運び込んでは捨ててあるマットレスとか持ち込んで、よくその中で漫画とか読んでました(爆)集会所の裏に穴を掘って、横穴式基地だぁ~とか盛り上がってたら大人に見つかり、ものすごー怒られた記憶があります。
(すみません、一応わたしは性別は女なのですが、通常女の子ってこういう事やらなかったもんでしょうか・・・?  coldsweats01coldsweats01

Still0003 Still0004 ケンヂが作った「よげんの書」をもとに、どんどん不吉な事が起こっていき、どうやら自分の姉がその事件と関係していると気づいてしまうケンヂ。
小学校の同窓会で再開した、モンちゃん・ヨシツネ・フクベエと、ずっと近所でもお馴染みのマルオ、ユキジ、タイから帰国したオッチョと共に「ともだち」と名乗る謎の教団の教祖と対決する事になる。

Still0005Still0056  かつてケンヂが作った「よげんの書」が次々と現実のものとなり、とうとうケンヂがテロリストの汚名を着せられる事になってしまう。
そしてそのストーリーのラストを飾る2000年12月31日。
東京にとんでもないものが出現する。。。

  

わたし的にはフクベエがアヤシイ・・・と思ってたんですが
考えてみると、ケンヂ自体もアヤシイような気が・・・(笑)

Still0009 この次は成長したケンヂの姪、カンナが活躍するようですね。
あの爆発の後も、ほとんどの仲間が生き残ってるみたいで、その辺はありえないだろーとか思いつつも、あのメンバー全員死んじゃったら話しにならないもんね~。

しかし、このメンバーでどうも違和感を感じるのがユキジ。
常盤ちゃん、ちょっと若すぎるでしょー(笑)
どう見てもケンヂやモンちゃん、オッチョとタメには見えません。
(あははははは 失礼)

ちょっと意外だったのが、メインメンバーの方々の出番が思ってたより少なかった事。皆さん、売れっ子なのでスケジュールを合わせるのが非常にキツく、たまに揃うと朝を迎えてた・・・なんてのがザラで、ものすごくキツイと、ヨシツネ役の香川さんが言ってましたけど、あまり登場シーンが多いと実際に撮影するのが困難だったからかな。

Still0010Still0011フクベエ役の蔵ちゃんなんて、ドラマと掛け持ちだったせいか、出演シーン少なかったよね・・・。オッチョ役のトヨエツはなかなか登場しなかったけど、いざ出てきたらさすがの貫禄。ヤン坊・マー坊はあだ名自体が爆笑ものでしたが、2部以降に期待。

飽きない展開で2時間半観ることができましたが
どうにも気になる事が・・・・

全国のお子さんをお持ちのお父さん・お母さん

お子さんが友達同士で映画に行くと言ったら
トイレに立つ時には周囲の方に迷惑にならないように静かに姿勢を低くして行きましょう。

20世紀少年は2時間半だから、あまり水分を摂るとトイレに行きたくなるから気をつけて(この作品限定ってわけじゃなく長編すべてに言えることですが)

と、一言かけてください。

20004 上映開始後2時間くらいの時に、あまりにも多くの人がトイレに立つので驚きました。生理現象なのでそれ自体は仕方ありませんが、周囲への配慮がない人がほとんどでした。
エンドロールの最中にもバタバタと立ち上がる人の多かった事。

ちょっと後味の悪い観賞になってしまい残念でした。

最後に映画とは関係ありませんが、先日唐沢さんがビストロスマップに出た時の画像を載せちゃいます。宮沢りえちゃんと一緒でしたが、いつもよりお笑いモード抑え目(!?)で、なかなかナイスミドルな感じでした(爆←何故笑う・・・)

Still0016 Still0018 Still0021

  
  

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス) 20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)

著者:浦沢 直樹
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻 ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻

販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 スピリッツ編集部 / 浦沢直樹/映画 20世紀少年 第1章 オフィシャルガイドブック: ビッグコミックグラフィック スピリッツ編集部 / 浦沢直樹/映画 20世紀少年 第1章 オフィシャルガイドブック: ビッグコミックグラフィック
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

|

« コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~☆第9回 | トップページ | Tomorrow~陽はまたのぼる~☆第9回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

2008年映画感想」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
長ーい作品、EDの後にも予告があると思うとトイレの心配はしなくちゃですよね。
話題先行で、あまり映画を見ない人も多いですしね。悪いことではないけれど、冷房対策も考えていないし、ピクニック感覚も少なくない。
ちょっとナンですよね(^^;

投稿: たいむ | 2008年8月31日 (日) 19時53分

たいむさん

残念ながら、子供さんだけでなく、かなりご年配の方も
自分本位な行動を取ってる方が多かったんですよ・・・。
中間層の方々はそんな事なかったんですけどね。
非常に残念な事です。

おっしゃる通り、ピクニック感覚の方がどんどん増えてる気がします。
上映時間中、思いっきりガサガサしてる人、多いですよ~。
劇場の売店で売ってるものなら騒音が出ないような素材に入ってるのに
わざわざどこかから持ち込んで、ありえない強烈な臭いのするサンドイッチ食ってたり(今日は隣の人がオニオンが入ってるものを食べてて、まいりました。)マナー云々を超えて人としておかしいんじゃないか・・・って人が増えた気がします。

今日はとても楽しみにしてたし、わざわざ端の席を頼んだのに、上映時間ギリギリに隣に座ってきてその有り様ですよ・・・。
はっきり言ってブチ壊しでした。

投稿: せるふぉん | 2008年8月31日 (日) 23時39分

私も基地作ったよ~(^.^)
戦争~!とかもやってました。泥団子で。
同じく女性ですが~(^▽^;

あと、自分が小学生の頃描きためてた漫画が、
勝手に実現したらどうしよ~!。。。
って思いませんでした?(^^;)
ま、私は世界征服の話は作ったことありませんが。。。

皆さんの記事を見て回ったら、メチャメチャ
賛否両論ですね~。
私は、とりあえず第一章として掴みはOKだと思いました。

劇場はメチャ混みで最前列になってしまい、
私ともう一組しか座っていませんでしたので、
そういう意味では集中して見れました。
スクリーンに焦点が合うまで苦労しましたが(^.^;)

投稿: くう | 2008年9月 1日 (月) 01時20分

おお~なんかトラバが飛ばないっぽい。。。(◎-◎)
もしかしたら明日、楽天の方からいただきに来るかもデス。
すいません~(__)

投稿: くう | 2008年9月 1日 (月) 01時32分

上映時間、初めは2時間50分位あったそうですよ。
それを削って削って2時間20分にしたんだそうな。
でも長かった・・・。
私の観た回はエンドロールが流れても席を立つ人は少なかったかな?
シリーズもの(エヴァとかね)は予告編あるかも?って誰もが思ってるんでしょうか。
2009年1月って、すぐやってきそうですね。

投稿: たかひょ | 2008年9月 1日 (月) 06時35分

くうさん

>私も基地作ったよ~戦争~!とかもやってました。泥団子で。同じく女性ですが~

うーーーん、くうさんはどうも自分と同じ匂いがするからなぁ(爆)

>自分が小学生の頃描きためてた漫画が、勝手に実現したらどうしよ~!。。。って思いませんでした?ま、私は世界征服の話は作ったことありませんが

(爆)
実現したら・・・とは思わなかったなー。
小学生の頃は一番好きな漫画ってドカベンだったかなあ(あはは)
あしたのジョーとか。妙にストイックで、ある意味大きくなってからより、現実的な話ばっかり描いてたかな。
自分が男の子だという目線でばっかり話を設定してたような気がします。
でもなぁ、ヤマトのデスラーとか、スタウォーズのダースベイダーとか大好きだったから、世界征服よりタチが悪かったかも(爆)

原作支持派の方はデスノの時のように辛口批評な方が多いみたいです。
限られた時間の中で長い原作を集約するのは本当に大変な事だと思うので、この第1章はとりあえずは成功だとは思いますよ。

投稿: せるふぉん | 2008年9月 1日 (月) 23時56分

たかひょさん

>上映時間、初めは2時間50分位あったそうですよ。それを削って削って2時間20分にしたんだそうな。

ほんとに実際2時間50分だったら、興行成績に影響するでしょうかね(笑)
飽きたわけじゃないんですけど、長いなぁ~とは思いましたね。

残念ながら、わたしの観た時は「ここって映画館の中だよね?」と思わず確認したくなるくらい、ひどい有り様でした。
ものすごいたくさんの人がゾロゾロ立ち上がってトイレに向かっていき、超オドロキ。。。
周囲の人の邪魔になるとか、全然気にしないんですね~。
「ともだち」よりコワイ気がしました。

投稿: せるふぉん | 2008年9月 2日 (火) 00時00分

私が中学生のとき、映画館で(上映中ではないですが)移動していたら、
『すみませんぐらいいいなさい!』
と、よそのおじさんに怒られました(汗)
基地ですが、私は裏庭にあったブランコに戸板を立てかけたりした程度です。
家から丸見えなので、ひみつもなにもあったもんじゃないですね(笑)

肝心の映画ですが、途中で退屈することはありませんでしたが、物語の世界に入り込むことが最後までできませんでした。ストーリー展開にはついてゆけたと思うのですが、その世界と自分との間に透明な膜が存在しているようで、危機感を肌感覚では掴めませんでした。
といいつつ、続編は見に行くと思います(笑)

投稿: 緑あひる | 2008年9月 2日 (火) 10時41分

緑あひるさん

昔は何だかわかんないような事で見知らぬおじさんや
おばさんによく怒られました(笑)

普通は女の子で基地とか、あんな風に草むらで
作りまくるとか、たぶんなかったんじゃないかと思いますよ(笑)
わたし達の頃にも、ヤン坊・マー坊的なやつらがいて
見つかると破壊されてしまいました。

第2章を観ないと何ともいえませんが、掴み的には
まあ、あれでいいんじゃないかと思います。
一般的に言って、やはり男の子・もしくは男性向きでしょうね。。。
自分の過ごした子供時代によって、共感できる・できない、が
はっきり分かれるところじゃないでしょうか。
しかしあの「よげんの書」の内容は・・・^^;
子供が書いたもんだというのが信じられないくらい文章力がありますね(笑)

投稿: せるふぉん | 2008年9月 4日 (木) 01時38分

この映画、最初から最後まで全然飽きずに楽しめました。
原作全く知らず、自分とはかなり距離感のある作品だと
思っていたのですが、それが逆に新鮮で、拒絶反応ゼロで
すんなり入っていかれたのは、
割りきって観ることが可能だったのと、キャスティングでしょう!

かつて、期間限定でトヨエツのファンだった私には、
当時とはまるで別のタイプになった彼の、現在の持ち味に
初めて魅力を覚えました!オッチョはクールでなかなか好き。
第2章は、彼が中心なのかなぁ~?

>わたし的にはフクベエがアヤシイ・・・と思ってたんですが
同じく!! 
すぐにそう感じたのですが(だって外見的にかなり彼っぽいし)
彼、落ちていってしまいましたよね~ 
多忙な蔵之介さんではスケジュール的に犯人は無理かもなぁ!?
と思ったりしながら観察してました。
そしたら次に怪しくなってきたのが小日向さん!!

>しかし、このメンバーでどうも違和感を感じるのがユキジ。
>常盤ちゃん、ちょっと若すぎるでしょー(笑)
ですよね~ なん彼女を起用したんだろ???
別に常盤さん嫌いじゃないけど、40前後の女優さんにしても
よかった気がします。例えば… でも思いつかないけど。。

唐沢さんは、やはり上手いな~と思いました。
突出した強い個性の役ではなく、ああいう普通っぽさの中に潜む
ユニークさが魅力なんだろな~と改めて認識しました!


謎がいっぱい残されていますから、
こりゃどうしたって第1章観たら次も当然行きますよ~。
誰々生きてるのかは予告で大体判ったけど、新しく出てくる
人も気になるしぃー!!(白塗りの古田さんとか)


投稿: 赤いダイヤ | 2008年9月 8日 (月) 00時17分

赤いダイヤさん

20世紀少年、ご覧になったのですね。
昭和生まれの人には面白い小ネタが満載ですよね。
アベベとか・・・(爆)

フクベエは未だにアヤシイと思ってますよ(笑)
落ちたってとこが、更にアヤシイ。

トヨエツ・・・こんなメジャーになる前の
妙な役ばかりやってる頃が好きでした(ええ、マニアです)
NIGHT HEADで、あれよあれよという間にスターに。
あの機械的な声が好きでした。

浦沢先生の原作なので、絶対面白いだろうとは思ってましたが、今のところ全体の感想はまだまだわかりません。
来年の秋、第3章まで見たら原作一気買いします(笑)

第2章はカンナが主役ですね。

投稿: せるふぉん | 2008年9月 8日 (月) 00時30分

20世紀少年、怪しい人がたくさんいます。
原作をなんとなく知っているのであやしいひとをついマークして
見てしまっています。


公開始まっても番宣やっている作品は久しぶりでございます。
見に行った2日後にやってました。(←私も日曜に見にいった)
蔵之介さん寝てたって唐沢さんいってましたよね?
モンペとあと映画かけもちだったっぽいですが
それは2章のことなのか?
役者さんって大変ですね(汗)

投稿: 涼夏 | 2008年9月19日 (金) 21時37分

涼夏さん

制作費が邦画としては破格の60億円ですから
宣伝にも余念がありませんよね。

ええ、蔵ちゃんは寝てた、と唐沢さんは言ってました。
そして、唐沢さんは関係ないへんな事ばっか喋ってると蔵ちゃんが・・・(爆)
フクベエはまだ活躍するはずですよね~。

とりあえずケンヂは第2章はお休みかな?

投稿: せるふぉん | 2008年9月20日 (土) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/23380658

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年~第1章~:

» 『20世紀少年』 [唐揚げ大好き!]
  世界が終わろうとしています。 ぼくらの“ともだち”によって──。   ■1969年。小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 17時08分

» 20世紀少年 第一章 (2008) 144分 [極私的映画論+α]
 主人公たちは・・・私とほとんど同い年 [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 17時42分

» 20世紀少年(2008年) [勝手に映画評]
浦沢直樹作の大ヒットマンガ「20世紀少年」を浦沢自身の監修での映画化。コミックとは異なるストーリー展開になっているそうです。映画は全三部で予定されていて、今回は、その内の第一作。第二作は、2009年1月公開予定のようです。 実は、マンガを全然読んだ事が無いので予備知識ゼロの状態で見に行きました。少し説明が過ぎるきらいはありましたが、事前知識ゼロでも内容を把握する事はできました。映画のチラシの裏表紙にマンガのキャラクターとそれを演じた俳優陣が示されているのですが、見本があるので頑張って似せたと言う事... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 18時17分

» 20世紀少年 [そーれりぽーと]
劇場予告編を観て、主要メンバーをよくこれだけの曲者役者ばかりで、原作のイメージそのままに構成できたなと、文句の付けどころのない完璧な配役にワクワク感を抑えきれなかった『20世紀少年』が、早くも公開されたので早速観てきました。 ちなみに、原作を連載中にずっと読んでた事を除けば、劇場予告編以外の情報はシャットアウトしての鑑賞です。 ★★★★★ 面白いというよりも、「凄い」と言うのに相応しい。 配役の完璧さだけではなくて、セットや景色、小道具、人物の位置関係を再現し、カメラアングルもそのままに漫画を実写... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 18時20分

» 「20世紀少年-第1章」みた。 [たいむのひとりごと]
原作は、4年ほど前にざーっと読んだ程度。当然結末は知らないし、ストーリーもうろ覚えで、原作に忠実な実写映画なのかどうかも判別できないくらい。でもきっと、その位でちょうど良いんじゃないかな?って思う。”... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 19時50分

» 「20世紀少年」:業平橋バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}この塀はなんだ? {/hiyo_en2/}この塀の向こうに新しい東京タワーができるのよ。 {/kaeru_en4/}高さ610メートルの新タワーか。 {/hiyo_en2/}そう。2011年完成予定なんだって。 {/kaeru_en4/}20世紀の少年たちなら、胸をワクワクさせて聞いたような話だな。 {/hiyo_en2/}でも、21世紀の少年たちにとっちゃあ、ふーん、ていう程度の話なんでしょうね。 {/kaeru_en4/}残念ながらな。映画の「20世紀少年」も、もっと... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時21分

» [Review] 20世紀少年 第一章 [Diary of Cyber]
数にしてみればまだまだ少ないですが、唐沢寿明氏の作品はいくつか鑑賞してまいりました。色々なジャンルの映画作品は勿論ですけれど、ドラマ(基本的にドラマは見ませんのでそれこそ数える程度ですが)やバラエティ、情報番組まで。しかし、今作の主人公・遠藤ケンヂ役を見て、思いを新たにしました。 唐沢寿明氏にうだつの上がらない男は似合わないっ! これまで演じてきた役の既成概念有る無しに関わらず、容貌から体型から風格から、スマートに洗練されすぎて『うだつの上がらない男』という役はどうも違和感ありまくりなの... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時49分

» 『20世紀少年』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:堤幸彦原作:浦沢直樹出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>ロックスターを目指してい...... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 20時55分

» 「20世紀少年」映画感想 [Wilderlandwandar]
予告どおり見てきましたです、実写映画版「20世紀少年」 監督はトリックでお馴染みの堤幸彦氏。 原作は「YAWARA」や「 [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 21時42分

» 『20世紀少年』 [ラムの大通り]
----つ、ついに観たんだね。 えいが今年いちばん心待ちしていた映画。 もう、これで思い残すことニャい? 「いやいや。これは三部作。 まだ始まったばかりだからね」 ----おやっ、意外と冷めているニャ。 そもそも、どうしてそんなにこの映画が観たかったの? 「なんと言っても、ぼくは原作が始まった頃からの読者。 感動のあまり何度も涙ぐんだからね。 しかも、ここに描かれている少年時代のエピソードが 自分の小学・中学時代とそっくり。 はらっぱで草を結んで秘密基地も作ったし、 駄菓子屋にもよく行った。 ピンク... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 22時27分

» 「20世紀少年」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
「20世紀少年」。以下ネタバレ注意。 「60億かけて」、「日テレの社運をかけて」、なーんてうたっておいて、 まぁま、お金かけたからといっていいものができるとは限らないけれども、 それにしても、(いや、それだからこそ?)ひどすぎます。 今までにもらったチラシ読み返してみると、「原作者・浦沢直樹監修、コミックとは異なるストーリー展開!」なんてかいちゃってさ。 これは逃げやろう。 「ひどい」というのは、ストーリーが強引すぎるのです。 まさに漫画のダイジェスト、・・・・とも違うのです。 漫画のダイジ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 23時46分

» 20世紀少年 [近未来二番館]
20世紀少年 - goo 映画 8月30日映画館にて。 浦沢直樹の人気漫画の実写映画化。 ひたすら感心した。 よくぞあの長い長い、そして長い話をあ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 00時20分

» 映画「20世紀少年」(2008年、日) [富久亭日乗]
  ★★★★☆  浦沢直樹のSFコミック大作の映画化。 3部作の第1部。 英題は「20th Century Boys」。       ◇  コンビニを経営するケンヂ(唐沢寿明)の周囲で大学教授が殺された。 犯行現場にはケンヂが少年時代に描いたマークが。 小学校の同窓会に出たケンヂは 自分たちが書いた「よげんの書」の通りに 怪事件が発生しているのに気づく。 カルト宗教の教祖「ともだち」が事件に絡んでいると 確信したケンヂは オッチョ(豊川悦司)、ユキジ(常盤貴子)、 ヨシツネ(香川照之)、マルオ(石塚... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 06時53分

» 「20世紀少年」の試写会へ行ったのそ [のそのつぼやき]
 昨日は、「20世紀少年」の試写会へ行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 16時54分

» 本当のともだち【20世紀少年】 [犬も歩けばBohにあたる!]
コミック全24巻。 累計発行部数2000万部突破。 浦沢直樹が1999年から20 [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 17時39分

» 20世紀少年 (唐沢寿明さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆唐沢寿明さん(のつもり)唐沢寿明さんは、現在公開中の映画『20世紀少年』に主人公・ケンヂ(遠藤健児)役で出演しています。昨日はいわゆる映画の日で、1000円で鑑賞できるということもあって、久しぶりに劇場に足を運びました。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20時19分

» 20世紀少年 [象のロケット]
ロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしているケンジは、最近巷で騒がれているあやしい事件の内容が、子供の頃に仲間たちと作った「よげんの書」とそっくりであることを知り驚愕する。 そして謎の教団で「ともだち」と呼ばれている教祖が、事件と関係しているのではないかと疑う…。  元同級生たちが世界の危機を救うために立ち上がる! 壮大な群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 21時43分

» 20世紀少年 [象のロケット]
ロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしているケンジは、最近巷で騒がれているあやしい事件の内容が、子供の頃に仲間たちと作った「よげんの書」とそっくりであることを知り驚愕する。 そして謎の教団で「ともだち」と呼ばれている教祖が、事件と関係しているのではないかと疑う…。  元同級生たちが世界の危機を救うために立ち上がる! 壮大な群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 21時49分

» 20世紀少年 [to Heart]
世界が終わろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって──。 製作年度 2008年 原作 浦沢直樹 脚本 福田靖 長崎尚志 浦沢直樹 渡辺雄介 音楽 白井良明 監督 堤幸彦 出演 唐沢寿明/豊川悦司/常盤貴子/香川照之/石塚英彦/宇梶剛士/宮迫博之/生瀬勝久/小日向文世/佐々木蔵之介/石橋蓮司/中村嘉葎雄/黒木瞳 『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢直樹の同名ベストセラー・コミックを、豪華キャストを配し、日本映画史上空前のスケールで映画化するサスペンス・アドベンチャー大... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 01時48分

» 20世紀少年 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作を全く知らないし、邦画にイマイチ盛り上がれない性質だけど(汗)、3部作の第1部を見逃して後から地団駄を踏みたくないので(←よくやる・涙)観てきました〜  監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『自虐の詩』 『包帯クラブ』 原作 : 浦沢直樹 『20世紀少年』 主題歌 : T.REX 『20th Century Boy』【comment】    スッゴク面白かったで〜す        早く続編が観たいよぉ〜  1969年、小学生のケンヂは仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そして遊びの一つ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 19時02分

» [映画] 20世紀少年 試写会にて観てきました [THE有頂天ブログ]
このマークを俺たちの もとにとりもどそう ということで、仕事を強引に済ませて行ってきました。 映画「20世紀少年」の試写会。 非常に原作に忠実、細かいところまで再現してました。 第1章は「2000年血の大みそか」まで。 以下、ちょっとした感想。 ネタバレ注意。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 20時58分

» 「20世紀少年」 [かいコ。の気ままに生活]
浦沢直樹原作を全3部作として実写映画化。さえない主人公が地球滅亡計画を阻止しようとするSFサスペンス。映画「20世紀少年」公式サイト原作漫画まるで知らないで観てきました。おかげで登場人物の把握に目がまわっちゃって^^;でも十分楽しめました〜年代が私よりちょ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 09時40分

»  20世紀少年 [★ Shaberiba ★]
子供のころ遊んだ友達・・。あなたは覚えているだろうか? [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 12時26分

» 劇場鑑賞「20世紀少年」 [日々“是”精進!]
20世紀少年秘密大図鑑上巻「20世紀少年」を鑑賞してきました浦沢直樹原作の同名人気コミックを全3部作で実写映画化する第1章。総製作費60億円をかけた壮大なプロジェクトを監督するのが、「トリック」シリーズの堤幸彦。浦沢直樹も脚本監修として参加し、3部作のラ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 15時52分

» 『20世紀少年』('08初鑑賞111・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:40の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 20時43分

» 20世紀少年 [ネタバレ映画館]
王様おにぎりを食べてみたかったのに・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 21時21分

» 映画『20世紀少年』 [オタマ・レベルアップ]
映画『20世紀少年』を見てきたよぉ~ メディア 映画 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/08/30 ジャンル ドラマ/アドベンチャー/サスペンス 解説・・・ 『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 21時44分

» 映画「20世紀少年」 [FREE TIME]
話題の映画「20世紀少年」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 01時54分

» 20世紀少年(映画館) [ひるめし。]
「終わり」が始まる。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 14時52分

» 「20世紀少年」の試写会へ行ったのそ [のそのつぼやき]
 昨日は、「20世紀少年」の試写会へ行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 17時20分

» ★「20世紀少年」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 03時14分

» [20世紀少年」 アラフォーと原作ファンの映画 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
「ケ~ンヂくん、あーそびーましょー。」 ケンジくんの家は、公園の横。 今日、りょうたはマジでケンジくんと遊んでいる。 多分、映画の少年たちと同じくらいの年頃のりょうた。 昔ならこんな空き地で、秘密基地を造って遊べたのだが、今の子供は、そんな空き地すらなく・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 20時14分

» 20世紀少年 第1章&コード・ブルー&スレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
20世紀少年 第1章は劇場で4日(木)の9時半から鑑賞して 結論は少し不満ありも原作&ウィキペディアを読まず我慢し 来年1月末に第2章が公開されるから絶対に鑑賞するよ 内容は主人公のケンジが子供の時に書いた「予言の書」と 「ともだち」と言うカルト教団が同... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 20時34分

» 映画感想『20世紀少年第一章』 面白いけど、、少し、困りまし... [レベル999のマニアな講義]
内容夢であったロックスターをあきらめたケンヂ(唐沢寿明)は、実家のコンビニを継いで経営をしていた。。。失踪してしまった姉・キリコ(黒木瞳)の一人娘・カンナの面倒をみながら、ただただ、普通の日常を暮らしていた。そんなある日のこと、刑事が店にやってくる。ケ...... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 22時16分

» 「20世紀少年 」まじめに作ってるのか、笑っていいのか・・・ [soramove]
「20世紀少年」★★☆ 唐沢寿明 、豊川悦司 、常盤貴子 主演 堤幸彦監督、2008年、144分 浦沢直樹の大ヒットコミックス実写版3部作、第1弾。 これ見ておかないと、 あと2作続くからなと 劇場へ、まあまあの入り。 なぜかほっとする。 製作者でもないの...... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 07時53分

» 20世紀少年 (第1章) [日々緩々。]
『20世紀少年』観て来ました〜。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ロックスターを目指... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 22時47分

» 20世紀少年 [利用価値のない日々の雑学]
待望の鑑賞である。先週ま三連休も含め、自宅近くのシネコンは映画作品の各シアターへの振り分けが大変下手だ。1000名入る会場から小さいのは150名程度だが、兎に角前すら思っていたが割り振りが下手過ぎる。確かに住宅街にあり、また駅前にありというところで色々な鑑賞者の種類があるものの、だからシネコンなのであって、例えば、最新の興行ランキングなんか全く無視をしている。だから先週は「おくりびと」と 「パコ」は各回共売り切れ、「ポニョ」なんて未だに2スクリーン、しかも大きな会場を同時でやってて、片方はガラガ... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 15時48分

» 『20世紀少年』を観てきました。オッチョ格好イイ!! [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8]
(注)素朴に感想書くので、まだ御覧じゃない人にはネタバレになっちゃいます。  3部作の第1章を二人の息子と観てきました。  『ロード・オブ・ザ・リング』並みに尺が長い映画です。 ■読んでから観るか、読まずに観るか?  映画版『第1章』だけでは面白いのか面白くないのか簡単に是非を述べることができない・・・一筋縄ではいきそうにない作品。  原作読まずにこの映画を観ていたらどうだったろうか?  小生は、原作で予習しておく方が楽しめる気がしました。  映画が終わって席を立つ満員... [続きを読む]

受信: 2008年9月22日 (月) 11時21分

» 「20世紀少年」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しました!」と絶賛する作品は概して良いと思った事が無い。レギュラー出演している「森田一義アワー 笑っていいとも!」ではタモリ氏のワンパターンな芸風に対し、「もータモちゃん、面白いんだから〜。」と阿る姿を散々見ているので、映画でも「何等かの思惑が在っての評論で... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 18時31分

» 20世紀少年第一章 [Sweetパラダイス]
二週間前に見に行ったのに相変わらず感想書くのが遅い私原作は漫画家の浦沢直樹さん。YAWARAちゃん書かれた方ですね。今回は脚本まで書かれてるんですよ〜キャストが豪華で個性的でした。脇役もすごかったです。よくこんなに揃えたなと思いました。あ!コハナちゃん...... [続きを読む]

受信: 2008年9月25日 (木) 20時09分

» 『20世紀少年』@日劇 [映画な日々。読書な日々。]
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 00時55分

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 05時19分

« コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~☆第9回 | トップページ | Tomorrow~陽はまたのぼる~☆第9回 »