« Around 40~注文の多い女たち~☆第1回 | トップページ | ラスト・フレンズ 第2回 »

ホカベン☆第1回

Still0230 業界最大手のエムザ法律事務所に就職した新米弁護士の堂本灯。

望んでプロボノという公共の利益の為に社会奉仕するセクションに配属されるが、そこは酸いも甘いも知り尽くしてやる気を失ってしまった先輩弁護士の杉崎とパラリーガルの倉木しかいない名ばかりのセクションだった。

Still0232 なんとか依頼を受ける事を認めてもらった灯は池上享子という女性の離婚問題を扱う事になる。彼女には真希という幼い娘がおり、親権を得る事を希望していた。
ところがある日、享子との面談中に彼女の腕にDVの痕を見つけてしまった灯は夫の和彦を告訴するよう勧める。しかし享子は執拗に告訴を嫌がった。早く夫と離婚をして娘を引き取りたいと言う。
釈然としない思いの灯だったが、ある日和彦側の代理人の申請で娘の真希が連れ去られてしまった。結局、弁護士に頼ったのが間違いだったという享子に役立たず呼ばわりされ、追い出されてしまう灯。

Still0231 そしてショッキングな事件が起こる。。。。

お話的には面白いんですが、気分が暗いですね~(笑)
新米が一人前になっていく過程のお話ですから、甘ちゃんキャラは仕方ないんですけど、この灯はどうかなぁぁぁ~(笑)
わたしが依頼人だったら灯には弁護を頼みたくないかも。
仕事の相手の前で号泣するタイプはちょっとね~・・・・・(苦笑)

Still0234 今後どうなるのか、様子見です。

|

« Around 40~注文の多い女たち~☆第1回 | トップページ | ラスト・フレンズ 第2回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2008年」カテゴリの記事

コメント

私も~。。。
私が依頼人だったら、接見で泣いちゃうような女イヤだ。
まぁ、新人だから一生懸命やるって言うのはあるでしょうが。。。

私も様子見です。

投稿: くう | 2008年4月17日 (木) 00時29分

くうさん

なんか微妙ですよね~(笑)
これからなんでしょうけど、良い役者さんを使ってるのに
なんだか巧く回ってないような気がします・・・。

来週以降、期待してみましょう。

投稿: せるふぉん | 2008年4月17日 (木) 01時44分

私もパス。
こんな新人を一人で担当させる事務所もどうかと。。
北村一輝さんが素敵でした。

投稿: myu | 2008年4月17日 (木) 18時54分

myuさん

ちょっと表現が極端すぎですよね^^;
事件そのものも、すごい展開だし(笑)
もう少し地味でも現実味のあるストーリー展開で
コツコツいって欲しかったなぁ。。。

投稿: せるふぉん | 2008年4月18日 (金) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/20302141

この記事へのトラックバック一覧です: ホカベン☆第1回:

» ホカベン 第1話 理想と現実 [レベル999のマニアな講義]
内容司法修習を終えたばかりの新米弁護士・堂本灯。憧れの女弁護士のいる、大手弁護士事務所・エムザ法律事務所に入所する。そして、弱者救済を夢みてプロボノセクションと呼ばれる、『公共の利益のための社会奉仕』をメインとする部署に配属される。が、、初日。先輩弁護...... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 23時47分

» ドラマ「ホカベン」第1話 [annyの日記]
新人弁護士堂本灯(上戸彩)やる気満々で法律事務所に 入社しましたが、なにやら空気が変! ん?弁護士がこれで良いのか? ってな感じの雰囲気で 杉崎(北村一輝)は何も教える気なし! とりあえず離婚問題を受け持つよう指示され 意気揚々! 依頼人の池上(富...... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 23時50分

» ホカベン 第1話:法は人を守らない!弁護士の理想と現実 [あるがまま・・・]
最悪なスタートじゃん(||゚Д゚)ヒィィィィ 新人弁護士には荷が重い案件だったようですねー。 まさか殺傷事件にまで発展するとは・・・ それにしても、ちょっと前までは弁護士は弱者を救済する正義の味方のように あたしも勘違いしてたんですけどねー{/ase/} だけど、ここ最近は裁判のニュースを見るたびに、裁判制度や依頼人さえ 守ればいいという弁護士さんが多いみたいで失望するばかり・・・ なので、ある意味このドラマのリアルさが見事というか、 逆に辛いというか・・・ 光市の母子殺人事件の判決が気になる今日... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 23時52分

» 「ホカベン」1話 [ice-coffee]
ホカホカの弁護士さんの堂本灯@上戸彩さんですが ここでもDVかいな〜〜水・木曜日と こりゃ〜〜大変だ〜〜・・・・・・・ [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 00時14分

» 【ホカベン】第1話 [見取り八段・実0段]
法律とは武器。人の命さえ堂々と奪える武器。依頼人が求めているのは同情ではなく勝つこと。弁護士に成りたてで、初めて持った仕事での失敗。必ず勝てる自信があった。必ず救えると思っていた。しかし、現実は甘くはなかった。子供は法律を盾に連れ去られてしまった。依頼...... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 00時35分

» ホカベン 第1話 [アンナdiary]
な〜んの予備知識もなく見た。 「上戸彩」と「ホカベン」ときたら お弁当?野球?あっ、あれはドカベンか ドタバタコメディーかと思いきや、弁護士の話なんだね(遅っ)しかし、重い(汗) ... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 01時22分

» 《ホカベン》☆01 [まぁ、お茶でも]
中嶋博行作、カワラニサイ画の同名漫画をドラマ化。弱者救済を目指して法律に希望を託す新米女性弁護士の闘いと成長を、リアルな事件とともに描く。阿相クミコほか脚本、佐久間紀佳演出。灯(上戸彩)は高校時代にいじめを見て見ぬふりをし、友人が自殺してしまったことから弱者救済を目指して弁護士になった。司法研修を終えた灯は、企業弁護をメーン業務とする大手法律事務所に就職。自らの希望で、公共の利益のために社会奉仕をするプロボノというセクションに配属され、法律の限界を知り尽くして情熱を失った先輩弁護士、杉崎(北村一輝)... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 05時09分

» 「ホカベン」第1話 [日々“是”精進!]
第1話司法研修を終えたばかりの新米弁護士・堂本灯が、ついに弁護士としての第一歩を踏み出す日がやってきた。灯が就職したのは、法曹界で最大手といわれるエムザ法律事務所。エムザのメインの顧客は、個人ではなく企業。だが、灯が自ら望んだ先は、プロボノと呼ばれるセ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 10時40分

» ホカベン 第1回 感想 [ぐ〜たらにっき]
『法は人を守らない!弁護士の理想と現実』 [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 17時41分

» ホカベン [のほほん便り]
ヒロインは「今、青春・成長物語なら、この人!」な感の、上戸彩 若い希望に燃えて、弁護士に。 周囲から「…変わってる…」と見られつつも、志願して、配属された先はプロボノ 法律に携わる人が無報酬で行う事業・活動をおこなうところ、だそうです。(このあたり、何か事情がありそうですね) しかし、部屋の人間は、なんとも、やる気のないグータラで、クセモノな先輩ばかり。 でも、変化球な役どころを演じたら、天下一品の北村一輝と戸田菜穂 まさに定石通り、最初は「現実は甘くない」、「熱血が空回... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 18時23分

» ホカベン 第1話「法は人を守らない!弁護士の理想と現実」あらすじ [テレビドラマレビューブログ:ドラマニア]
ホカベン  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 司法研修を終えたばかりの新米弁護士・堂本灯(上戸彩)が、ついに弁護士としての第... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 20時56分

» 『ホカベン』第1話「法は人を守らない!弁護士の理想と現実」メモ [つれづれなる・・・日記?]
日本のスイッチでお世話になっている「『ダメなものはダメ』日記」のだっしーさんご推奨(と言ってもキャストにはご不満見たいですが(笑))ということで、チェックさせていただきます。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 00時38分

» ホカベン第1話(4.16) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
新人弁護士堂本灯@上戸彩が現実を思い知らされていく中で成長していく話・・・かな? また上戸彩主演かと、冷ややかに観てたのですが、結構、面白かったです、 ストーリー展開は『弁護士のくず』と同じではありますが。 灯の熱意が依頼人を救うという安直なストーリーに...... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 01時17分

» 《ホカベン》☆01 [まぁ、お茶でも]
中嶋博行作、カワラニサイ画の同名漫画をドラマ化。弱者救済を目指して法律に希望を託す新米女性弁護士の闘いと成長を、リアルな事件とともに描く。阿相クミコほか脚本、佐久間紀佳演出。灯(上戸彩)は高校時代にいじめを見て見ぬふりをし、友人が自殺してしまったことから弱者救済を目指して弁護士になった。司法研修を終えた灯は、企業弁護をメーン業務とする大手法律事務所に就職。自らの希望で、公共の利益のために社会奉仕をするプロボノというセクションに配属され、法律の限界を知り尽くして情熱を失った先輩弁護士、杉崎(北村一輝)... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 06時02分

« Around 40~注文の多い女たち~☆第1回 | トップページ | ラスト・フレンズ 第2回 »