« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

おせん 第2回

Still0064 一升庵に戻ったものの、雑用ばかりでまたまた不満モード爆発の江崎。そんなところへ先代女将の千代がやってくる。目的は味噌作りの為だったが、江崎を見た千代は何でこんなやつに5万も払ってるんだ、と手痛い一言を。

今年の味噌はヨッちゃんさん印だ、と張り切るおせんの気持ちを理解しきれない江崎は偶然会った高校時代の先輩、岡本にグチる。

Still0066 Still0067 大豆をより分ける仕事をおせんと共にやっていた江崎だったが、徹夜でやったものを再びやり直させられ寝不足のせいもあってか、おせんに八つ当たりしてしまう江崎。
江崎はまたまた一升庵を飛び出してしまった(ひょっとしてこれ、毎回あるわけ? ^^;)

 

Still0065 毎回毎回、江崎もしつこく反発し続けますね~(笑)
出戻ったわけだから、腹くくりゃーいいのに何であそこで自分の意見が出ちゃうかなぁ。。まずは無言でひたすら頑張る時期だと思うんだけどね・・・。

  

Still0068それにしても、おせんの部屋も着物もセンスいいわぁ~。
わたしも一升庵に住みたい(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (11)

X-Files : I Want to Believe.

080327 アメリカでの公開を待つばかりになったXファイル映画版第2弾。

タイトルも色々噂が流れましたが、なんとまあベタというか、基本中の基本というかモルダーのオフィスに貼られている(ついでにわたしの会社のパソコンの壁紙である)彼の哲学ともいうべきフレーズ「I Want to Believe」が正式にタイトルとして決定。

長い間映画第2弾を待つ身として「I Want to Believe」を毎日眺めていましたが、撮影も終了しまずは北米での公開を待つばかりとなりました。

しかし・・・・
なんで日本は11月29日なの・・・
ロッキーに続いてまた恨みが増えそうだわ、FOX・・・・(くっそぉぉぉMulderが同じ名前なのが今さらながら悩ましい)

それにしても、この時点で相当のネタバレを目にしてしまったわたくし
(ははははははは、そうよ、意志が弱いのよ←ヤケクソ)
あんな事やこんな事、そんな事まで起こっちゃうらしいよ(ああ、喋ってしまいたい)
11月29日までの間にストーリーの完全コンプリートを目にしてしまう自信がある!(ようするに海外サイトのネタバレの嵐に勝てる気がしない。てか、勝つ気もない 爆)

それにしたって後7ヶ月もどうやって待てと言うんだ・・・
長い、長すぎるッ!

Mulscu0014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Around 40~注文の多い女たち~☆第3回

Still0040 Still0039 ある日、聡子のもとに声が出なくなった俊という男の子がやってくる。子供の精神科での診察には保護者の同意が必要だと考える聡子は親とくるよう言うが、それでも俊は一人でやってきてしまう。
どうも岡村になついたようだが、勝手な行動はトラブルのもとだ、と聡子から注意を受ける。にも関わらず俊と会い続ける岡村。

ある時、病院で待っているはずの俊が姿を消し、心配した岡村は小児科のカルテをもとに俊の自宅を訪ねる。俊は自宅にいたが室内は酒のビンだらけ。俊の様子もおかしい。彼Still0041 の家庭の事情を察した岡村は困った事があったら連絡してくるように、と携帯の番号を教える。俊の自宅を訪ねたことで聡子に責められる岡村。そしてその時、俊から連絡が入り。。。

  

だんだんとドラマのリズムが変わってきたような感じです。
心理士としての岡村を評価し、彼を辞めさせないよう懇願する聡子を見る岡村の目もだんだんと変わってきていますね。

Still0042

ふ・・・・っ。あんた、惚れたでしょ(笑)




しかし何故かここに絡んでくるのが瑞恵。
若いキャピキャピギャルじゃないのが、フジッキーも年を取ったという事なのか・・・(どういStill0043 Still0044 う意味だ 笑)それにしても、岡村と聡子が並んでるとカッコイイ男が二人いるみたいなんだけど、これはどうしようもないよね(♪す~みれのは~な~~♪)

| | コメント (4) | トラックバック (12)

ラスト・フレンズ 第3回

Still0030 宗祐の美知留に対する暴力を見てしまった瑠可。
その場にきたタケルが宗祐を止めたが、椅子が倒れただけだとごまかす。そんな宗祐にタケルも違和感を感じていた。

後日、美知留をランチに誘った瑠可は宗祐の暴力について聞き出そうとするが、ただのケンカだと言い訳する美知留。父親の暴力を見ていたんだからわかるはずだ、と言う瑠可に自分は今まで誰かに愛されてると感じた事はなかったが、宗祐には愛されていると感じると反論する。その言葉にショックを受けた瑠可はもう何も言わない、と席を立ってしまう。美知留を心配する事はもうやめよう、と思う瑠可。

Still0031 Still0032 店で担当を任されるようになってきた美知留は張り切るが、店の外に姿を見せる宗祐に動揺する。遅く帰る事も許さない、男の客も許さない、という宗祐の為に定時で帰り、男性客は相手をしないと店長に頼んだ美知留は呆れられ、客の相手もしなくていいしカットの練習もしなくていいと言われてしまう。

ある夜、眠れない美知留が高校の卒業アルバムを見ていると、それを宗祐がジッと見ていた。宗祐はアルバムの瑠可の顔をマジックで塗りつぶしてしまっていた。それを責める美知留に、瑠可は女じゃないと言い切る宗祐。
Still0034 Still0033 美知留を元気づける為に瑠可が彼女を夜中連れ出していたのを宗祐は感づいていた。瑠可は男の目で美知留を見ている、だから二度と会うなと言われてキレてしまう美知留。そして・・・・

  

これでDV彼氏と別れる事になるのかな?美知留は。。。
しかしこの手の人間は普通に別れようったって難しいからね~。ここまでいっちゃったら警察に届けるのが一番いいんだろうけど、逮捕してくれるわけじゃないしね。
それにしても今日気づいたんだけど、主要メンバーのうち3人がのだめキャストじゃん(笑)
Still0037 Still0036 暗すぎてちょっと気が滅入るけど、来週もまた見てみます~。

| | コメント (4) | トラックバック (18)

ホカベン☆第2回

Still0029 池上享子と接見した灯だったが、享子の頑なな態度は変わらない。夫も入院している為に娘の真希が養護施設に入ったままになっていたのを灯が一時的に引き取ることになる。
ところがその夜、灯と母親の美代子の間で、明日どちらが真希のために仕事を休むかで口論になった。部屋に戻った灯の手を取る真希。そして驚くべき事実を告げる。

享子が何故、夫と別れたかったのか、何故夫を刺したのか。
すべてを知った灯は享子との接見に向かうが、享子はそれでも事実を隠そうとする。真希の将来の為にどうしても真実を告げる事はできない、自分達の事は放っておいて欲しい。そういう享子に灯はある事を決意する。

  
Still0027 Still0026 先週とはうってかわって面白かったです。(笑)
今までやる気なしモード一色だった杉崎も協力して(?)くれ、弁護人としてではなく、証人として法廷に立った灯。なるほど、考えたなぁ~って感じですか。
しかし、この享子って母親もイマイチよくわかんないです。
娘が虐待されてるってのに、その事実を世間に知られたくないから、その虐待の張本人である父親に引き取られても構わないなんて。。。。(意味わかんない)
こういう場合、世間の中傷から守る為に別の氏名が与えられるんですね。。。へーっ、知らなかったあ。
それにしても、北村さん・・・・あまりに美しすぎませんか・・・・(笑)

やっと解決・・・と思ったら、また次の事件が起きましたね。次週を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

おせん 第1回

Still0018 時代の流れとは全く違う時間の中にあるような「一升庵」

東京の下町にあるこの料亭にやってきた江崎ヨシ夫は時代に流されたくない、と一から修行するつもりだったのだが、自分が知っていた先代の女将はもう引退しており、今は「おせんさん」と呼ばれる半田仙が女将を務めていた。

食材をムダにしない料理方法を見た江崎は従来通りの料理法とはまったく違う一升庵に疑問を持ち始め、始終酒の臭いをプンプンさせて二日酔いばかりなのに、ぽんと200万も出して水桶を買ってしまうおせんに、かなりの不信感を募らせる。

Still0021 Still0020 結局わずか数日で一升庵を辞めてしまう江崎。
そんな時、常連のクッキングスクール校長である木下にスピードクッキングのカリスマ料理家と料理対決するよう要請されるおせん。

  

うーーーーん、 いいっ!! (笑)

Still0022 Still0019 おせんの着てる着物、いいねぇ~。蒼井優もめっちゃ可愛いし☆
この江崎のキャラにはもうひとひねり欲しいところだけど、今後に期待♪ってことで(笑)
自分の仕事の流れでおせんを勝たせる事ができなかった木下だけど、だったら何で最初からおせんを無理矢理対決させたのか・・・・?
(ま、それを言っちゃドラマにならないんだけどねsweat02

Still0024 それにしても、時代に流されないのはいいけど・・・・おせんて・・・アル中?

| | コメント (4) | トラックバック (16)

猟奇的な彼女☆第1回

Still0017 うーーーーーーーむっっっっ!!

やっぱり ダメ! (笑)

もうこういう女性キャラは前回のりっちゃん先生でたくさん!

たぶん初回で挫折ですっ。

Still0010 正直言って上川さんが出たから見ました(ええ、ほんとです)

少しでも予想していたのと違うストーリーだったら良かったんだけど、こういうワケわかんないギャンギャン吠えまくる女性キャラは同性として恥ずかしくなるので、見ていて不愉快なだけですね。

反対にどうしてこういう優柔不断な男性キャラばかりなんでしょう。
今の時代を反映してるなら、ある意味まさに終末的ですね。

Still0015 とりあえず本文と関係なく上川さんの画像入ってます(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (9)

Around 40~注文の多い女たち~☆第2回

Still0003 臨床心理士としてやってきた岡村とあまりしっくりいかない聡子。

職場で開かれた歓迎会でも「ケチじゃなくてエコ」を連発し、場をしらけさせる。ある日、病院で経過を見守っていた患者が岡村の指示で職場に連絡を入れたと聞き、驚く聡子。実はその患者の事は慎重にいこう、と話し合ったばかりだった。
背中を押す事は大事だ、と主張する岡村だったが、結局この患者は後日また病状が元に戻ってしまう。

Still0004 一方、出会いを求めて結婚相談所に入会し、色々努力をしてみる聡子だったが、医師としてのキャリアよりも39歳という年齢でひっかかってしまい、思うような出会いがない。
そんな時、奈央がある弁護士を紹介してくる。
奈央の結婚式の時、聡子を見かけて気に入ったというのだ。弁護士という職業に加えて、大島のルックスや雰囲気に舞い上がってしまう聡子。

Still0005 Still0006 その頃、瑞恵も家庭内の事で悩んでいた。息子や亭主が勝手な事ばかりしていて家庭の中が殺伐とした雰囲気になってしまっていた。そんな時、目にした悩み相談室の広告記事。

後日、聡子と瑞恵がマーくんのレストランで食事をしていると奈央が大島を連れてやってくる。噂の大島の登場に興奮する瑞恵。大島は結婚を前提に聡子と付き合いたいと言う。一気に盛り上がりムードだったのだが、大島の一言で聡子の態度は一変する。聡子の変化にいち早く気づいた奈央はよく考えるよう促すが、仕事だけでは女性は幸せにはなれない、という大島とは将来を考えられない、と言う聡子。
結局、この話はなかった事になってしまい、がっかりの奈央。

そして瑞恵は心の相談室を訪ねるが、なんとそこにいたカウンセラーは岡村だった。

  
Still0007 前回よりは面白かったかなぁ。
しかし、あの一言で交際を断ってしまう聡子にはちょっと笑ってしまいました。確かに少し失言だったかもしれないけど、あれであの大島さんの人格を決め付けちゃうのはどうだろうね~(笑)
最初から完璧な組み合わせなんてないんだから、付き合いながら自分の気持ちを知ってもらえばいいんでないのかね~~。別に年齢を卑下する事ないけど、あそこまで頑なだとうまくいくものもいかなくなっちゃうんじゃないかなぁぁぁぁ。

それにしても、なんだか瑞恵が気の毒だけど、ある意味ああなるのは前々からわかってるStill0009 Still0008 事なんじゃないかな。自分だけでイライラして空回りしちゃって。やっぱりどう見ても聡子の方がいいご身分だよね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (11)

パズル☆第1回

Still0002 遅くなりましたが、サクッといきます(笑)

ぶっちゃけこれってTRICKの二番煎じですか!?(こらこら)

主役の鮎川のキャラが山田と違って周囲からのウケがいいって事が違うくらいで、ストーリー展開や効果音もTRICKそのもの(笑)

最初は面白く観てたんだけど、なんか段々ビミョーな感じに・・・・(苦笑)

もう少しヒネリがないとつまらないかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ラスト・フレンズ 第2回

Still0235 皆さんの感想がなかなか評価が良かったので見てみましたが・・・・・

なんだこりゃあ!?

ようするにあの瑠可ってのは、美知留を好きなわけね。で、美知留が付き合ってるのはDV男・・・と。うーーーーむ、なんなんだい、この複雑すぎる設定はぁぁ!?

タケルってやつは、どうやら瑠可を好きみたいで。。。
ふーん、モテるんだね瑠可って(笑)

あまりにすごいキャラ設定なので今後どこまで展開しちゃうのかわかんないですけど、とりあえず美知留はあのDV男とは別れた方がいいね。
てか、なんで一緒にいるんだ!?

結果的に美知留はお腹が大きくなってるみたいなので、誰かの子供を妊娠するわけね。。。う~ん、なんだか波乱なエピを盛り込みすぎも疲れるけど、とりあえず何回か観てみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

ホカベン☆第1回

Still0230 業界最大手のエムザ法律事務所に就職した新米弁護士の堂本灯。

望んでプロボノという公共の利益の為に社会奉仕するセクションに配属されるが、そこは酸いも甘いも知り尽くしてやる気を失ってしまった先輩弁護士の杉崎とパラリーガルの倉木しかいない名ばかりのセクションだった。

Still0232 なんとか依頼を受ける事を認めてもらった灯は池上享子という女性の離婚問題を扱う事になる。彼女には真希という幼い娘がおり、親権を得る事を希望していた。
ところがある日、享子との面談中に彼女の腕にDVの痕を見つけてしまった灯は夫の和彦を告訴するよう勧める。しかし享子は執拗に告訴を嫌がった。早く夫と離婚をして娘を引き取りたいと言う。
釈然としない思いの灯だったが、ある日和彦側の代理人の申請で娘の真希が連れ去られてしまった。結局、弁護士に頼ったのが間違いだったという享子に役立たず呼ばわりされ、追い出されてしまう灯。

Still0231 そしてショッキングな事件が起こる。。。。

お話的には面白いんですが、気分が暗いですね~(笑)
新米が一人前になっていく過程のお話ですから、甘ちゃんキャラは仕方ないんですけど、この灯はどうかなぁぁぁ~(笑)
わたしが依頼人だったら灯には弁護を頼みたくないかも。
仕事の相手の前で号泣するタイプはちょっとね~・・・・・(苦笑)

Still0234 今後どうなるのか、様子見です。

| | コメント (4) | トラックバック (14)

Around 40~注文の多い女たち~☆第1回

Still0222 遅れ馳せながら「Around40」の感想でーす。

緒方聡子は39歳独身の精神科医。
後輩の奈央(35歳)やマーくん、瑞恵(39歳)などに囲まれて楽しい独身生活を謳歌している。周囲から見ると医者としてのキャリアも積み、今さら結婚する気などないのだろう、と思われがちだが本人的には「いつか」結婚して子供も産む気らしい。

Still0220 Still0223 ある日、瑞恵と共に出席した同窓会で自分が可哀相だと思われていると気づいた瑞恵は「いつか」と思っていた結婚などについて多少考えるようになる。
そんな時、独身宣言していた奈央が自信満々だった仕事からはずされ、かなり落ち込む。いつも自分一人で訪れている温泉に奈央を連れて行った聡子はホテルのロビーで変わった男性を見かける。恋人と同伴だったのだが、お土産品を入れるビニール袋をもらったもらわない、で口論となりエコの方が大事だ、と恋人とあっさり別れてしまったのだ。

それからほどなくして奈央が結婚宣言。
聡子はじめ皆驚くが、それで本当に幸せなのかと奈央を問い詰めてしまう聡子。

Still0226 Still0228 奈央の結婚式後、いつもの温泉でいつものように過ごした聡子だったが帰りの新幹線に乗り損なってしまう「置いてかないで~」と叫んでホームのベンチで号泣してしまう聡子。そんな聡子を見つめている一人の男性がいた。。。。

  
なんか期待していたのと、ちょっと違うかなぁぁぁぁ。
なーんにも考えずに40を迎えようとしている呑気な女性を天海祐希が演じているのですが、きちんと医者という職業も持っているし、年を取ったという危機感を持たずにここまできてしまった・・・・というキャラとしては、ちぐはぐな感じ。
精神科医として一人前になるにはこれくらいの年齢になってしまうのは仕方ないし、自分が相手を選べない状況になっている自覚がない・・・・というところをクローズアップするのは何だか妙な感じがしてしまうんですよね~。

Still0229 フジッキー演じるエコ男がどう絡んでくるのかわからないですが、まあこの二人がイイ感じになるのかな~とは思うので、とりあえず今後を見守りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (16)

踊る大捜査線The Movie 3

先日、東京湾岸署の開署式で明らかになったOD3の製作ですが、主演の織田裕二のスケジュールの都合などもあり、撮影開始は来年になる模様。

なんにしても楽しみがまた一つ増えましたね~。

祝!!OD3始動!!!

ただ、ファンの皆が注目しているのが和久さんの存在。亀山Pもその事には触れている様子なので何らかの形で登場する可能性が高いようですね。

青島くんとすみれさんもどうなってるんだか・・・・。
数年がかりでキャビア喰いに行くんだもんね。
5年経ったから手でもつないでるかな(爆)

51zsv01qrvl_ss400__2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DAIHATSU ドラリオン

Dralion01_2 先日、最終日を迎えたドラリオンですが、その前日観に行ってきました。最終日には小倉智昭さんが来たみたいですね~。ううむ、ちょっと残念(笑)

感想は・・・・・・う~ん、う~ん・・・・。
もちろん素晴らしいんですけど、う~ん、なんていうのか・・・・。

だいぶ以前にテレビでサルティンバンコの映像を観た事があったのですが、なんだかその時の印象とだいぶ違ったかなぁ。
今の時代、色々な映像やら画像が氾濫していますからね・・・。なんか感動ボケというのか、美しいものに対して鈍感になってるというか、慣れすぎてるのかなぁぁぁ。

残念ながらわたしにとっては、きらびやかな雑技団という感じでした。道化パフォーマンスもちょっと多すぎたような気もするし(まあ面白かったんですけど)

それにしても驚いたのは東京ディズニーリゾート内にシルク・ドゥ・ソレイユ専用の劇場が設けられるとか。なんでも今年の10月からそのサービスがスタートするとの事ですが、ものすごい提携のもとに成り立ってる企画ですね~、いやはや・・・・。

わたしが持ってたシルク・ドゥ・ソレイユのイメージとドラリオンは、ちょっとだけ違ってたようですが、この団体の持つショースタイルはまだまだたくさんありますから、機会があったら別のパフォーマンスを観てみようかな~と思います。

で、来年は「コルテオ」だそうですね。
ドラリオンは土着的なイメージでしたが、コルテオはちょっと幻想的な感じかも。わたしの持ってたシルク・ドゥ・ソレイユのイメージに近いような気がするので、経済的に余裕があれば(笑)行ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SP スペシャルアンコール 特別編

Still0198 SPスペシャルアンコール特別編。

う~む、ものの見事に総集編でしたね(笑)

まあ以前からそのような事は発表されてたので予想通りというところでしたけど、公安が総理の警護関係者を疑って取り調べしていたのはよくわかりました。
ようするに、最終回からの続編じゃなくてラストのシーンに向かっての補足・・・という感じですかね。

Still0205 Still0199 連ドラに関しては既に記事を掲載していますので、そちらを参考になさってください。
(サイドバーのカテゴリーで堤真一をクリックしていただくとSPレビューも出てきます)

今回のスペシャルは井上がSPになるところから順序だてて編集されていたので、わかりやすい内容にはなっていたと思います。

Still0207 山西の言ってた言葉がそのものズバリでまたしても苦笑してしまいました。

俺は20年近く塀の向こう側にいたが久し振りにこっち側に出てきてビックリしたよ。
こっちは20年前と何にも変わってなかった。
いや昔よりもひどくなってるようにも思えたよ。
俺の言いたい事がわかるか。
20年の間にてっぺんにいるやつが何度も入れ替わったはずなのに何にも変わってなかったんだ。
これまでもこれからも同じような頭がすげ替わっていくだけで何にも替わらないんだよ。

まったく仰るとおり!!(笑)

Still0204 Still0201 奇しくも同じ制作者による「踊る~」の和久さんが言ってたように「正しい事をしたければ偉くなれ」 上にいかなければどんなに問題意識を持っても意見自体をもみ消されて終わり。それが嫌なら自分と同じ意見の、しかも周囲との摩擦をいとわない気概のある者を集めなければならない。それも非常にたくさん。

Still0211 ある意味、尾形はそれを実践しようとしているのかしら~。
しかしあまりに極端すぎでしょおぉぉぉ~(苦笑)
まあドラマだから仕方ないんだけど(こればっか)

尾形がどういうつもりで井上を引っ張ってきたのか、本当はどういうつもりで接していたのか。井上が両親を刺殺された事件で尾形が思った事はなんだったのか。
その辺が知りたいよなぁ~。
井上を最も理解している人だと思ってたのに、あれであの展開はひどいわぁぁぁぁぁ(ある意味、本宮さんその他の人たちに騙されたわぁぁぁぁ)

つつみんを悪役にしないでぇぇぇぇぇ (結局そこかい  笑)

Still0216 Still0217 て、事で映画化だそうです(やっぱりね、と思った人多いですよね)
井上と尾形の対決でエンドなんて話にはしないで欲しいなぁ。
だって、ガリレオでも犯人役なんでしょう、つつみんてば
(またしても、そこです。はい)

Still0218

ではではこの次のSPレビューは
劇場版「SP 警視庁警備部警護課第4係」公開後って事で。

 

| | コメント (2) | トラックバック (20)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »