« 斉藤さん☆第5回 | トップページ | 鹿男あをによし☆第4回 »

交渉人― THE NEGOTIATOR ―☆第5回

Still0108大企業の社長の息子である本橋和馬が誘拐された。

玲子ら交渉班の人間が本橋家に急行するが、和馬の母親は脅迫電話をしてきた女性の声に聞き覚えはないと言う。
だが、蓮見たちの調べで和馬が高校の担任である岡村小百合と一緒に帰って行くのを多くの生徒たちが目撃している事がわかった。犯人からの電話に母親を装い対応した玲子はその女性に向かって「先生」とカマをかける。
相手の女性は自分が岡村小百合である事をあっさり認めた。彼女は和馬を返して欲しければ3000万円用意し、母親一人で指定の場所にもってこいと言う。
Still0109 和馬の父の立場を考えれば身代金3000万円はそれほど高額でないと、桐沢は疑問に感じる。母親の芳江が一人で身代金を入れたバッグを指定の場所に持って行ったのだが、張り込みの刑事達の目を盗んでいつの間にかすりかえられており、その事を木崎と玲子に告げられた芳江は激昂する。
その様子から芳江が何か隠していると感じる二人。

Still0111 何か隠していると玲子に指摘され激怒し興奮状態に陥る芳江だったが、木崎に全てを正直に言うよう諭され口を開く芳江。「違う・・・・」その答えにいぶかしげな表情を見せる木崎と玲子だったが、芳江の「岡村先生が殺される!」と言う告白に驚く二人。
そして和馬の部屋にある隠し部屋に踏み込んだ二人が見たものは・・・・。

  

だんだん面白くなってきました~(笑)
和馬が狂言誘拐を仕組んだのは最初からわかっていましたが、話の展開がなかなかイイ感じでした。玲子と真里谷との関係もだんだんと明かされてきて、桐沢はじめ木崎たちがその事件に絡んでいた事もわかりましたね。
やっと交渉班の人間達に認められ始めた玲子でしたが、その玲子が何故交渉班に配属を強く望んだのかが明らかになってくる感じですね。そして真里谷が絡んだ本題へと突入していく予感。

なんか以前フジでやってた「沙粧妙子」を思わせる雰囲気。
まあ沙粧自体はツインピークスやレクターなんかも意識して作られていたドラマだと思うので根っこの部分は全然違うんでしょうけど、真里谷がレクターっぽいのは事実ですもんね。

Still0113玲子の交渉班の連中への感情は復讐なのか、自分を認めて欲しいだけなのか。。。
今後も楽しみに見られそうです。

|

« 斉藤さん☆第5回 | トップページ | 鹿男あをによし☆第4回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/10321425

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人― THE NEGOTIATOR ―☆第5回:

» 交渉人~THE NEGOTIATOR~第5話(2.7) [まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)]
今回、宇佐木@米倉涼子が関わったのは、誘拐事件。 誘拐されたのは、大企業の社長である父親を持つお坊ちゃま。 誘拐犯は、お坊ちゃまの通う高校の女教師@井上和香とすぐ判明。 女教師は多額の借金があり、犯行当日に辞表を提出していた。 でも、実際の黒幕は、誘...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 02時38分

« 斉藤さん☆第5回 | トップページ | 鹿男あをによし☆第4回 »