« 貧乏男子 ボンビーメン ☆★ 第3回 | トップページ | 交渉人― THE NEGOTIATOR ―☆第4回 »

斉藤さん☆第4回

Still0036 今回のお題は「ゲーム」

ゲームを与えない主義の斉藤さんと、それに賛同する若葉は子供に今流行っているGSVを与える気はない。そして幼稚園でそのゲームが無くなる事件が起こる。

結局、下駄箱にゲームが戻されたので一件落着かと思われたが、いつものように斉藤さんはこのままうやむやに事を済まされるのはよくないと言い出す。

  

今回の話題は・・・・・。どうなんだろうね、ゲームに限らずこんな話、よくある事なんでないかな~。何より不思議なのは三上にしても斉藤さんにしても、この問題を子供の問題ではなく、親同士の問題にしてしまっている事。
三上も斉藤さんも、ちょっとずつ間違ってると思うんですけど、どうなんでしょうかね??
これは親が考え、親が動くよりも、当の子供に考えさせ、行動させる問題。まあ、この役に立たない幼稚園がやるべき事をやらないのが問題なんでしょうけど、その幼稚園に好き好んで通わせてるわけだから仕方ない。。。。

Still0035 幼稚園くらいの年代で、こんなに母親が大騒ぎするもんなんだぁ~~と、今日はまた新鮮な気持ちで観ていましたよ(笑)
我が家のせがれが通っていた幼稚園はこの「こばと幼稚園」とは180度違う方針と環境を持っていまして、そのあまりに特異な環境にお勉強中心が大好きなお母さんたちからは「山ザル」と呼ばれていました(あはははははは)

卒園してからもう何年も経ちましたが、先日、ちょっとした事でせがれがこの潤一くんと同じような立場になった事があります。嫌な言い方をすると被害者だったのですが、学年中の騒ぎになってしまい、教室の中でただ一人勇気を出して嫌な事を話さなければならない自体になってしまったのですが、彼はちゃんとこの事件を乗り切りました。
普段は気の弱そうな子なのですが(ここはわたしに似なかったらしい・・・笑)、こんな強さがあるとは正直驚きました。
三つ子の魂百までも・・・・。園長の顔を思い出しますね。。。ちゃんと教えてもらった「山ザル魂」は何年経ってもきちんと根付いていたわけです。

だから・・・ってわけじゃないですが、三上のような考え方って普通っぽいようで、結構危険だと思います。この大人的なことなかれ主義を何にも染まっていない子供達の社会に持ち込んではいけないと思うんですよね。
きちんとした知識や常識を学んで、大人になって色々もまれた結果、そういう考えを持つのであればそれはそれで仕方のない事ですけど、山アリ谷アリの人生を歩んできた結果持つようになった意見を幼稚園の子供にあてはめちゃうって、どうなんですかね。

彼らは小さいけど、彼らなりの考えがあるし、なければおかしい。
基本的に幼稚園と子供の話し合いで普通に解決がつく事なのに、親が土下座して謝るような自体ってある意味異常ですよね。
Still0037 なんだか過剰に反応しすぎなドラマ。ってのがわたしの感想ですかね(笑)
良くも悪くも子供をいじくり過ぎちゃいけないと思います。

|

« 貧乏男子 ボンビーメン ☆★ 第3回 | トップページ | 交渉人― THE NEGOTIATOR ―☆第4回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2008年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/10161658

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤さん☆第4回:

» 斉藤さん:第4話 [日常の穴]
「お兄さんたちが万引きの仕方教えてあげようか〜」 市議会議員の息子、まだ生きてたのかよ(笑) と、今回は子供とゲームと、そして万引きのお話。 今も昔も変わらないねえ。 ゲームは、やり始めるとのめり込んでしまうから性質が悪い。 しかもそれに費やした時間に見合うだけのリターンもないし。 親が子供にゲームを与えたくない気持ちはよくわかる。 遊びなんて、ほかにもいくらだってあるし。 しかし、子供は他人の持ってるものが欲しいし、仲間はずれにされたくない。 大人なら我慢することもで... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 23時36分

» 斉藤さん 第4話:子供にこびるな!聖夜に舞い降りた奇跡の贈り物 [あるがまま・・・]
顔が見えな〜い!(*・ε・*)ムー 斉藤さんのダンナさんはこのまま顔を伏せたまま?{/ase/} 斉藤さんから潤一くんへのクリスマスプレゼント、粋だね〜{/onpu/} てか、あの雪はどうやって降らせたの?{/win_snowman/} 今回は、園児達に大流行のポータブルゲーム“GSV”が紛失する騒動。 子供がほしがるから・・・という理由で、多くの保護者が子供にゲームを 買い与える中、斉藤・真野・中村家では、ゲームは買わない主義。 とはいえ、どの家庭でも子供達はゲームをほしがってる様子。 なので、... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 13時55分

» 斉藤さん 四話 [Simple*Life]
を見た。 小さいときに、自分の気持ちのままに行動する。 これはどういうことになるのかわからない場合もあるし、 悪いこと?とある程度わかっててやってる場合もある。 でも知らないから子供なんだ。 このころの子供だったら、「ごめんなさい。」で十分済む話 で...... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 14時53分

» 「斉藤さん」第4話 [fool's aspirin]
ちょっ…でっかい携帯ゲーム機ですな! 今回は単にゲーム機の是非という訳でなく、 「悪いことをしたら謝る」という人として当たり前なのに、 なかなかできなかったりすることを、斉藤さんがビシッと斬る! 斉藤さん 4 (4) (オフィスユーコミックス) 小田 ゆうあ JUGEMテーマ:エンターテイメント... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 16時36分

» 斉藤さんvol.4 [ita-windの風速計]
■斉藤さん脚本/土田英生出演/観月ありさ、ミムラ、佐々木蔵之介、古田新太高島礼子、北川弘美、濱田マリ、矢沢心、石橋杏奈山田親太朗、弓削智久、山口佳奈子、須藤理彩、鈴木美恵阿南敦子、佐藤真弓、出口結美子、池澤あやか、池田純高橋みなみ、谷端奏人、平野心暖飯...... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 17時38分

» 斉藤さん 第4話 クリスマスのウソと真 [レベル999のマニアな講義]
内容クリスマスが近くなり、斉藤さんたちの街の子供達の間では、GSVというゲームが流行っていた。ゲームを持っていない、斉藤さん家の潤一と真野さん家の尊。買わないという母ふたり。そこで、潤一と尊は、サンタさんに頼むと言い出すのだった。そんなある日、幼稚園で...... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 20時14分

« 貧乏男子 ボンビーメン ☆★ 第3回 | トップページ | 交渉人― THE NEGOTIATOR ―☆第4回 »