« 9日・10日の不在について | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第6回 »

女帝 第5回

Still0007 Still0006 死んだと思っていた直人が生きていた!

クラブ佐和で黒服をやっている直人と再会したものの、あまりに変わり果てた直人に驚く綾香。一方、アマンには独立した薫から開店パーティの招待がきていた。弘美ママはじめアマンのホステスたちは出席するが、その中に彩香もいた。再開した梨奈と薫に嫌がらせを受け、復讐心 を新たにする彩香。

そんな時、弘美ママに連れられてクラブ佐和を訪れた彩香は佐和が経営難に苦しんでいる事を知る。直人から佐和に移ってくれないかと懇願された彩香。しかし弘美の立場を考え、直人を諌める佐和。彩香は既にアマンの看板ホステスなのだ。
Still0003Still0004ところが弘美が突然、彩香を預かってくれないかと申し出る。自分の代わりに佐和に彩香を大物に育てて欲しいと言う弘美に、その気持ちを察して頭を下げる直人と佐和。

こうして佐和のホステスとなった彩香。数人のホステスと1名黒服が直人のスカウトで集まってくるが、その中に銀座の魔女と呼ばれているエリもいStill0009 た。奔放で気まぐれな雰囲気とはうらはらに明るく気さくな性格のエリに心を開いていく彩香。そんな彩香を慕って再び店を移ってきた美樹と共にクラブ佐和再興のために頑張ろうと誓う彩香だったが、なかなかお客が戻ってこない。直人も相変わらず彩香に冷たい。困惑する彩香に佐和は何故直人がこの店の黒服になったのか打ち明ける。

Still0012 Still0011 直人の営業が実を結んで大物のお客達がどんどん来店してくる中、大沢も映画プロデューサーの高須を伴って姿を現す。大沢とのツーショットをスポーツ新聞に載せられた彩香は動揺するがそれはかつてこの店に世話になった高須の義理返しだった事を知る。新聞記事を読んだお客が彩香目当てにどんどん来店し久しぶりに活気づくクラブ佐和。
ところがそんな時、大沢が渡米する事を知る。アメリカ文学を自分の原点とする大沢はアStill0013 メリカに自分の活動の拠点を移す事にした、と彩香に語り別れを告げる。
大沢を失ってひどい孤独感に襲われた彩香は更に野心を燃やして来店してきた尾上に色仕掛けで迫る。尾上が彩香の父親だと佐和から聞かされた直人は彩香の復讐心の深さに愕然とする。。

  

今回は弘美ママがカッコよかったですね~。
自分の店も苦しいのに、恩人である佐和と彩香の将来を考えて彩香を手ばなす決心をすStill0015 Still0014 る。でもなんだか佐和より弘美の方に迫力を感じてしまって、ちょっと佐和に「女帝」としての雰囲気を感じ取れないような部分もあるのが物足りないかな~。ありえない話の展開でものすごく面白い♪です。来週も楽しみ☆

|

« 9日・10日の不在について | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第6回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2007年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/7507157

この記事へのトラックバック一覧です: 女帝 第5回:

» 鈴木奈津子、ツーショット画像。 [鈴木奈津子、ツーショット画像。]
鈴木奈津子、ツーショット画像。 もう再帰不能か?鈴木奈津子疑惑の映像。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 17時54分

« 9日・10日の不在について | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第6回 »