« 地獄の沙汰もヨメ次第☆第1回 | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第1回 »

肩ごしの恋人☆第1回

Still0238_2 こちらは予想に反してちょっとイマイチな感じ^^;

山おんな壁おんなと選択を間違ったか!(笑)

輸入代行会社に勤めている萌は苦情処理ばかりをさせられているOL。主任という肩書きはついているものの、便利に使われている立場にうんざりしている。
幼なじみのるり子の3度目の結婚式に出席するも、るり子が土壇場で結婚をやめると言い出す。慌てる相手の信之。この男は実は萌の元彼で、その事で萌がるり子が恨んでいStill0239_1 るのでは、と結婚式当日になってからぐずぐず言い出したのだ。
呆れた萌が説得するのをやめ、それならやめれば?と言い出した途端に今度は結婚すると言い出するり子。どうやらこういうお騒がせで天邪鬼な性格らしい。

その披露宴に来ていたるり子の元彼で、彼女を振ったという柿崎に興味を持った萌はそのまま一緒にホテルへ。既婚者と不倫関係を持つ気はない萌はそれきり連絡を取らないStill0240_1 と宣言するものの、興味本位で2人をくっつけようとしているるり子の策略で再会する事に。
そんなある日、萌の会社にバイトの男の子がやってくる。
大学生だというそのバイトの崇をひょんなことから家に入れることになった萌。。。。

 *********************************************

とりあえず、第1回を見てみましたけど・・・
うーん、こういうくっついたとかくっつかないとか、女一人で悩みがどうとかこうとか、職場での立場が難しくなってくる年頃とか、正直あんまり興味がないジャンルなので来週から山おんな壁おんなに乗り換える可能性高し(笑)

脱ドロドロの米倉涼子ですが、ちょっとあまりにイメージにあてはまりすぎ・・・というか、通り一遍な感じで新しさを感じない。。。これでどう展開していくのかちょっと心配なところです。

|

« 地獄の沙汰もヨメ次第☆第1回 | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第1回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2007年」カテゴリの記事

コメント

私は山壁のほうを見ました。
フカキョンの胸にどきどきしました。
…いえ、おもしろかったですよ。
まあ一度見てみてください。

投稿: 緑あひる | 2007年7月 9日 (月) 00時33分

緑あひるさん

そうですか、やはりあちらを取るべきだったか。
ええ、来週はそっちに乗り換える予定です。
米倉は・・・今回はパスかな。

投稿: せるふぉん | 2007年7月 9日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/7053856

この記事へのトラックバック一覧です: 肩ごしの恋人☆第1回:

» 肩ごしの恋人 第1話 撮影裏話 [テレビドラマを3倍楽しく見る方法! ]
7月5日(木)TBS系 夜10時から始まる 『肩ごしの恋人』 肩ごしの恋人[:back:]2002年直木賞受賞作品 唯川 恵 それでは、第1話、行ってみよー。 6月2日(土)日比谷線駅12時集合、 徒歩で撮影現場のJRのガード下にあるお店 『もつ焼き トン太』へ移動。 エキストラで店内は熱気ムンムン。 まずは、早坂萌役の米倉涼子さんが入ってくる。 「おはようございまぁす。超満員ですね〜」 どっ、とウける ス... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 01時33分

» 肩ごしの恋人 [のほほん便り]
噂によると、現在。ドラマ全般が、「たいへんに苦戦してる!」とのこと… これ、狙い目としては、決して悪くない気がするのです。 オハナシ自体には、なかなかに味があるように思われるし、キャスティングも、決して間違ってない気がするのに…  関係者達には、たいへん申し訳ないながら、なぜか、印象として「…これは、かなり苦戦しそうだなぁ…」と感じてしまったのは、なぜ? 逆にハマりすぎて、意外性が無いのかなぁ? 演出やテンポ。台詞の関係なのでしょうか? むしろ、そちらの方に「なんでだろう?」と... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 09時07分

» 肩ごしの恋人 ドラマ|米倉涼子 主演 [肩ごしの恋人 ドラマ|米倉涼子 主演]
肩ごしの恋人 ドラマ|米倉涼子 主演 [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 17時54分

» 肩ごしの恋人 [肩ごしの恋人]
肩ごしの恋人のドラマ紹介 [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 22時17分

« 地獄の沙汰もヨメ次第☆第1回 | トップページ | 山田太郎ものがたり☆第1回 »