« バンビ~ノ!☆第8回 | トップページ | 喰いタン2☆第9回 »

わたしたちの教科書 第9回

Still0228 すごい怒涛の展開!!

とうとう山田加寿子がいじめられている事を認めた。
明日香が亡くなってからずっと続いているという。しかし彼女は誰にもその事を言わないで欲しいと珠子に話す。誰にも言わないと約束するが、両親には本当の事を話して欲しい、と言う珠子。そして明日から学校に行かないように、と話す。無理に行かなくていい、と言う珠子に安心したような表情を見せる加寿子。

Still0230 しかし裁判は珠子に圧倒的に不利になってきていた。
週刊誌には慰謝料目当てで不当な訴えを珠子がしているかのように書き立てられ、三澤の件で失敗して以来、めぼしい証人も見当たらない。
そこに戸板が、以前加地宛に置かれていたクラブのコースターに書かれた保管庫の暗証番号のコピーを取ってきて珠子に見せた。どうやら職員の中に味方がいるらしい・・・希望を持つ珠子と戸板。だが、その情報は直之たちにも伝わっている事だ。コースターを提供したのは誰なのか。珠子も学校側もそれを探っていた。

Still0231_1 Still0233 そんな中はじまった次の公判。
しかし今回珠子が証人申請した吉越は直之たちの差し金で出廷しなかった。コースターの一件は吉越だと思っている珠子は戸板に頼んで彼女を裁判所まで連れてきてもらうものの、彼女はそれは自分ではないと言う。
その頃、法廷では熊沢への証人尋問が終わり、彼が退廷するところだった。そこに飛び込んできた戸板は例のコースターのあるクラブに吉越を連れて行ったのは熊沢だ、と告げる。あわてて熊沢への追加尋問を申し出る珠子。直之は異議を唱えたが熊沢への尋問は始まった。

Still0237_2 Still0241 珠子の質問にかたくなな返答をしていた熊沢だったが、学校にいじめはあるのか、という問いに対して黙り込んでしまう。困惑する直之や雨木たち。
うつむいている熊沢に対して珠子は言う。
「学校にいじめがある事はそんなに怖いことなのでしょうか?」
教師がいじめの存在に怯えるから生徒もいじめを告白できないのではありませんか?教師がいじめを認めなければいじめは無くならないのではありませんか?
どうしてあるものをある、と言えないのでしょう。どうして間違っている事を間違っている、と言えないのでしょう。何に惑わされる事もなく借りてきた言葉でもなく、大人がただ本当の事を話す事。それこそが子供達の心の声を導き出す第一歩なのではありませんか?

Still0240 Still0242_1 じっと聞き入っていた熊沢が突然涙を流す。
そして以前、明日香が靴をはかずにいた事を話し出す。自分は靴を探してやり、ひどく汚れていたその靴を拭いてやり彼女の下駄箱に戻して置いた。自分が彼女にしてやった事はそれだけです。そう涙ながらに語る熊沢。
そして雨木が三澤に日誌を書き換えさせていた事、明日香のいじめについては自分が対応すると雨木が言っていた事などを告白する。
いじめはあったのか、という珠子に「当校にいじめはございます。」と認め、深々と頭を下げた熊沢。

Still0248 Still0249 Still0250_1

  
  

    

   
がっくりと肩を落とす直之、雨木。
愕然とする加地。
その彼らを鋭い視線で凝視する珠子。

Still0247_1なんだかビックリな展開でした~。
コースターの一件が熊沢のやった事とは意外でした。わたしはてっきりあのオタク先生だと思っていたもんで(笑)自分の娘の事で、やってもいない事で何故謝罪しなければいけないのか、と娘に指摘され「学校とはそういうものだ」と答える熊沢。先生のセクハラ行為が原因で熊沢の娘、桜はプチ家出を繰り返していたのか・・・・。てっきりただの非行少女かと思っていたんですが、彼女にはちゃんとした言い分と理由があったわけですね。。
そうですよね~、自分が悪いわけではないのに親が謝罪してしまったら荒れちゃうかもなぁ~。そんな事があったから珠子の問いに陥落してしまったのかもしれませんね~。

Still0246_1 でもねー、しつこいようですけど
いくら仕事だからっていくら勝たなければ職業として成り立たないからといって、あの加寿子がさらされている状況の温床を保ち続けるような行為をする事がメシのタネになるのだったら、そんなの捨ててしまえ、と言いたいですね。
依頼人の利益のために精一杯努力するのは認めるけれど、ありもしない事をでっち上げたり事実を隠蔽したりする事って真実を明らかにする事とは程遠いと思うんだけど。。。仕事だから仕方ない・・・って絶対おかしいでしょ、それ。その事のために子供が犠牲になって命を落とそうとしてるってのに、大人の都合で仕方ないなんて!
子供のいじめは絶対にあってはいけない事だけど、大人が仕事の為に犠牲者を作る事は生活の為だから仕方がない?それって仕方がないって言い訳の元で根っこは同じなんじゃないの??だって自分の都合だもんね、両方とも。
結局いい年の大人になっても、自分達の非を認めず色々な理由をつけて自分達を正当化しているだけ。。。オムツをしているような子供とやってる事は一緒ですよね。

Still0251 ようするに学校側はいじめっ子の味方という事ですよね、このドラマの場合。学校と弁護士が一緒になっていじめをする事自体を推奨しているわけです。恐ろしいよね、ホントに。

来週はなんだか更に泥沼っぽい感じですね。。

|

« バンビ~ノ!☆第8回 | トップページ | 喰いタン2☆第9回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆2007年」カテゴリの記事

コメント

怒濤の展開ですよね~。。。
ロッカーの番号書いたの、熊沢先生だとは
思ってなかった。
(私は八幡かなぁ、と思っていたので。。。
でも、先週で違うな、と結論づいたけど^^;)

ポーさまが助かって、ホント良かった!

>依頼人の利益のために精一杯努力するのは認めるけれど、ありもしない事をでっち上げたり

これは、やってはいけない事なんだよね。。。
裁判って、本当はお互いに痛い真実を突きつけ合い、
その真実を全て見て、裁判官がどっちに非があるか
判決を下す事のはず。
あった事をないと言うのは、たぶん偽証罪に問われる事だと
思いますよ。
雨木は、すでに罪人です(--;)
そこまでして守りたい物がよくわからない。。。
息子だって虐めのせいで、あんな事になったらしいのにね~。。。

投稿: くう | 2007年6月 8日 (金) 00時57分

>雨木は、すでに罪人です(--;)

ですね。
雨木は兼良陸と同じ立場ですよね。
色々な理由をつけて自分を正当化し他人を踏みにじっている。
そりゃー色々な事情がない人なんていませんから
どんな事でもその人に立場になれば言い分があるんだろうけど
そんなの勝手ですよね。
結局いじめている相手に対して甘えているんですよ。
自分達の言い分や勝手な理由を押し付けている。

あの雨木の息子が今後のキーワードになるんでしょうかね??

投稿: せるふぉん | 2007年6月 8日 (金) 01時05分

せるふぉんさん!
大変ご無沙汰してます。TB、何度か送ったんだけど、飛ばないので、今回はコメントだけにさせてもらいますね。

せるふぉんさんお元気そうで何よりです。私は、来期からまたドラマ感想を復活しようと思ってますので、また是非ともよろしくです!

あいかわらずほんとに画像がきれいだな~~~。明るさの調整がすごくうまいですよね~。なんか惚れ惚れします。

>~そんなの捨ててしまえ、と言いたいですね。
せるふぉんさん、よく言った!(笑)ほんとですよね~。
子供を大事にせずして、何を大事にする?って思います。
ポー様の言ってた、「まだ14才なのに・・・・疲れた」って
重い言葉だと思います。
結末をしっかり見守りたいですね。

では、またこれからもよろしく願います!

投稿: まりりん | 2007年6月 8日 (金) 01時33分

うぉぉ~、まりりんさん!!
ものすごーーお久しぶりです。
すすすすみません、相変わらずのココログなので
TBしづらい時があるようです^^;

またまた画像をお褒めいただき、ありがとうございます(笑)

子供の存在そのものが軽視されているような昨今ですよね。
愛する事と過保護は違いますし、見守る事と放置は違いますが
変わった考え方の保護者さんが増えているのも事実です。
残念ながら学校だけの責任ではない事が年々増えていますよね。

どういう結末になるのか
公立の学校が弁護士とグルになって、ここまで事実を隠蔽するなんて
考えにくいですが、絶対あってはならない事ですね。

投稿: せるふぉん | 2007年6月 8日 (金) 07時47分

とにかく、この学校・・・つか雨木の目が、
生徒達に向いて無いのが腹立ちますわ~!
学校の体裁しか考えて無いじゃん・・・

イジメられてる生徒はもちろん、イジメてる側の
内面を救ってあげようという考えは皆無のようですよねー。

難しい事はわからないあたしですが、
裁判って、宣誓をさせつつ、黙秘権を認めてるのって
おかしいよな~と思ってしまいます。
ありのままを吐き出さずにその場をやり過ごしたとして、
後で苦しむのは自分なのに・・・

投稿: まこ | 2007年6月 8日 (金) 11時31分


まこさん

>とにかく、この学校・・・つか雨木の目が、
生徒達に向いて無いのが腹立ちますわ~!

まったくおっしゃる通り!
子供たちの事をまったく考えていない。
それはこの裁判自体もまったく同じですよね。
依頼した雨木もそれを受けた直之も
自分達の立場だけで「仕事」としてそれをこなそうとしている。

世の中、まだまだ冤罪ってものが多数あるので
被告側の利益を守る事も非常に重要ですが
何にしても「ありもしない事実をでっち上げる」
「事実を隠蔽する」事は立派な罪です。
それに加担した弁護士や場合によっては検事なども
資格を剥奪するべきだと思いますね。
手持ちの事実だけで依頼人の利益を守れるよう
努力とテクニックを見せるのが直之たちの仕事じゃないんでしょうかぁ~。
「真実を明らかにする」これが裁判のはずですよね。
これを綺麗事だというなら、世の中に法律や規則なんて必要ないですから。

投稿: せるふぉん | 2007年6月 9日 (土) 10時33分

TBありがとうございます。

ごめんさない~
gooTB調子悪くて飛びません。

ところで、この番組を見ていると
弁護士ってなんだかね~の商売ですね。
「頼まれてお金になるなら・・ええのかよ!」
って・・しみじみ。

ではでは、来週もまた目が離せません。

投稿: スナッチャー | 2007年6月 9日 (土) 21時30分

スナッチャーさん

ちゃんとTBしていただいてましたよ☆
コメントありがとうございます。

実際はここまで悪質じゃないと信じたいですが・・・
アメリカでもOJシンプソンの件とか、ありえない
判例がありますからね~。
人の生命に関わる事由を仕事の利益で考えるというのは
どうしてもおかしいし、矛盾が生じますよね。

投稿: せるふぉん | 2007年6月10日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/6704202

この記事へのトラックバック一覧です: わたしたちの教科書 第9回:

» 【わたしたちの教科書】第9話 [見取り八段・実0段]
黒い物を黒いと言えなくなる。白い物を白いと言えなくなる。それが大人だ。それが俺だ。上下関係、しがらみ。。。そういう物の中で、臭い物に蓋をするように痛い物には触れないようにそんな風に、息を殺して生きている大人にも良心はあった。みんな、心の痛みを抱えて生き...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 00時50分

» 『わたしたちの教科書』 第9話 「大逆転の重要証人」メモ [つれづれなる・・・日記?]
今回、ラストの証人喚問はかなりよかったと思います。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時06分

» わたしたちの教科書 第9話 ジョーカー [レベル999のマニアな講義]
内容ポーへの電話が繋がった珠子。でも、ポーからは厳しいことばが珠子へ飛ぶ。一方、週刊誌では、悪徳弁護士と書かれる珠子。八方ふさがりの中、戸板が、一枚のコピーを持ってくる。誰かが加地におしえた、明日香の教科書があった保管庫の暗証番号。それが書かれていた、...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時13分

» 私たちの教科書 第9話 [日々緩々。]
あれよあれよと言う間に…急展開でした〜{/face_sup/} 吉越先生かと思っていたジョーカーが、実は熊沢先生だったとは!! 「黒いものを黒い、白いものを白いと言えなくなる。それが大人」 熊沢先生のその独特の物腰からは、本心では何を考え、どういった人物かが イマイチつかみにくかったわけですが、 自分の娘さんの問題を胸に抱え、少なからず上記の言葉に対しての 疑問を持ち続けていたのだと思います{/face_z/} 珠子の涙ながらの訴えに、とうとう学校側から真実を述べてくれる 人が現れたのでした... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時28分

» 《わたしたちの教科書》◇#09 [まぁ、お茶でも]
「いじめられるのって、恥ずかしいことでしょう?」ビルの屋上で躊躇していたポーこと山田和子は、自分がいじめられていることを認めようとしなかった。あぁ、でも飛び降りなくて、良かった!... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時41分

» 《わたしたちの教科書》◇#09 [まぁ、お茶でも]
「いじめられるのって、恥ずかしいことでしょう?」ビルの屋上で躊躇していたポーこと山田和子は、自分がいじめられていることを認めようとしなかった。あぁ、でも飛び降りなくて、良かった!... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時47分

» わたしたちの教科書 第9話:大逆転の重要証人 [あるがまま・・・]
熊沢先生、よくぞ…(*;ェ;*)ゥェェン 涙ながらに証言した熊沢先生。そうよね、人として、教師として、このまま ウソをつき続けるって罪な事だわよね。 なのに、雨木の野郎ったら!!!「ちっ、バレたか!」 てな表情をしてやがりましたわよ〜ったく!{/kuri_4/} さて、次はどうやって誤魔化すつもりなんだか・・・ てゆーか、いかにも吉越先生の仕業だったかのように描かれてたけど、 証拠の教科書を隠したロッカー番号が書かれたコースターを加地に渡したのは 熊沢先生だったんですね〜。雨木はこの事に気付いてたん... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 01時58分

» わたしたちの教科書(6月7日) [今日感]
「あることをどうしてあるといえないのですか?」 とても、ストレートな問いかけなのですが、なぜか心に響くものがありました。珠子(菅野美穂)の演技もさることながら、脚本がいいです。... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 07時42分

» わたしたちの教科書 第9話 [Happy☆Lucky]
わたしたちの教科書 第9話 [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 10時24分

» わたしたちの教科書 #9 [たっくんママのひとりごと]
ジョーカーが熊沢先生だったなんて・・・! ちょっと、ノーマーク過ぎΣ(・ε・;) 。 やっぱり八幡先生とか・・・と、思い込んだ矢先ですよ。しかし、ポーちゃん助かって良かった!! 1年も虐められてたなんて・・・(;つД`) 。珠子さんが気付いてくれて良かったね・・・。親には言えないんだよね・・・。学校休みなさいって珠子さ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 20時58分

» 「わたしたちの教科書」(9) まだ14なのに・・・・すごい・・疲れちゃった・・ね。加寿子!! [進化する60才]
 まだ14才の 子どもにしてみれば・・・・・  いじめられていることは 恥ずかしいこと。  私がい [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 09時24分

» わたしたちの教科書 第九話 「大逆転の重要証人」 [最後に笑うのは誰か]
九話の展開としては、裁判でピンチに陥っている原告側の珠子が、逆転への切り札=ジョーカーによって形勢逆転の様相を呈していくといった感じでした。 それでそのジョーカーっていうのが、熊沢だったわけです。 ドラマ的にも私的にもジョーカーは吉越だと思っていたら、終盤になってそうじゃなかったと。 「FLYING ELEPHANT」というクラブに吉越は熊沢に連れて行かれただけで、その熊沢は娘を連れ戻すためにそのクラブに行ったと‥‥。 熊沢が最後に真実を語るまでの流れが良かった。 珠子に言われ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 20時38分

» ★「わたしたちの教科書」第9回 [スナフキン・レポート♪]
「わたしたちの教科書」第9回 あらすじ等は、公式ページへ 今回、あの不思議キャラ「POE」の「飛び降り」? 珠子の機転で寸前に止める事ができ、視聴者的には 『ホッ』としました。 フィクションとはいえ、学校のイジメで次々死ぬのは・・どうもね冒頭の喫茶店、珠子と「POE」の会話 「私がイジメられていると思ったんだ・・!  ありえない。バカにしている」 「ごめんなさい!でもイジメられているって  別にバカにされていることじゃないわ」 「バカにしてるでしょ?そうだよ!  イジメられるって、恥ずかしいことでし... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 21時24分

» 『わたしたちの教科書』9話 [ド素人日記]
大きな動きがありましたね、やっと。 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 13時28分

» 「わたしたちの教科書」第9話 評価3.0(5段階) [追憶]
 前回、明日香(志田未来)の一年生のときの担任、三澤と、事件当時(二年生)の担任、加地(伊藤)の二人が原告側証人として出廷したが、被告側弁護人:瀬里(谷原)によって撃破され、完敗となった積木珠子(菅野)だったが、今回は、国語教師の熊沢先生が最初は被告側...... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 15時11分

» 「わたしたちの教科書」第9話 [気ままにいきましょう!]
『大逆転の重要証人』 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 19時28分

» 靴のヒラキ(くつ の ひらき)・通販 [靴のヒラキ(くつ の ひらき)・通販]
今話題の激安通販「靴のヒラキ」(くつ の ひらき)について、徹底的に調べました! [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 09時45分

» 「わたしたちの教科書」(第9話:「大逆転の重要証人」) [鉄火丼のつれづれ日記]
今回の「わたしたちの教科書」は、珠子(菅野美穂)がポー様(山田かすみ)に電話をする、というところから話は始まる。今回のエピソードの中盤で、ポー様は珠子に明日香(志田未来)がいじめられている時に見て見ぬふりをしたことや、明日香が自殺してからずっといじめられ続けていた事をカミングアウトする。その後彼女は珠子の家のベッドで寝ることになるが、珠子がポー様を[?]と諭していたのを聞いた時は半年前のスマスマでいじめについての特集があり、ヤンキー先生が電話でいじめについて相談した少女にあるアドバイスをしていたのを... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 01時10分

« バンビ~ノ!☆第8回 | トップページ | 喰いタン2☆第9回 »