« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

喰いタン2☆第3回

Still0001_18 なんとまあ超意外な事に今日は切ない展開でしたね。

高野が店で知りあった外国人を事務所に連れてくる。シケタと名乗るその外国人はある日本の食べ物を探していた。それを豚の角煮だと推測した高野たちはその味を捜し求めるがなかなか見つからない。
そうこうしているうち、そのシケタはある国の王子であり、次期国王である事がわかる。シケタの命を狙っている暗殺者もいる事がわかり、桃ちゃんや五十嵐たちも動き出す。しかし、シケタが日本にやってきた理由は意外なものだった。

Still0005_16 Still0004_11 相変わらずありえないマンガチックなお話なんですが、今日は幼少期に分かれた母親に会うためにはるばる外国からやってきた日本名タケシくんのお話。
赤い靴の少女や一寸法師などをうまく使ってシケタの揺れ動く気持ちなどを表現してましたね。結局、シケタの為に冷たい態度を取った母親がとても気の毒でした。

高野、今日はいつもに比べるとあまり食べてなかったような気がしますよ(笑)

Still0006_23 しかし何だか切ないラストだったのに、いきなりトリオ・ザ・シャキーンですからね(呆)やっぱり喰いタンですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

生徒諸君☆第2回

えーっ、これって原作に忠実な話!?

先週の第1回は録画したままついに見る時間がなく^^;
第2回目の今日から見ました。

それにしても・・・・DDTじゃなくて3TD?
クラスは仕切るわ、ナッキーを階段から突き落とすわ、すごい展開ですね。

わたしは原作の「生徒諸君」は教師編の前の作品は全部読んでました。
双子の姉のマールが余命が少ないとわかって祖父母のところから両親の家へ戻され、初恋の人だった飛島峻をマールのために諦めたり、ナッキーを好きだったチビと沖田くんの戦い(?)事件に巻き込まれてしまった初音ちゃん。舞ちゃんと委員長などなど・・・。
しかしそのメンバーはこの教師編では登場しないの?それはそれで寂しいですが。。。

なんで生徒たちがこんな異常な行動を取っているのか、登山のいきさつが語られましたけど・・・・・ちょっと・・・これはいくらなんでもありえないでしょう。
どんな内面の人間だろうと一応教師やってる人がここまで極悪な行動に走るんでしょうか~。あまりにもありえないエピソードなので、ちょっと拍子抜けな感じなんですけど。

実際こんな事があったらこのクラスがそのまま存続している事自体ありえないし、来週の予告によるとどうやら椎名吉平演じるキャリアくんが事件を隠蔽したらしいですけど、この何でも報道ありの時代に完全な隠蔽なんてありえないし、第一親が黙ってるなんて更にありえない。一クラスの親が全員集まったらどこにでも抗議に行けるんじゃないですか?

来週見るかちょっと怪しいです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

わたしたちの教科書 第3回

Still0156_2 明日香の遺留品の証拠保全に動き出した珠子。

ところが明日香が残したカバンの中の、ひどい落書きがされたノートや教科書はすべて抜き取られていた。副校長による証拠隠滅だという珠子に、もっと人を信じて欲しいと訴える加地。
ある日、加地は理科の時間に英語の勉強をしている山藤を注意するが、それが元で親が学校に乗り込んでくる。なぜかその親に謝罪し、いちいち生徒の父兄とモメないように、という大城。彼女は学校が何の為に存在しているのかわからないと言う。
加地が山藤を訪ねて玄関の前に一日中いると、山藤の母親から中学に苦情が入り大城が加地を迎えにくる。勉強のしたい子は学校になんか来なくても塾へ行けばいい、という大城に自分の熱い思いを訴える加地。それを聞いた山藤が出てきて明日から学校へ行く、と言い出し加地の思いが通じたのか・・・と一瞬期待を持たせたものの、彼は大城が以前いた学校で起こした父兄との不倫問題の記事を教師たちにメールしたと言う。ヤケになった大城は辞表を出すから、その後明日香の荷物を渡してやってもいい、と言い出す。驚く加地。その頃、珠子は明日香の友達だったという朋美と会っていた。。。。

Still0175_2 なんだか胸が悪くなるような話ばかりですね。
山藤という子の親っていうのは、物語を誇張するためにドラマ的キャラで登場しているのだと思っている人がいるかもしれませんが、ああいうのってかなり多いらしいですよ。もっともらしい主義主張を唱えて給食費を払わない人たちもたくさんいます。
しかしね・・・自分の主義主張はどうでもいいんですけど、給食費を払わない人のために払っている家の子供が犠牲になっている、という事をまるで考えないというのは一体どういう事なんだ!?と思いますね。
給食費の財源がかなり厳しくなっている為に給食の質を落としたり、量を少なくしたりするしか手立てがないらしいです。以前北野たけしの番組でやってたんですよね。まったく呆Still0176 れましたよ。給食費より携帯料金を払うほうが大事だと、親が堂々と言ってるんですから。しかし今の世の中の状態がああだからこうなって・・・なんて理由をつける必要はまったくないと思います。ただ単に頭が悪いんですよ。それだけのことです。イカれてるのは子供じゃなくて親ですよ、大人の方なんです。

この大城という人はなんで嫌な思いまでして教師に固執してるんでしょうか。。こんなにやる気もないのに。だったら普通の会社勤めすればいいんじゃないでしょうかね?こんな人普通の会社でも迷惑な話ですが、子供に影響を与えるような仕事から離れるだけでも多少意味はあるかもしれません。

Still0177_1 珠子にいじめをやっていた生徒は誰なのか・・・と聞かれて口を開く朋美。どんな言葉が出てくるのか・・・・・答えは来週ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

夫婦道☆第3回

今日も八夜子の結婚の問題の続き。

康介と聡子は八夜子の結婚を認める、認めない、で大喧嘩。
山崎はなんとか聡子と打ち解けようと努力するも、聡子の意志は固い。そんな時、茶畑のファンが止まってしまい、大騒ぎに。
電気工事の経験を持つ山崎によって再びファンは回るようになったものの、聡子は山崎を認めようとしない。八夜子と衝突してしまった聡子は結婚を応援している康介とも険悪な状態に。。。。

それにしても28歳と60歳かぁ。。。
愛があれば年の差なんて・・・・とは言いますけど、ちょっと無理かもね(笑)将来的な事、というほど先の事じゃなくても問題がありすぎでしょう。
確かに聡子の言うとおり、介護するために結婚するようなものになってしまうでしょうし、子供ができたとしたって、成人するまで見届けられるかどうか。
ちょっと嫌な事言っちゃうと、八夜子のようにここまで自分の我を通す人に、還暦の人と暮らしていく事は無理なんじゃないでしょうかね。60歳の人と結婚したいと28歳の娘が言い出したらどこの親でも反対するでしょう。それを何故許してくれないのか!?と、まるでわからずやを相手にしているような八夜子の態度の方がわからない。。。。
ホントに許して欲しいんだったら時間をかけて説得するくらいの気がないとね。

まあ、なんとなく親が折れそうな感じですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

バンビ~ノ!☆第2回

Still0149_3 Still0152_4 ふーん、伴くんていい子じゃん☆

と、普通にそう思った第2回。

確かに世間知らずかもしれないけど、まだまだ大学生だし福岡から東京に出てきて右も左もわかんない状態なんだから、ある程度もたつくのはしようがないよね~。
厳しく愛情を持ってるけどそれを隠しながら見守るのと、まるっきり最初から潰してやろう、Still0150_5 と敵意をみなぎらせているのとは明らかに違うはず。

伴の言動が気に食わないってのは、彼がガキであるように、そいつも同じようにガキんちょなだけだと思われ。素直ないい子じゃんかぁ~(笑)

ちょっと極端な描き方で「?」と思うところもあるんですけど
原作が少年漫画という事で、このドラマの雰囲気となかなかかみ合わないところもあるのかも・・・・と思ったりもします。
どっちかっていうと、今のドラマは少女マンガの世界に近いと思いますから。

Still0155_1 来週も見てみましょう(笑)

   

        
  

     
     

バンビ~ノ! 1 (1) Book バンビ~ノ! 1 (1)

著者:せきや てつじ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (11)

プロポーズ大作戦☆第2回

またまたスライドショーの写真の時に戻り奮闘する健。

今日のお題は「コーヒー牛乳だ!!」(笑)

写真の礼が不機嫌になっているのがコーヒー牛乳だと確信した健は
購買に銭湯にと疾走する(爆)

アホかー!頭の回路は高校生の時のままなのね!
結局礼の不機嫌の理由はわかりにくく仕込んでおいた健へのバースデイプレゼントが健の手に渡らなかったから。(しかし、仕込みすぎでしょ、これ^^;)

めでたくバースのフィギュアをゲットした健はスライドショーの時のアングルで写真撮影☆
前回同様、過去の写真の礼を笑顔にできたものの、肝心の告白(?)は恋敵に消されてしまう。出てきたーっ!フジッキー!

しかしこのまま最終回までいくのかな?ちょっとキビシイかも^^;
途中からこのパターンが崩されるのを願ってます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (10)

冗談じゃない!☆第2回

ここのところ多忙であまり画像が入れられなくてすみません^^;

圭太はとうとう会社に辞表を提出。自分を低く見ている会社に対して三行半をつきつけたつもりだった、が・・・・・・・・。現実は甘くなかった。
次々と面接で断られてしまう圭太。しかも会社を辞めたことは絵恋には内緒にしてある。ヤケ気味で観戦していた格闘技の試合でバッタリ会った圭太と理衣はバーで話をする。どうやら理衣が勝手に日本にやってきたのは夫の浮気が原因らしい。しかもピアニストを断念した理由が事故によるケガであると知って複雑な思いの圭太。そんな時、様子のおかしい絵恋から電話がかかってくる・・・・・!

なんかお約束なバタバタに少々退屈気味だったのですがやはり面白いですね(笑)
これは織田裕二の役じゃないんじゃないかな~と今でも思いつつ、新しいジャンルで成功して欲しいとも思います。
しかし、あの草刈パパが浮気とは!予想外だわぁぁぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ロッキー4

Still0148_1 今日はロッキー4でしたねぇ~。

ここんとこロッキー・ザ・ファイナルを記念してか、深夜とかパート1から立て続けに放送されてますね。しかしこのパート4はゴールデンかぁ。。。。いまだにこの作品は人気があるんですねー。

ロッキーシリーズの中でも最高の興行収入を記録したというこのパート4ですが、実はわたしこの作品にはあまり満足していなかったんですよね。
今観ると懐かしさとか年を取った分感じるものも違うんですけど、当時は前作までの雰囲気とガラリと変わってしまってロッキーのプロモーションビデオみたいになってしまったこのパート4がすごく安っぽく見えてちょっとガッカリだったんですよね。
それでも5回くらいは映画館に行ったんだっけかな・・・(いや、たぶんもっと行ってる/爆)

Still0144_1 しかしビジュアル的にはスライが最高にカッコいい時☆
このHUGO BOSSの白いトレーナー姿がすっごい好きでね~。いまだにこれに似たトレーナーがあると買っちゃうんですよね
(ええ、馬鹿です)

どうですか、いい男ですよね~♪

これが公開された時、自分は相当若かったんですが、今の方が見る目がなくなったのかなぁ。昔感じたような安っぽさとか、当時のスライの恋人ブリジット・ニールセンのアップがStill0142 Still0147_2 やたら多すぎるとか、そんなに感じなくなったんですよね。
あまりに何十回も観すぎたせいかな・・・・(自爆)

別に特に感想とか書くつもりはなかったんですけど、あまりのスライの若さについつい記事を書いてしまいました。若いねぇ~、時の流れは早いわ・・・・(出たっ、おばモード)
ロッキー・ジュニアとのシーンも昔から好きなんですけど、今観ると少しばかり感じ方が変わりましたね。。。最愛の息子ともしかしたらもう会えなくなるかもしれないお別れだったんでしょうね~。

Still0146_1 最近、重厚な作品とかどんどんなくなってきているので、このパート4もなかなかイケてるな、と今夜改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海猿 LIMIT OF LOVE

Still0135_2 昨夜、海猿やってましたね~。

何気に見てたんですけど、これってシルベスター・スタローンの「デイライト」に極似じゃありません?危機が連続でやってくるけど、ものすごいアクションとかがあるわけじゃないので途中ちょっと間延びした感じはありましたけど邦画ってどうしてこう長いのかな?

しかしずっと水の中のロケって体力の消耗も激しいしキツイですよね。
ストーリー的につっこみどころは満載ですが、これだけのスケールで劇場で公開できたっStill0139_3 て事はすごいですよね。さすがはフジテレビ(笑)

伊藤くんがすっかり大人になっちゃって
海猿の1作目に比べてもだいぶ顔つきも大人びてきましたが、彼が歩んできたキャリアを考えても、これってものすごいBIGな扱いですよね。
これだけの規模の映画の主役ですからね~。

Still0137_2 Still0138_3 奇跡的に4人は生還するけど、それってこの2人のおかげだよね。。
こんな上司が欲すぃ~(笑)

キリッとした表情もなかなか素敵だし
最近はじまったTBSの「孤独の賭け」はなんだか無理してるような感じさえあるけど、なかなか良い男っぷりです。こうやって皆大人になっていくのね~(でた、おばさん)

Still0140_5 しかし、この人の笑顔は可愛いね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

喰いタン2☆第2回

今回の喰いタンは色々忙しい合間に見ていたので
ちゃんと見れなかったんですよね~^^;

まあストーリーはおさえていますが・・・。

でも何となくイマイチな第2回だったかな。
シェフ殺害の容疑者がホームズエージェンシーに立てこもった。
その容疑者は自分が久しぶりに寄った店でボロネーゼを食べてからシェフにお礼を言おうと厨房を覗いたらシェフが死んでいた、と主張する。
いつものごとく、その店のボロネーゼを再現しようと苦心する高野たちだが、なかなかうまくいかない。シェフが殺害された当日のボロネーゼはいつもと味が違った・・・と言う容疑者の話を元に味を再現しようとして、麺をゆでている水がミネラルウォーターである事に気づく。

いつもありえない展開ですが、今回は犯人だと勘違いされてしまった男を結果的には助ける事になり、一件落着。
しかし、高野って何を食っても「おーいすぃぃぃ~」ですからね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

わたしたちの教科書 第2回

Still0128_1 珠子と明日香の関係が明らかになった第2回。

今回の展開はそれ以上のものはありませんでしたが
明日香があまりに哀れな生涯であった事がハッキリしましたね。

珠子がかつて結婚していた相手が自分の子供を残して蒸発してしまい、残された珠子と明日香は3ヶ月間、一緒に生活をしていた。
騙された、という事実からか、あまりに若かったからなのか、明日香に冷たく・・・というより一切の無視を決め込んでいた珠子は明日香を施設に入れる。
その事を一緒に住んでいる直之に打ち明けるが、彼は動揺を見せず笑って流した。彼にプロポーズされたまま、まだ返事をしていないのだ。
明日香が死んだ事がショックだったのだろう、と直之には見抜かれていたがそれを認めようとしない珠子。

Still0129 Still0130_4 しかし、ある日突然珠子は明日香がいじめで自殺した可能性の証拠保全の為に喜里丘中学に乗り込んできた。

特に進展のない第2回でしたが、明日香が小学生の時珠子との関係を作文にしたものが出てきました。赤の他人のしかも良く知らない相手である珠子を必死で親であると訴えているような切ない文でしたが、若かった珠子には苛立ちの元でしかなかったようです。
今それを思い、罪悪感と明日香へのどんな感情で証拠保全の行動に出たのかはわかりませんが第3回以降の話に期待しましょう(期待ってのもへんな感じですけど)

| | コメント (2) | トラックバック (10)

ありがとうございます!200000HIT達成☆

なんと驚きの200000HITを達成!!

戸谷信一写真館をご愛用くださる方が急激に増えたようで(笑)
アクセスカウンターがうまく対応できない時さえありましたよ。。。^^;

開設して1年と1ヶ月でここまでアクセス数が伸びるとは本当に驚きです。
いつも訪問してくださる方々、本当にありがとうございます。

何事も非常にこだわる性格で(笑)
このブログの記事に取り上げる俳優さん、ドラマ・映画など
どれも思い入れが強いものばかりです。

誰か1人の俳優さんを深く掘り下げる、このドラマの応援に集中する、といった
話題が絞りにくいブログだと思いますが
わたしが「好きだ」と感じるものは、どれもこれも広く浅くではなく、広く深くです。(笑)

楽しんで頂けたら幸いです。

これからもごひいきに☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッキー・ザ・ファイナル 観たっっ!!!

Rocky6 とうとう観ました「ロッキー・ザ・ファイナル」!!!

自分にとっても朝から波乱な日でしたが、なんとか初日に観ることができました。

そして警告です・・・

   

ここからはすっごいネタバレです!!!
しかもハンパじゃないネタバレばっかりです!!
これから観る方はくれぐれも注意してください!!!

  
Rocky3
最愛の妻をガンで亡くしたロッキーは小さなイタリアンレストランを経営していた。息子のロバートとは疎遠気味。エイドリアンの命日には長々と墓参りをし、エイドリアンの兄ポーリーと想い出の場所を周るロッキー。
(あのペットショップには驚き!まだあるのね)
昔行きつけだったバーにふと立ち寄ったロッキーはリトル・マリーに会う。彼女は以前子供の頃に夜遊びしているのをロッキーにとがめられ、家まで送ってもらいながら彼に悪態をついた過去があった。その彼女も既に大きな息子がいる。時の流れを実感するロッキー。

ある時、現ヘビー級チャンピオン、ディクソンとロッキーのコンピューターによる対戦シュミレーションがテレビで放映され、注目される。その放送を見たロッキーはある事を決意。それはプロボクサーとしてカンバックする事だった・・・・。

  

大体ストーリーは観賞前に知っていたので、特に驚くような展開はありませんでしたが、それにしても、いや~・・・なんていうのか「生きてて良かった」と心底思った日でした。
最寄のワーナーにe席リザーブで予約して仕事後に直行し、夕食代わりのホットドックをロビーで食っている時にそこで流れていた予告編で号泣(早すぎる・・・)
初めて入った8番スクリーンのキャパの大きさに満足しながら、ちょうど劇場のド真ん中の最高の席である事にご満悦になりながら、冒頭のウィンクラー・チャートフフィルムのロゴが出た時点で更に号泣(まだ始まってないって・・・・)
ロッキーがロバートに「人生ほど重いパンチはない。だが耐えて前に進め」と諭すシーンでは超号泣。・・・・と、ここで大変なアクシデントが!!!

Rocky2多少、心配していたのですがここでコンタクトが思いっきりズレてしまい、真っ暗な映画館の中で途方に暮れてしまいました。しかし画面を見続けていないと話がわからなくなってしまうので、まぶたの奥にくっついてしまったレンズを探しながら画面を見続け、(一番楽しみだったトレーニングシーンがあぁぁぁぁ)奇跡的にレンズを取り出す事に成功。
しかしこういう場合、暗闇でしかも鏡もなく水道もないので状況は絶望的。しかしダメ元で入れなおしてみたら、な、なんと!うまく入ったんですよ、しかも曇りもなく!!
不幸中の超幸い。(いや執念か・・・・)

トレーナーとしてデュークがいきなり参加していましたが、もうちょっとそこんとこのエピソードが見たかったかなぁ~。
ライバル、アポロのトレーナーとして敵同士だったのがパート4でロッキーのトレーナーとなり、亡きミッキーの役割を果たす重要な存在感あるキャラですし、わたしデュークが大好きなんですよね♪ロッキー4での「No,Pain」は忘れられないんだよなぁぁ。

しかし驚いたのはポーリーですよ。
この人、若い頃からほとんど変わらないね!(爆)
ロバートに「怖くないの?」と聞かれたシーンではロッキー4のロシアに出発する前の場面を思い出しました。まだ小さかった息子にドラゴと闘うのは怖くないのか?と聞かれ「怖いよ」と答えるシーンはとても印象に残ってるんですよね。でも、もう1発パンチを、もう1ラウンド、と勇気を振り絞って闘う精神はこの6作目でも生き続けていたようです。

ロバートが有名人である父親を疎ましく思うところなんか見ていると「ばっかやろう、父ちゃんはな、すんごい苦労してお前と母ちゃんを守ってきたんだぞ。」と説教してやりたい気分になりましたよ(笑)
ロバートを身ごもったエイドリアンがロッキーの復帰に反対だったり、命がけでアポロとの再戦に行く時、負けたとしても命まで失わないように、と神父に試合前の祈りをしてもらう姿が走馬灯のように駆け巡りすべてが懐かしさと感動で号泣の2時間でした。

Rocky_balboa_3 わたしが初めてロッキーシリーズを劇場で観たのが「ロッキー3」
当時、まだ家にビデオデッキもなくて前作を観る方法は地上波で放送される事くらいしかなかったんだけど(地上波も何も衛星放送ってなかったか・・・^^;)毎日毎日ロッキーの事ばかり考えていたある日、学校で「小さな恋のメロディ」か「ロッキー2」を体育館で上映してくれる事になって周囲の人を説得した覚えがあります(笑)
普通、女子ってこの場合メロディの方がいいって言うのね。結局、わずかに男子の方が人数が多かったのでめでたく「ロッキー2」に決まったんですけど。

しかしこれ・・・・ロッキシリーズを初めて観る人にはちょっと物足りないのかな?
ストーリー的には十分楽しめるだろうけど、前のストーリーを知っておいた方がいいかも。でも、この映画はシリースのすべてを観てみる・・・というより、ロッキーと共に歩んだ年月が感動の源のような気がしますね。
あ、この時自分はまだ子供だった、とか高校生だったなぁ~とか。
パート2で生まれたジュニアがこんなに大きくなって・・・・。とかとか。

でも長年の思い入れとかキャラとか色々いるので、わたし的にはもうちょい時間が長くても良かったかなぁ、って感じです。まあ間延びするのもいけないんだけど。
過去の映像をフラッシュバック的に入れているのが長年のファンにとってのファンサービスになってると思いますよ。エンドロールもなかなか良かったし(いや、すごく良かったし)

また観られたなんて夢のようですが、これでもうホントに終わりかと思うと凄く寂しい・・・という、なんとも勝手なファン心を持ちつつ、2回目はいつ行こうか。と、考えているわたくしでした。

Rochy1 今までに「尊敬している人は?」という質問に何度も答えてきましたが(ネットでのアンケートなどでも)その度に何十年も答えはほとんど変わりません。

“坂本龍馬とロッキー・バルボア”

                     

*かなりの追記があります、あしからずご了承ください。尚、あまりにも思い入れの強い作品なので、今後どれだけ追記があるかわかりません。これからも文章が増殖し続ける可能性あり。

  

ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック Music ザ・ベスト・オブ・ロッキー~ロッキー・ザ・ファイナル オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,ディエッタ・リトル,ネルソン・ピグフォード,サバイバー,ジェームス・ブラウン
販売元:東芝EMI
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロッキー DTSコレクターズBOX DVD ロッキー DTSコレクターズBOX

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/04/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (19)

ドラマレビュー掲載遅れ

ロッキー・ザ・ファイナルの観賞にうつつをぬかしていたので(笑)

「わたしたちの教科書」「生徒諸君」のレビューは明日4月21日に掲載いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦道☆第2回

先週の八夜子の結婚騒動の続き。

まーくんと会った事を聡子に言えないまま悩み続ける康介。
そんな時、中森が八夜子に一目惚れしたという相手の見合い写真を持ってきて話はややこしい事に。夏萌は長女として自分が一番先に結婚できなければ納得できないという。八夜子の結婚にどうしても同意できない康介は口論になるが、八夜子の気持ちを聞いて応援する事を約束する。

そして、聡子にまーくんを会わせる事になるのだが・・・・。

うーーーーん。
とりあえずどういう展開になるのか、わからないですが
確かに父親は娘に甘いのかもねー(笑)
いくら娘が希望しているとはいえ、28歳と60歳の結婚なんて恨まれてもブチ壊すのが親の役目でしょう(爆)しかし八夜子もワケわかんない娘ですよね。そんな相手を連れてくれば反対されるに決まってるのに、何で反対されてるのかわからない感じでしたよね。

康介の言う通りですよ。
今だけだったら、まだいいのかもしれないけど
10年経てば70歳と38歳ですよ。ありえない・・・・・。
むしろ、まーくんが辛い思いをすると思いますよ。
年を取ってから別れるような事になるのはあまりに酷ですしね。

それにしても夏萌の結婚に対する執念はコワイ・・・・・(恐)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

バンビ~ノ!☆第1回

ふーん、なんかイマイチ好きじゃない展開かなぁ。

いきなり東京に行け、と言われて何だかわかんないけどシゴかれて
殴られたり怒鳴られたりして我慢するのが一人前になるって事?
なんかちょっと違うんじゃねーのって気がしちゃうんですよね。

もともとシゴくのが目的でわざと辛い目に合わせるように仕向けてるの?って感じ。
真剣に料理やってるから、まだ大学生の地方出身者が気に入らないってのがよくわかんないかなぁ~。競争意識とそういうのって違うんじゃない?

まあドラマだから仕方ないかもしれないけどちょっと極端だよね、なんだか。
社会に出ようとしている子供にいきなり暴力ふるって、自分は真剣にやってるからこういう行動に出るんだって・・・・・ふーん、あ、そう。
厳しいのは非常によろしいけど、暴力は傷害罪だよ。
厳しい状況で毎日頑張ってるからって、嫌味をネチネチ言ったり暴力ふるったり、それこそ大人げないんじゃないの。なんか気分悪い。

ちょっと気分が乗らないので画像なしです。
次回以降も見るかは不明。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

THE X-FILES ANOTHER MOVIE

Regpmp3_1 記事にしてしまって良いかわかりませんが・・・・

4月1日のエイプリルフールの記事で
ジュリアン・ムーアがXファイルのスカリー役にオファーされた、というのがあったんですが
まんまとそれに引っ掛かりまして(笑)結局ジョークだとわかったんですが

それと同時にどうやらXファイル・ザ・ムービー2の制作がはじまったという噂を
モルダー役のディビット・ドゥカブニーが認めたという記事が海外のネットNEWSに
バンバン出ていました。

やっとかよ・・・・・(T_T)

プロデューサーのクリス・カーターと20世紀FOXの裁判がやっと終わったらしい。。。

063 長かった・・・。
長すぎてディビットとジリアンの年齢が若干心配(笑)
どうやらロバート・パトリックの登場はないらしいけれど、ミソロジーや前回の映画版とは違う独立したエピソードになる模様。

日本のブログでも話題になり始めたようなので記事にしてみました。。。。

・・・・がっ!!

皆さん、誤解のないように。裁判でモメていたのはクリスとFOXです。
デイビットとFOXではありませーん。それはシーズン中の話。(もう既に8年以上前の話)

Believe1 とりあえず今度こそは本当であると信じて・・・。

I Want To Believe.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

プロポーズ大作戦☆第1回

Still0067_7 いや~、可愛いねぇ~~。
山Pもまさみちゃんもぉぉぉぉ♪

今日のところはまだどうという感想はないんだけど、妖精役(?)で出てきた三上博が意外だったかなぁ(笑)

幼なじみの礼の結婚式に寝坊した健はダッシュで式場へ向かう。礼への気持ちを抑えたままこの日を迎えてしまった健は後悔ばかり。もしあの日に戻れたら・・・・・。
Still0068_3 そこへ現れた妖精だと名乗るミョーな男。なぜかハレルヤチャーンス☆と健がポーズ付きで唱えると学生時代の野球の試合の最中に戻る。慌てる健だが、その試合に負けた事を知っている彼は何とか勝とうと過去を変えようと思い切った行動に出るが・・・

初回はこんな感じでしたが同じ写真の頃に2度は戻れない、という条件があるらしく、でも同じ写真じゃなけりゃ何回でも過去に戻れんのかい?というイマイチこの先どうなるのかStill0070_3 Still0111_1 わからない展開。
一瞬、ニコラス・ケイジとティア・レオーニの「天使のくれた時間」を思い出しましたが、毎回結婚式当日に戻ってくるのかな?

しかし、共演がフジッキーで主演が山Pとまさみちゃん。主題歌がサザンとくりゃー、どんなストーリーでもいいわ~♪(おい)

Still0112_2 Still0114_4

| | コメント (3) | トラックバック (14)

孤独の賭け~愛しき人よ~

今日、日曜日の午後「夫婦道」と「孤独の賭け」を再放送してました。

なるほど、木曜日は激戦区だし上手いやり方かも。

実は孤独の賭けは録画してあるんですけど、わざわざ見ているほど時間ないなぁ~なんて思っていたらテレビで放送していて、録画しているものを見ることはせずとも放送していればなんとなく見てしまうものですよね~(笑)

しかし!!

ストーリー自体より、ものすごーーー驚いたのはエンディング!!
どこの誰だかどんなキャラなんだか全然わからないけど、ある俳優が振り返るシーンが一瞬あるんですけど「えええぇぇぇぇぇぇぇえええ!?」と驚いたというか、ゾッとしちゃったと言うか、とにかくビックリでした。
だって、田宮二郎にソックリですよ。ありえないほど似てるもん。
その一瞬で息子なんだな、とはわかりましたが一応調べてみると案の定そうでした。
いや~、ビックリしちゃったよ。いくら親子でもあんなに似ているもんかね~。

で、肝心のストーリーですがあまりに現実離れしているというか、いきなりな展開のドラマなので、あくまでも娯楽ものとして何も考えずに見るにはいいかもしれない、って感じですかね。
別にストーリー自体がありえない、というわけじゃなくハセキョーと伊藤くんが出会ってからビジネスパートナー(?)になるまでが突然すぎるというか、ハセキョーがいきなり自信満々な傲慢女になってて冒頭のファッションショーでこき使われていたイメージと違いすぎるから何だか見ていて「???」って感じでした。

ハセキョー、美人なんだけどねぇ・・・。いつ見ても演技が・・・・(以下省略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冗談じゃない!☆第1回

Still0060_4 織田裕二主演「冗談じゃない!」とうとう始まりましたぁ~。

大手電機メーカーの技術者、高村圭太は恋人の絵恋と共に彼女の両親が住むフランスへと結婚の許可を得るために出発する。
圭太と絵恋は格闘技の試合で知り合い、20歳の年齢差を越えて結婚の約束をするが宿泊先で親子に間違えられたり年の差は隠せない(そうでもないけどねぇ・・・)
ところがニースの街中で圭太は不審な女を見かけ、後を追う。その女は20年前に別れた恋人、理衣だった。昔話をして、別れる二人。

Still0064_5 しかしそれは昔話ではすまなかった・・・・。絵恋の実家を訪ねた圭太は彼女の母親を見て愕然とする。それはなんと理衣だったのだ・・・・!

まあ期待を裏切らない面白さでしたが、それにしても理衣と圭太が5歳の年齢差に見えないんですけど・・・・・^^; むしろ、絵恋と圭太が並んでいても普通にカップルに見えちゃいますよ。そう言った意味ではミスキャストかも(笑)
大竹しのぶ・・・嫌いじゃないけど45歳には見えない(どうしてもそこにこだわる)実年齢がStill0065_7 50歳だから仕方ないのかもしれないけど立派に年相応ですよ。

部下に同情していたら自分がリストラの対象になってたというオチ付きでしたが、隣の元同級生や飲み屋で知り合った女(飯島直子)など、これからどういう展開になるのか楽しみです☆

Still0066_6 しつこいようだけど、織田裕二オヤジには見えないから(笑)

               

          

         

織田裕二“Hug,Hug”

| | コメント (2) | トラックバック (12)

喰いタン2☆第1回

Still0029_23 Still0030_12 ラーメンあかつきの半額券につられて帰ってきた喰いタン!(半額券より旅費の方が遥かに高いと思うが)

はるばるイタリアから帰ってきたものの、途中で半額券はなくすわ、あかつきの店主は殺されているわ、さんざんな高野。さっそく桃ちゃんの怒鳴り声も復活だし。。。(血管切れそうだよね、桃ちゃん・・・・)

Still0036_11 あかつきの秘伝のタレがなくなっており、タレ欲しさのライバル店による殺人が疑われたが(んなバカな・・・・・)タレがなければ当然店も営業できない。
高野はあかつきの秘伝のタレに使われていたエキスを究明すべく、京子に協力してもらいながらそれがシジミであった事に気づく。
だが、犯人達は秘密を知った高野を誘拐。
そもそも殺人の動機も秘伝のタレ自体ではなく、ラーメン屋に卸していた粗悪な豚骨が原因であった事がわかる。

Still0049_5Still0055_11 とりあえず、第1回目の今夜はホームズエージェンシーが復活するまででしたね。それにしてもわずか半年であそこまで朽ち果てねーだろ、というくらい事務所がボロボロでしたね(笑)涼介は詐欺に引っ掛かって借金火だるまだし、どうやって返済するのやら。

しかし、あかつきの半額券で日本に帰ってくるだろうというオーナーの読みも素晴らしいんStill0056_11 だか、ありえないんだか・・・(爆)
それにしても食うわ、食うわ、全部食ってないにしてもNG出たら大変な事になりますね、東。消えものをこれだけ用意するドラマって大変だろーなー。

  

Still0058_8 でも・・・・

このトリオ・ザ・シャキーンてなに!?

   

   

喰いタン2主題歌初回盤DVD付き トリオ・ザ・シャキーン 愛しのナポリタン   
のだめカンタービレDVD-BOXなんと26%OFF !!

| | コメント (2) | トラックバック (9)

わたしたちの教科書 第1回

Still0025_12 見ようかどうしようか、ちょっとばかり迷ったこのドラマ。

でも、さすがの菅野美穂でした。

喜里丘中学の臨時教員として赴任してきた加地は担任する事になった2年3組に変わった生徒を見つける。その生徒、藍沢明日香はホームルームにも出席しなかったり、学校も休みがち。彼女が休み続けても周囲の同級生たちも連絡を取ろうとしない。
そしてその明日香がどういうわけか頻繁に訪ねているのが、弁護士の積木珠子。中学生の知り合いなどいない、と取り合わない珠子だが明日香の方はどうやら何か話があるらしい。
加地と打ち解け、学校に行く事を約束した明日香は加地に一つの鍵を託す。

Still0027_16 明日香が元気に登校してきた日、校庭で男子生徒による乱闘騒ぎが起こる。教師たちの制止もきかずに暴れまわる生徒や野次馬に走る生徒たち。
そしてその時、2年3組の生徒が窓から落ちるという事件が起きてしまう。

いきなり明日香が死んでしまい、どうやら彼女がいじめられていたらしい証拠が出てきたりして第1回は終わり。面白い、というと語弊があるが引きこまれる内容でした。
冷酷そうな一面を見せる珠子が明日香の言動からいじめられていたのでは、と気づくところが妙にアンバランスな感じがして、今後の展開に興味を持たせる。
加地に明日香との関係を聞かれて、彼女の「母親」と答える珠子の言葉か正しいかどうかは別として、珠子自身にも明日香同様、秘密があるらしい。

Still0026_7 次週も見てみたいと思わせてくれる展開でした。

| | コメント (2) | トラックバック (18)

夫婦道☆第1回

なんとなく退屈な感じかな~と最初は思ってたんですが、なかなか面白い展開になって第1回は終わりましたね。

お茶屋を営む高鍋康介・聡子夫婦には3人の娘と息子が1人いる。
長女の夏萌は30歳なのだが、ことごとく見合いに失敗し冒頭で登場した見合い相手にも断られてしまった。
そんな時、次女の八夜子が結婚したい相手がいるので康介に会って欲しいと言い出す。しかも聡子に内緒で。聡子には娘たちの結婚相手に望む数々の理想があったのだ。そしてその相手がやってきたのだが・・・・。

なんだか凸凹した感じが面白い高鍋家。南海キャンディーズのしずちゃんが長女役とは何とも愉快なキャスティングですが・・・・・・デカい・・・・・^^;

八夜子が父親と同い年の恋人を連れてきてしまい、2回目以降はそれにまつわるドタバタになりそうですが、とりあえず次回を待ちます。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

ちょっとご無沙汰気味

3ヶ月ごとの番組改編に伴う一時的なお休みがそろそろ終わりますね・・・(笑)

ちょうど個人的にかなり忙しくなってしまったのと重なって
まるっきり更新してなかったんですが(ドラマネタもないしね^^;)
いよいよ明日12日夜9時からの「夫婦道」でドラマレビューを再開する予定です。

しかし木曜日はTBSの孤独な賭けとフジのわたしたちの教科書、両方とも興味があって
困っちゃいますね~。まるっきり時間が重なってますし。
金曜日は20日から生徒諸君。
土曜日は喰いタン。日曜日は織田裕二。月曜日は月9。
この時点で既に6本。増える可能性もあるし、う~ん。続くかな(笑)

今クールはがつんとくる作品に会えるでしょか。。。

あ、そうそう映画版「HERO」クランクインしたらしいですね。

では、明日お会いしましょう。(既に今日だな・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリデイ 観た!

326504view001_1 326504view007 キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット主演の「ホリデイ」観てきました。

大体思った通りな感じでしたが、とても良い映画でしたよ☆欲を言えばもう少し人物だけじゃなくて周囲の景色もうまく取り入れてくれればもっと良かったけど。

   

ここからネタバレを含んでいます。これから観賞される方はご注意を!!

失恋したばかりのアマンダとアイリスはそれぞれの家を2週間だけ交換する事になる。傷心を癒すための旅行だったが、ロンドン郊外の瀟洒な家に住むアイリスとロスで映画予告編制作会社を経営しているアマンダでは楽しみの価値観が少しばかり違ったようだ。
アマンダの豪邸に狂喜乱舞するアイリスとは対照的に、質素なたたずまいと田舎の静けさに退屈したアマンダは到着した早々、翌日にはロスに戻ろうと決意してしまう。
そんな時アイリスの兄、グラハムが訪ねてくる。
一方、アイリスもアマンダの別れた恋人の友人、マイルズと出会っていた。。。。

よくある恋愛映画ですが・・・
わたし的にはケイト・ウインスレット演じるアイリスの方に断然惹かれてしまいましたね。今さらですがケイトは美しい!(笑)素直で無邪気で純粋なアイリスは慣れない土地で近所326504view009 の人とも知り合ったり、人との関わりにとても積極的。
キャメロン・ディアス演じるアマンダは都会暮らしに慣れているためか、結局最後までグラハム以外の人間と関わらずに終わった。。。(まあ彼の娘達とは偶発的に会う事になってしまったけど)確かに近所に家がないほどのド田舎って事もあるでしょうが(笑)

たった2週間の間にこんなにやっちゃったのかよ?っていうくらいロス生活を満喫したアイリスに対して滞在期間のほとんどをグラハムとのいちゃつきで過ごしたアマンダはほんと にものの見事に正反対でした。
アイリスが知り合った元脚本家のアーサーとの関わりもとても素敵で、相手に対する先入326504view008 観や決めつけなどをせずに誰とも素直に相対するアイリスのキャラはとても魅力的で、こんな女性がクリスマスに恋人もいないなんてありえないだろう・・・と心底思ってしまったわたくしでした(笑)

ラストはほんとに超ハッピーエンドで気分良く終われる映画ですね。
巨大なポップコーンとコーヒーを抱えて是非ご覧になる事をオススメします。

| | コメント (10) | トラックバック (15)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »