« セーラー服と機関銃メイキング | トップページ | のだめカンタービレ☆第7回 »

功名が辻*種崎浜の悲劇

Still0116_1 とうとう、例の相撲のエピソードになってしまいましたねー。

土佐の平定に時間がかかっている一豊に家康からのプレッシャーがかかる。まだまだ世の中、平安になったとは言いがたい状況だったからだ。
一領具足の反発もより一層激化してくる中、六平太が一領具足の一掃のためにある提案をする。相撲大会を開いて一領具足たちの長を呼び寄せ、鉄砲で銃撃するというものだった。あまりの強引な提案に一豊、新一郎は驚くが土佐平定に一刻の猶予もない一豊は決意する。

それにしても・・・・なんか、おかしくないですか今日の話の展開は。
千代ってこのお話では賢妻という事になっているわけですよね?関が原の時には一豊に入れ知恵までして徳川の覚えめでたきなるよう計らっているわけなのに、なんで!?
一領具足たちに時間をかけて和解しながら国を治めていけるような世の中なら、そもそも一豊が国主になんてならなかったのでは!?
六平太の大往生が千代のおかげで台無しなんですけど!!!

すみません、だいぶイライラしていて新一郎の最期まで「え??」って感じなもんですから。。。そういえば今日のシーンはスタパに見学に行った時のものが非常に多かったです。千代の「わたくしが逆らえばわたくしも殺すのですか」というワケわかんないセリフもスタジオの画面で確かに見たシーンですし。

千代が思いっきり出しゃばるシーンというのは、どうも矛盾が多くて納得できないものばかりです。戦国時代に生きて、ましてや国主にまでなった武将の妻が今さらこういう事で夫を責めるなんてありえるんですかね!?確かにその有様を目の当たりにすればそういう反応も出るかもしれませんが、夫は何十年もそういう修羅場を生き抜いて今日に至ったわけで、たまたま自分が戦場の惨状を知らないだけじゃないですか。

Still0117 まあこの一領具足の虐殺を六平太の一存にして一豊の案ではなかった、という綺麗な展開にしているとはいえ、この大河に登場してきた千代としての態度はあまりにワケわかんないんですが!(あ・・・、でも、もともとワケわかんないんだから、これでいいのかな・・^^;)

せっかくの六平太の命を張ったこの回が台無し・・・・・(ああ、ほんとにひどいわ・・)「じゃから、もう良いと言うたではないか!」と言う新一郎とのやり取りにはグッときました。新一郎は死んではならなかったのだ・・・、自分が亡き後、山内家を守らねばならなかったのだから、という事ですよね。新右衛門も可哀相、あの年になって大事な跡取りに先立たれるとは・・・。にしても、その新右衛門が「ようやった」と涙ながらにせがれをねぎらっている席で千代のあの態度は!!!(怒)うーむ、これはもう怒りが当分おさまりません。

Still0118_1 Still0119_2

|

« セーラー服と機関銃メイキング | トップページ | のだめカンタービレ☆第7回 »

上川隆也」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ボクも観ていていらついてました。
何か筋が通ってないというか、一貫性がないというか。
ホント千代出しゃばる時って面白くないですね。

投稿: ぱるぷんて海の家 | 2006年11月26日 (日) 22時07分

私も私も!
同じような記事を書いてしまいました!
千代には、かなりイラつきました。
こっちから離縁してやりたい。。。

投稿: くう | 2006年11月26日 (日) 22時07分

もちろん、やってること自体が悪いことですが、千代がそれを増幅させているような気が、、、。気が重くなりますねえ。

投稿: てれすどん2号 | 2006年11月26日 (日) 22時08分

こんばんは♪
千代の「暇乞い」も、その前の六平太の死ですっかり頭の中が真っ白になっていてすっ飛んでしまいました(汗)

投稿: ミチ | 2006年11月26日 (日) 22時12分

新一郎と六平太の熱いやりとり、よかったですよね!
新一郎の最期も六平太の熱演も・・・。
なのに後味悪いのは、すべて千代(笑)

投稿: うさ | 2006年11月26日 (日) 22時32分

まったく、ひどい話です!!
ええ、まだ怒ってます!!

>ぱるぷんてさん
千代の言動をずーっと最初から考えるとホントに矛盾ばかりです。
だったら自分の夫に死ね、と言うんでしょうか。
自分が家康に談判してこい!って感じなんですけど!
ホントによくわかんないキャラです。

>くうさん
ええ、どこへでも行くがいい!って思いますよ。
ちょっと自惚れれば馬鹿にして、苦渋の決断すれば非難する。
とんだ悪妻だわ!!

>てれすどんさん
なんか騒ぎを大きくしているだけのような感じですよね。
大体、千代があんな態度取ったら命を落とした新一郎や
悲しんでいる新右衛門はどうなるんですかね!

>ミチさん
千代のおかげで六平太と新一郎の熱演がブチ壊しです!!
こんなに腹が立ったのは初めてですよ(怒)

>うささん
ほんとに、ほんとに腹立たしいです!
殿と新一郎と六平太の緊張感溢れるやり取りも良かったですが
敦盛を舞ってる殿の切なさも良かった!
新一郎を看取った六平太の嘆きや覚悟の自害などなど
千代のワケわかんない行動ですべてブチ壊しです!!

投稿: せるふぉん | 2006年11月27日 (月) 00時45分

六兵太の千代に対するある意味ゆがんだ愛情に涙しました。
やはり、くさいのは千代の平和主義ですねぇ。
あの時代にマッチしないのかもです。

後2回、どうなることでしょうか。

投稿: tomy | 2006年11月27日 (月) 14時15分

tomyさん

千代の言ってることは間違ってないんですけど
あの状況でそれを言い続けたら自分たちだけでなく
家臣や家はどうなるか。。。

・・てまあ、ドラマだから仕方ないんですけど
ああいうのが内助の功、ってのはこれも時代の流れなんですかね。

投稿: せるふぉん | 2006年11月28日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/4322905

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻*種崎浜の悲劇:

» ★功名が辻47・・心を鬼にして( ┰_┰) [・*:・ふわゆら生活・:*・]
おいおい!!当たってないのかよ〜〜!!それならたおれるなっちゅ〜〜ねん!!まぎらわしいな〜。。千代ってば一領具足を根絶やしにする・・あ〜〜らら。。また踊っちゃいましたか。。一豊さま。。相撲大会をエサに一領具足の長たちを集める。。そしてついにああ。。もう...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 21時37分

» 功名が辻 第47話 ツメが甘い!! [レベル999のマニアな講義]
内容千代を撃ったモノを捉えた後、見せしめのため磔とする。そして、六平太は決意する。自らが泥をかぶることを。。。『種崎浜の悲劇』ということで一領具足の長を一掃する。その泥を六平太がかぶるという話だ。まぁ、六平太が死ぬのも新一郎が死ぬのも良いだろう。千代が...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 21時43分

» 功名が辻47胃薬飲んでから観よう功名が辻! [ぱるぷんて海の家]
今日の功名が辻、一豊クン一世一代の大イベントでした。 しかしこの大イベント腹にもたれました。スッキリしません、胃薬飲まなくっちゃ!!75人もの一領具足の長たちを一斉射撃で撃ち殺すという大イベントは胃にもたれます。 こればっかりは一豊クンの数少ない史実だか....... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 21時50分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 この世は。。。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
功名が辻があまりにもダークなので、世界バレー男子に家族で熱狂しているてれすどん2号です [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 21時55分

» 【功名が辻】第四十七話 [見取り八段・実0段]
山内一豊は、土佐に入ってから厳しい治世を行った、とは知っていたけれども、これほどの事を行ったとは。。。相撲大寄席を楽しみにして集まった、明るい顔の一領具足の頭領たちと、その後起こった悲惨な光景の差に、ただ愕然とするばかりだった。相撲に集まった一領具足は...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時09分

» 「功名が辻」第47回 [ミチの雑記帳]
「種崎浜の悲劇」 ホントにもーーー!千代ったらお騒がせなんだからーー!前回はいかにも撃たれた?という終わり方でしたが、弾は袖を貫通しただけでした。 捕えた者を新領主と奥方を狙った罪で磔に処すなど、一豊は厳しい態度に出ます。 千代は一領具足に憐れみの心を見せ、彼らの食い扶持と名誉を取り上げないよう一豊にアドバイスします。これってローマ帝国の時代から他民族を平定する時の重要ポイントなんですよね。 いつもなら千代のアドバイス�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時10分

» 功名が辻〜千代が好きだ [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第47話〜種崎浜の悲劇今回はなんとも・・・悲しいお話でした。これまでのお話に登場した一豊とはまったくの別人っていう位、冷徹な上川一豊。それはもう冒頭シーンから。上川一豊も香川六平太も笑顔なし悪人モード満載でいつものように千代...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時27分

» 大河ドラマ 「功名が辻」 種崎浜の悲劇 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
土佐入国後の悲劇・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時48分

» 功名が辻(11月26日) [今日感]
千代に弾はあたらず、袖をとおしたのみ・・・おいおい、それで先週のラストかよ、ちょっと過剰演出ですね。 下手人をみせしめのために磔にする六平太。 さらに、一領具足の鎮圧のために、容赦なく撃ち殺す六平太 影で山内家をささえた六平太、表へ出てきた六平太は、山内家のためにためらわず手を汚す。... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時52分

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第四十七回「種崎浜の悲劇」 茫然自失です。 何が悲しくて、ど素人の脚本予想が100%で当たらなければならんのか! 今回は [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時34分

» 【功名が辻・感想レビュー】種崎浜の悲劇 [必然的なヒストリー]
前回に引き続き、山内家と一領具足と長宗我部遺臣団の抗争のお話がメインであった今回。前回のラストで渡辺哲とバーチャル文乃に討たれた千代・・・。と思ったら、実は討たれていませんでした。なんなんだ、そのフェイントは!?渡辺哲を処刑台に送る為の方便でしたか。それにしても千代様が無傷で何より今回は、千代を文字通り陰から支えていた「義」の男、六平太が死亡。決して奇麗事は言わず、黙々と自ら泥を被ってまで山内家の安泰を考えての最期。本当に立派でした... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時14分

» 功名が辻 第47回「種崎浜の悲劇」 [みはいる・BのB]
サブ・タイトルからして、重そうな内容ですが、やっぱりそうです。{%naku_a%} [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時49分

» 功名が辻 第47話 [くつろぎ日記]
「千代、好きだ・・さらばじゃ・・」 [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 17時28分

» 功名が辻 46話・47話 [異世界への扉]
 すみませ~~ん、実は、前回見逃したので、土曜日の再放送を見ました^^; そして [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 18時36分

» 功名が辻 46話・47話 [異世界への扉]
 すみませ~~ん、実は、前回見逃したので、土曜日の再放送を見ました^^; そして [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 18時37分

» 功名が辻 第47回 [ななさんにトラックバック]
昔から、大河ドラマは、暗い感じが好きです。 戦国時代の大河ドラマって、真っ暗な部屋の中で武将達が怪しい会話をしているシーンが好きで、色に例えると「黒」(←そのまんまやん)。 今日はそんな黒い大河ドラマが見れて面白かった。 オイラは四国の香川県出身だからちょっとだけ高知びいきがあるかも。 山内家って、侵略者のようなもんですかね?。 あんなに可愛い娘のお父を磔にするなんて…。 先週の予告を観たときは、千代に怪我を負わせ... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 21時00分

» 功名が辻第四十七回「種崎浜の悲劇」〜さらば望月六平太!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
「土佐は、おまんらの好きにはさせんぜよ」 by ナンノ [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 22時45分

» 功名が辻 46話・47話 [異世界への扉]
 すみませ~~ん、実は、前回見逃したので、土曜日の再放送を見ました^^; そして [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 15時45分

» 大河ドラマ 「功名が辻」 種崎浜の悲劇 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
土佐入国後の悲劇・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 22時59分

» 「功名が辻」第四十七回 [リリコ雑記]
今週は「種崎浜の悲劇」。弾圧される側も悲劇。統治する側も悲劇。(;;)そして、さらば六平太!千代への愛を胸に!!って、旦那への愛はどうした千代ー!! [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 16時11分

» 姫路城 【海外移住計画中@ゆうの世界遺産レポート】 [海外移住計画中@ゆうの海外移住&世界遺産レポート]
こんばんは、ゆう@海外移住計画中です。 いつもコメント ・ トラックバック ・ ランキングの応援本当にありがとうございますm( _ [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 00時06分

« セーラー服と機関銃メイキング | トップページ | のだめカンタービレ☆第7回 »