« FREEDOM☆配信中 | トップページ | 功名が辻*土佐二十万石 »

東京タワー ~オカンと僕と、時々、オトン~

Still0006_22 いやー、ちょっとビックリです。

リリーさんて、こういう人だったんだぁ~(笑)
確か、以前に情熱大陸だか、ソロモン流に出てたような気がするんですけど、その時面倒見てくれる女性はいなくて、母親だけ・・・みたいなナレーションだったような記憶があるんですが気のせいかな?

この広末涼子が演じたまーちゃんという女性はフィクション?(笑)

まあ劇的に感動的だとか、すごいドラマチックだとかいうわけではないですけど、それでもそんなにエラく昔の人でもないのにこれだけ激動の人生を送ってる人も珍しいかも、ですね。ホームレス経験まであったとは(笑)

どうもココリコミラクルのイメージが強くて、クール・・・っていうより、どこか奇妙な人っていうか面白い存在感の人だなぁ・・・、しかしこの人の本職ってなに!?っていうイメージですね(まとまりのないイメージね^^;)

リリーさん本人は孤独そうな印象が強いですが、このオカンのおかげで東京に住んでいながらまるで小倉にいる時のように色々な人がやってきて食事をしていく・・・みたいなオカンの人柄がよくわかるエピソードが満載でした。
今、リリーさんが実は孤独じゃなく楽しく過ごしていらっしゃるなら、きっとオカンのおかげですね。

それにしても、このオトンは何なんでしょう??
最後「栄子を治せ~っ」って騒いでましたけど、結局このオカンを愛していたんですね。生涯離婚はしなかったけれど別々に住んでオトンは別の女性といたわけでしょー。。。
まあ変わった関係ですけど、それなりにうまくいってたのかな。。。???

オカンが最期の最期に冷蔵庫の中にナスの漬物があるとか言ってたのを見て、ああこの人は最後の最後まで「オカン」だったんだなぁ~と実感しました。雅也が「今、食べるけん、オカン待ってて、待ってて」というシーンは泣けましたね。。。

オカンはものすごい苦労の連続だったのでしょうけど、なんだか爽やかな終わりで見ていて重い気持ちにはなりませんでした。リリーさんと同じ不思議な存在感のドラマでしたね。。。

Still0010_15 Still0009_14

|

« FREEDOM☆配信中 | トップページ | 功名が辻*土佐二十万石 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/4244672

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー ~オカンと僕と、時々、オトン~:

» 東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~ [TV雑記]
皆様、ご覧になりましたでしょうか? いろいろありましたが、大泉洋主演、東京タワーが無事にオンエアされましたね。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 01時47分

« FREEDOM☆配信中 | トップページ | 功名が辻*土佐二十万石 »