« 家族☆第4回 | トップページ | たけしの日本教育白書2006 »

セーラー服と機関銃☆第5回

Still0081_3 今回は最初から最後まで、金さんのストーリーでしたねぇ・・・。

しかし、そんな金さんの生き様を描いた回でありながらも、相変わらず意味のない堤カットが多い事を心からお詫びいたします。(ほんとかぁ。。。。)

武を失い、浜口組にお礼参りをしようと封印された武器に手を出そうとする佐久間、ヒデ、ケン。しかし、泉は殴りこみなど駆けたら全員殺されてしまうかもしれない、死んでしまったら何もかも終わりだ、と反対する。意外にも金造も泉と同じ意見Still0080_1 だった。
そこに例のうさんくさい刑事、黒木がやってくる。
浜口組やその黒幕である「太っちょ」を検挙する為にもヘロインを出してくれ、と泉に土下座までする始末。(ないって言ってるのに、しつこいよねぇ。。。仲間一人殺されてまで隠し続けるほど女子高生に気合が入ってるのか考えてみりゃーわかりそうなもんなのに)

Still0083_3 武が死んでしまった事に罪悪感を感じている泉。武の死は泉のせいではない、と言う佐久間(いいえ、あんたのせいです←おーいっ)
ヘロインを見つけて警察に差し出し、浜口組を検挙してもらう為にも自分も高校を休学してヘロイン探しを一緒にしよう、と決意する。

そんな時、またまたケンと金造がさらわれる。金造はボコボコにされて開放されるがケンが誘拐されたままだ。それを察知した黒木の相棒のものすごい東北なまりのある・・・えーと、えーと・・・稲葉くんだっけ?が、捜査本部を作ってくれるように黒木に伝えにくる。自分が上に報告するから、と言ってその事を握りつぶしてしまう黒木。
ホントにしつこい事に浜口組は相変わらずヘロインを出さなければケンを殺す、と脅迫してくる。(ないって言ってんだろ、しつけーんだよ!と言いたくもなりますわ。。。)

Still0086_1 しかし、ここはこらえてくれ、と金造が泉に言う。ケンは覚悟を決めたのだから、浜口組を検挙してもらう方が先だと言うのだ。ケンが一番大事なはずの金造の言葉に驚く一同。ところが、夜寝付けない佐久間と金造の話を泉は聞いてしまう。
「てめぇの命に替えてもケン坊は守ってやります!ケン坊は俺の宝なんです」おぉぉぉ~(T_T)(T_T)(T_T)そうよね、血はつながらないとはいえ、親子みたいなものですし親にとって子供の命を救うためなら自分の身の危険など躊躇しない・・・というより、微塵も考えないのが親というものです。

Still0089 ヘロインを探しながら、泉に真由美の店の事を聞く佐久間。そして、六本木の店に真由美を訪ねる。ヘロインの事など何も知らない、と言う真由美に組長を裏切らないでくれ、と言う佐久間。その言葉を聞いて真由美はある覚悟を決めたらしい。
再び泉のマンションが荒らされ(ほんっっっとに、しつけーっ!!!怒)佐久間と共に片づけをしている時、真由美から連絡が入る。ヘロインを目高組の事務所に送ったというのだ。何故、真由美が持っていたのか、と問い詰める泉に後で事務所に行って説明するから、と言う真由美。

ところがそのヘロインを持って金造がケンを助けに向かってしまう。
今回は自分に任せて欲しい、と言う書置きを見て、待つ事に決める佐久間たち。

Still0090 ケンの身柄とヘロインの交換を要求する金造に、なかなか健次を解放しようとしない柴田たち。最初から健次を助ける気などないのだ。そこに黒木がいきなり現れ、発砲する。そこへ突然何故か稲葉くんが現れ、黒木に向かって発砲。黒木が健次の誘拐について何も報告していないのを不審に思い、つけてきていたらしい。が、あっけなく射殺。(なんか無意味に死んでいく人が多くない?^^;)
金造に向かって発砲し続ける黒木。健次をかばい、逃がす為に自分だけ倉庫の中に残る金造。自分も残る、と言う健次に早く黒木がグルだという事を佐久間と組長に知らせろ、とStill0092_1 言う金造。断腸の思いでその場を後にして必死に事務所を目指す健次。(うおぉぉぉ~、二人ともすごい覚悟と気合。人の道からはずれているかもしれないけど、この潔さと覚悟は見習わなければいけませんよね、今の日本人)武が犠牲になったのに、いつまでも現場でぐずぐずしていた泉とは大違いです。

事務所に駆け込んできた健次は金造がヤラれた事と、黒木がグルだったことを皆に告げる。では、黒木が太っちょなのか!?と愕然とする泉、ヒデ、佐久間。と、その時真由美がStill0095_1 Still0096_1 やってきて「約束が違う・・・」と言う。何を知ってるんだ!と詰め寄る佐久間に太っちょの正体は黒木ではない、太っちょは議員の三大寺一であり、自分の父親だと告げる真由美。ええぇぇぇぇえええ!?と一同、愕然としたところで次週へつづくっ。

とうとう後2回になってしまいました。
Still0097 なんか金造さん、いきこんで行ったわりには段取りが悪かったような気がするんですけど^^; クスリの入ってるバックにガソリンでもブチ撒いて火をつけられたくなかったらケン坊を離せ!ぐらいの事言えば良かったんですよぉぉぉ(ドラマの見すぎだってば、それ。。。)それにしても、この期に及んでも皆に護身用の武器も持たせない泉ってどんなもんですかね。皆死んじまってからマシンガン撃ちまくっても遅いような気がするんですけどね^^;

Still0094_1 とにかく、どんどん皆いなくなってしまいますよね。普通の世界に生きられなかった人たちの悲しい結末なのかな。

|

« 家族☆第4回 | トップページ | たけしの日本教育白書2006 »

堤 真一」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族☆第4回 | トップページ | たけしの日本教育白書2006 »