« セーラー服と機関銃☆第2回 | トップページ | のだめカンタービレ☆第2回 »

功名が辻*ガラシャの魂

Still0110ものすごーーー緊迫した状況になってきました。

この期に及んでもまだ豊臣につくか徳川につくか決めかねている一豊。
上杉討伐のため出陣した家康の留守に大阪城に戻った三成は、とうとう家康に対して兵を挙げる決意をする。

大阪の千代は城に残っている家来のほとんどを一豊の下へ行かせ、ガラシャの説得を試みる。が、忠興にもしもの時は自害して果てるよう言われている彼女はどこへも逃げる気はない。大阪城下に残っている武将の妻を人質にしていく三成に、どうにかして脱出しようとする者達が続出する。
一豊は弟、康豊と家臣の者を千代の下に行かせ千代を助けるよう命じる。
三成の使いを追い返し、一豊に使者を出す千代。

Still0112 千代の頼みで康豊がもう一度ガラシャを説得するが、ガラシャの決心は固く、城に留まると言う。キリシタンであるがゆえに自害が許されていないので家臣に胸をつかせてガラシャは果てる。

一方、千代からの手紙を受け取った一豊はついに徳川へつく事を決意する。

ガラシャ・・・最期だというのに・・・なんか今まで以上にマズい演技だったような^^;
それにしてもガラシャの最期のために嶋田久作がゲスト出演!?
Still0113まあー、すごい扱いですことぉぉ~。
今日は一豊の出番がすくなーーーっ。(ぶーぶー)
今回の千代の策は出しゃばりとは感じなかったし、夫婦で団結して頑張ってるかな、って感じでまあまあでしたけど。
さぁて、いよいよ来週は関が原みたいですねーっ。

|

« セーラー服と機関銃☆第2回 | トップページ | のだめカンタービレ☆第2回 »

上川隆也」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

連ドラ☆」カテゴリの記事

コメント

嶋田久作の自害はスルーされていましたね・・・。
絵的にはよかったんでしょうけど・・・。

投稿: ryi | 2006年10月22日 (日) 21時37分

ryiさん

ですよね。。。^^;
久作さん、ちょっと可哀相でしたけど
やっぱりさすがでした。

投稿: せるふぉん | 2006年10月22日 (日) 22時02分

そうそう!一豊様の出番が少なすぎでしたよね(笑)
来週は格好良い姿が観られることを祈って・・・。

投稿: うさ | 2006年10月23日 (月) 02時05分

うささん

話もいよいよ佳境に入っているというのに!!!
殿の出番が少ないとはっっっっ!!って感じですよね。
しかし残り少なくなってきました~。
来年、どうなるのだ!上川さーーーん。

投稿: せるふぉん | 2006年10月23日 (月) 20時38分

こんばんは!

今年の大河は、スルーが多いですからねぇ。。。

今回は、いつになく緊迫感ありましたね。

投稿: 「感動創造」 | 2006年10月23日 (月) 23時13分

感動創造さん☆

久作さん・・・あまりにさりげなさすぎです・・・^^;
ガラシャ・・・ヘタすぎです・・・・(こら)
とうとう関が原に突入ですね。最終回まで目が離せませんよ。
土佐入り後も色々ありますから(うずうず・・ロケを見てしまったので知ってしまった、あの事実・・喋りたい・・うずうず)

投稿: せるふぉん | 2006年10月24日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/3920376

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻*ガラシャの魂:

» 功名が辻 第42話 意外と良い感じ(^_^)b [レベル999のマニアな講義]
内容ついに、三成が動き大坂へ入った。だが一豊は、どちらにつくか決めかねていた。そのこと大坂で三成は、諸侯の妻子を人質に取り始める。。。千代とガラシャがメインであったにもかかわらず、『意外と』、良い感じに仕上がっていると感じた。多少、『玉』『玉』と誰もが...... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時24分

» 大河ドラマ 「功名が辻」 ガラシャの魂 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
関が原直前の有名なエピソードですね。 [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時34分

» 功名が辻42孫作早い安い仕事きっちり! [ぱるぷんて海の家]
ドラマ冒頭のワンポイントアドバイス、近頃は先週の復習ばっかりです。 通信手段云々の折りの携帯電話やメールが懐かしい・・・。 と言うことで本日は何故か「細川ガラシャ自害の巻」 本来一豊千代とは何ら関係のない出来事で、何でこの話に一回分を割くのかといぶかし....... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時36分

» 功名が辻(10月22日) [今日感]
徳川につくか、石田につくか迷う一豊・・・・という始まりでしたが?????よく考えると、この時点では石田三成はまだ挙兵していないし、挙兵のうわさも流れてませんよね。 何にみんな迷っているんだろうか。もし石田が挙兵したら、という仮定の迷いでしょうか。 どうして先週気づかなかったんだろう。... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時36分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  これぞ功名が辻 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
「ガラシャの魂」なんていう題名になんでしたんやろう。ある意味でそうなんかもしれんけど、今回はまさに、「功名が辻」なんじゃないでしょうか。物語の中心に千代がいて、歴史もちゃんと動いてる。最近あまりこのドラマにあまり心うたれなかったんですが、今回ばかりはわくわくしましたよ。... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 21時52分

» 功名が辻42・・孫作さんのおつかい [・*:・ふわゆら生活・:*・]
おおぉぉ〜〜い!!まだ悩むのかぁ〜〜一豊さま。。家康か。。三成か。。それをまた、真っ正直に家康に言うかぁ〜〜!!迷いなされ!!な〜〜んて言う家康は大きいです。。孫作さんのおつかい。。康豊たちのピンチにも六平太のナイスフォロー。。(あのあともしかしてつか...... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 22時15分

» 【功名が辻・感想レビュー】ガラシャの魂 [必然的なヒストリー]
①山内一豊が徳川軍に付く事を決意②石田三成が徳川軍に付いた武将の妻子を人質に取ろうとする②細川ガラシャの自害この3つがメインであった今回。「義の人」として描かれている石田三成が②のような行動を取る事について、このドラマでは彼がどのような心境を経て、この策を実行に移すのかと楽しみにしていましたが当たり前のように妻子を人質にとっていました。彼が焦るあまり極端な事をしでかした事実のみ、伝わりました。これは三... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 23時31分

» 功名が辻 第42回「ガラシャの魂」 [みはいる・BのB]
今年の大河も残すところあとわずか。 キャラがどんどん お亡くなりになります。 [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 00時06分

» 【功名が辻】第四十二話 [見取り八段・実0段]
へそくりで駿馬を購入する話と同じくらい有名な「笠の緒」の話。千代の元に石田三成からの三成側に付くように。と言う十三箇条の密書が届いた。千代は全く開封せず、「読んでいない」事を示すために糸で封をした。そして、掛川にいる一豊の元に、これを持たせて使者を走ら...... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 00時11分

» 功名が辻〜封を切らない手紙 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第42話〜ガラシャの魂三成が家康に味方する大名の妻子を人質にとろうと大坂を包囲・・・。今回は終始緊迫ムードでしたねピリピリしている場面で、耳が遠くて勘違いする新右衛門がかわいくてほのぼの〜(大事なことは聞こえなくても悪口はし...... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 02時07分

» 功名が辻 第42回 [ななさんにトラックバック]
オープニングで一豊は「まだ迷ってる」って言うけれど、やってる事は家康側じゃん!。 家康「損得のみでわしに追従する者はいつかまたこのわしを裏切るやもしれん。迷いなされ。じっくりと迷いなされ。その果て、戦場にて刃を交える事になったとしてもこの家康、山内対馬守一豊殿を恨みはせぬ。武士として正々堂々戦いましょうぞ。」 ※国力が100倍以上違う人から正々堂々って言われてもね…。 妻子(妻女?)を人質に取るから…、三成... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 08時29分

» 功名が辻 第42話 [くつろぎ日記]
これより徳川様にお味方いたす! [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 19時24分

» 功名が辻第四十二回「ガラシャの魂」〜宣教師はザビエル?サビエル?〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
さらば、キリシタン ガラシャ・・・ アーメン ところで、日本で布教した宣教師って、ザビエル?サビエル? [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 23時14分

» 散りぬべき、時知りてこそ、世の中の花も花なれ、人も人なれ。 [ゆもとまさのりのココログ]
功名が辻、「ガラシャの魂」感動しました。 大石さんの脚本、心憎いほど、すばらしい。 ガラシャの辞世を、細川幽齋(近藤正臣)によませる場面、すばらしいです。 女性の辞世って結構珍しいのでは。 散りぬべき、時知りてこそ、世の中の花も花なれ、人も人なれ。 元首相・細川護熙も議員辞職の声明文に引用し、前首相・小泉純一郎が、最後の桜を見る会で引用し、多くの政治家をも魅了しているうたであります。 非常に男性的なうたかもしれません。それと、戦国時代、例えば、山内一豊の妻、千代のことを、山内千代とは呼ばないですが... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 02時29分

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第四十二回「ガラシャの魂」 ●本編の感想 ①一豊は迷っていたが、千代からの頭脳プレーによる手紙と大大名の毛利も一枚岩で無 [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 06時36分

» 「功名が辻」第四十二回 [リリコ雑記]
「ガラシャの魂」と題された今回。お玉がクローズアップされてんのはどうでもいいですが(おい)、「いいから早く逃げんかい!」と千代に突っ込み入れたくなったのは私だけでしょうか……。(汗) [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 22時48分

« セーラー服と機関銃☆第2回 | トップページ | のだめカンタービレ☆第2回 »