« ブスの瞳に恋してる☆第3回 | トップページ | 弁護士のくず♪第3回 »

Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタ、観てきました!
いやー、もうメッチャいいですよ!!

正直言って観に行くまでは、どんなもんなんだろーかなーと思ってたんですが
ラストでは説明しようのない感動がありました。

派手なアクションシーンはマトリックスほどありませんが
良くできたストーリーだと思います。
さすが、ウォシャウスキー兄弟☆
アイディアというか、感性が素晴らしいですよね。

***ここから、ちょっとネタバレ気味なのでお気をつけて***

ナタリー・ポートマン、とても良かったと思います。
お人形さん的な役ではなく、今までにない挑戦を本人もしたのではないかな?って感じですが。。。
しかし、ヒューゴ・ウィービング!ついに一度も顔を見せずに終わりました!!まさに声のみ!!
私はヒューゴの話す英語のアクセントが大好きなので、Vのセリフの多さも全然苦にはならなかったのですが、ヒューゴほどの役者で声だけってのは。。。。。まあ、そこがイイのかな?^^;

それにしても、まあ予想通りというか、観た人なら誰でも途中から予測できたラストではないかと思うのですが不思議と悲しくはありませんでした。
ある意味、ハッピーエンドだったのかもしれませんね。
Vの運命を思うと、あのまま生き長らえてイヴィーと共にいたとしても普通の人間としての生活はままならないでしょうし、死闘の後、一人であのまま死んで行くのではなく愛する女性の元まで戻って死ねた事が、
幸せな事だったのだろうと思えます。
なんともストイックというか、切ない運命ではありますが。。。

ここでふと思ったのですが、わたしってストイックな男性に弱いみたいです(今まで気づかなかったんかい^^;)
ストイックで自分の信念を貫き通す、ちょっと端から見たら変人キャラ。
そのあまりに孤独な生き方ゆえに、愛する女性と幸せになって欲しいと思いつつ、実際はそのストイックさを貫いて欲しいんですよ。。。ああ、矛盾してるけどそうなんだよ。(そうなのかよ)
実生活でも、まさにそうだもんなぁ。。ああ、そうだったのかぁ、自分。(すごい独り言)

・・・と、脱線しましたが^^;
色々な事を思わせてくれる、これまた素晴らしい映画でした☆わたしにとっては。

是非、ご覧になってください。Vフォー・ヴェンデッタ☆☆
(決して配給会社の回し者じゃありません^^;)

Desktop_redx_800_1 

|

« ブスの瞳に恋してる☆第3回 | トップページ | 弁護士のくず♪第3回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

2006年映画感想」カテゴリの記事

コメント

せるふぉん様
TBありがとうございました。私も全く同意見です!この作品を観ることができて良かったです~

投稿: にいな | 2006年4月27日 (木) 12時07分

にいなさん、コメントありがとうございます☆
なんだかよくわからないけど、もう一度観たい!という記事を見かけましたが、まさにそんな感じです。
もう一度観たいです。行っちゃおっかなー♪

投稿: せるふぉん | 2006年4月27日 (木) 23時27分

TBどうもでした~♪
僕にとっては、ツボにハマらなかった映画です。
終始仮面姿のVが、気に入らなかったのが原因かな?

投稿: はっち | 2006年4月28日 (金) 06時25分

コメントありがとうございます。
そうですかぁー、お気に召さなかったとは残念です。
これから話題作がたくさんありますから、そちらを楽しみにいたしましょう。

投稿: せるふぉん | 2006年4月29日 (土) 20時06分

せるふぉんさん、はじめまして。 長文失礼します。
コミックの映画化で期待せずに見ましたが、クセがありますがハマると楽しめますね。「ストイック」な復讐や革命を願う生き方と、お茶目な一面の描写のバランスも良かったですね。「作家はウソで真実を語る」など、W兄弟・脚本の含みのあるセリフも印象的でした。(DVDで、Vがイヴィーに自己紹介する場面を英語字幕で観ると面白いですよ。)

実は、この映画の中で起きた「やらせテロ事件」を「9・11」と入れ換えてみると考えもしなかった現実や、今年公開された真の「意図」も感じられるかもしれません。 23歳のディラン・エイヴリー監督が作り、カリスマ人気を獲得している911検証映画の「LOOSE CHANGE 2ND = ルース・チェインジ」が「9/11 Truthムーブメント」を世界規模に変えていますが、ご存知ですか? 8月完成の「LC 2ND Recut」などで、Vのように「集まろう」呼び掛けました。 「仮面」の代わりが「黒のTシャツ」です。

06年の9月11日の再調査要求・NYデモと、次の日にその様子を伝えた「はず」ニュース。(デモ参加者の人数の違いに注目…。)  9月11日は来年もやって来ます。
http://www.911podcasts.com/files/video/TalkingAboutaRevolution.wmv
http://www.911podcasts.com/files/video/Zahn_LC.wmv

DVDの発売前から「LC2」吹き替え版の「無料」配信が早くも開始されたようです。日本語版の検索語「LOOSEチェンジ」の世界的な反響などは、下記BBSの11/22を。ご参考になればと。 尚、本文内容やLINK先とは利害関係はありません。
http://www.wa3w.com/911/index.html
http://bbs9.fc2.com/php/e.php/cinepro/
http://www.harmonicslife.net/gallery/main.php?g2_itemId=775

投稿: W・R | 2006年12月 5日 (火) 13時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/1583267

この記事へのトラックバック一覧です: Vフォー・ヴェンデッタ:

» パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストがこの夏公開!! [パイレーツ・オブ・カリビアンの鉄人]
話題に乗り遅れるな!パイレーツ・オブ・カリビアンの待望の続編「デッドマンズ・チェス」がこの夏公開!!イベント・ネタバレ・リニューアル版「カリブの海賊」、そして2007年の3の情報を鉄人で先取り! [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 20時33分

» 後半は目が放せない「Vフォー・ヴェンレッタ」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
予告編での「ナタリー・ポートマン」の 坊主頭がきになって仕方がなかった 「Vフォー・ヴェンレッタ」を観てきました。 原作は、イギリスのコミックなんですね。 違う方の評をみると イギリスの歴史と背景を把握しないと 面白くないと書いていたのですが・・・ 全然そんなこと関係なく楽しめました。 前半は、ダークな描写が多く ラストのほうで一気に見せてくれて 終わり方も楽しめました。 少しネタばれです... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 23時41分

» ■〔映画鑑賞メモVol.10〕『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ) [太陽がくれた季節]
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。 さて、昨日(4/23)のエントリーで触れました、当夜に於ける映画鑑賞ですが、 結局、新宿に於いて、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ)の鑑賞と相為りました。 件のエントリーでは、まさしく今週末(4/29・土)から興行的な本番となる、所謂「G・W公開映画」ついても多少触れた訳ですが、 その「G・W公開映画」鑑賞一発目が、図らずも、本作と相為った訳でもあります。^^ *** 一方、今回は見送った『メルキアデス... [続きを読む]

受信: 2006年4月26日 (水) 23時49分

» Vフォー・ヴェンデッタ [にいなの日記]
今年15本目は「Vフォー・ヴェンデッタ」。 アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを....... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 12時13分

» Vフォー・ヴェンデッタ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  新宿東急の前は、この映画を観る若い人々で大行列であった。劇場の中に入るとほぼ満員で、ハリーポッター以上に混み合っているではないか。  第三次世界大戦後、ウイルスに汚染され独裁者に牛耳られた英国社会から、自由と平和をとり戻そうと立上がった、Vと呼... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 21時04分

» Vフォー・ヴェンデッタ 2006-21 [観たよ〜ん〜]
「Vフォー・ヴェンデッタ」を観てきました〜♪ 近未来のイギリス。イヴィー(ナタリー・ポートマン)は、絶体絶命の危機に見舞われたとき、“V”(ヒューゴ・ウィービング)となるの仮面の男に命を救われる。Vは、市民を政府の恐怖政治から解放するテロ活動をしていた・・・... [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 22時14分

» Vフォー・ヴェンデッタ [ネタバレ映画館]
 スミスが現れた。スミスが現れた。スミスが現れた・・・ [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 23時48分

» Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 [猫姫じゃ]
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オーディオマ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 18時46分

» 【劇場鑑賞41】Vフォー・ヴェンデッタ(V FOR VENDETTA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人民が政府を恐れるのではない! 政府が人民を恐れるのだ!! 「マトリックス」3部作のクリエーターによる衝撃の宣戦布告 [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 12時53分

» 映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(127) Vフォー・ヴェンデッタ-Vは、全ての人々の 心の奥に住んでいる。 この映画を観る上で、知っておかなければならないことがいくつかある。 これからこの映画を観....... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 19時21分

» 『Vフォー・ヴェンデッタ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『Vフォー・ヴェンデッタ』レビュー! 原題 V FOR VENDETTA 人民が政府を恐れるのではない!\(+_・。)/ギョッ! PEOPLE SHOULD NOT BE AFRAID OF THEIR GOVERNMENTS. 政府が人民を恐れるのだ!(≧_≦) GOVERNMENTS SHOULD BE AFRAID OF THEIR PEOPLE. 思い出せ 11月5日の出来事を 火薬陰謀事件と反逆を 忘れることは許されぬ 人... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 14時13分

» 『Vフォー・ヴェンデッタ』Remember,Rememver [キマグレなヒトリゴト]
"Remember, remember, the fifth of November, The gunpowder treason and plot. I know of no reason why gunpowder treason should ever be forgot." こんな感じのオープニングが一番印象に残りました。 (注:正確かどうかはビミョウです) 勿論あの仮面もそうだけど..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 19時15分

» Vフォー・ヴェンデッタ [Akira's VOICE]
革命は一日にして成らず。 されど,変化は一日で実る! [続きを読む]

受信: 2006年5月 8日 (月) 09時50分

» Vフォー・ヴェンデッタ [雷座の部屋]
原題タイトルもいいけど「ヴェンデッタ」ってなじみのない外国語なのだから、こういう映画は「邦題」つけてもいいと思うんだけどね。 翻訳すると「復讐」とか「仇討ち」って意味のようです。 さてこの映画、あまり期待せずに観に行ったのですが、これが以外にも面白かった。 舞台は元アメリカ合衆国が始めた第3次世界大戦後、混乱を鎮めるために独裁国家となったイギリス。 まあかつて「ナチスが支配したドイツ」といった... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 17時44分

» Vフォー・ヴェンデッタ 〜警察国家の怖さとポートマンの迫真の演技 [シカゴ発 映画の精神医学]
見終わった後、具合が悪くなる映画が多い。 「ミュンヘン」「クラッシュ」そして、この「Vフォー・ヴェンデッタ」もそうだ。 「具合が悪くなる」というのは、悪い意味ではない。むしろ賛辞である。人間のどす黒い部分。「悪」であるとか、「暴力」であるとか。そうした、人間の持つネガティブな部分、ダークな部分を正面から、そしてしっかりと描いた映画を見ると、「具合が悪くなる」のも当然である。... [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 12時48分

» 「Vフォー・ヴェンデッタ」何だか分らないけど面白い [soramove]
「Vフォー・ヴェンデッタ」★★★★ ナタリー・ポートマン主演 ジェイムズ・マクティーグ監督、2005年アメリカ=ドイツ 予告を見ても 内容がいまひとつ分らなかったが 本編もナゾの多い展開。 大まかな部分から少しずつパズルの様に これまでの経過が明らかに...... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 00時12分

» Vフォー・ヴァンデッタ~革命かテロか [Osaka-cinema-cafe]
「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が 脚本と製作を兼ねて、あのナタリー・ポートマンの 丸坊主姿も見れるという、これは見なくては。 そして、「V」とは何者なのか? 映画「Vフォー・ヴァンデッタ」 時代はそう遠くない近未来 はイギリス。 完全独裁国家となっていた イギリスでは、 健常者以外は異端な扱い、 国民は自由や平等が 奪われている状態。 こんなイギリスに革命を 起こそうと一人の男が 11月5日に立ち上がった。 彼の名は、「V」。 そして、... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 03時12分

» Vフォー・ヴェンデッタ [シネクリシェ]
 仮面の主人公と女性の奇妙な同居生活というシチュエーション、どこかで観たことがあるシチュエーションと思いきや『美女と野獣』。それもディズニー [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 10時55分

» Vフォー・ヴェンデッタ 見てきました。 [よしなしごと]
 今回は私の好きなナタリー・ポートマンが出ていると言うことでVフォー・ヴェンデッタを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 13時47分

» Vフォー・ヴェンデッタ/ナタリー・ポートマン [文学な?ブログ]
ウォシャウスキー兄弟の名前にひかれて「Vフォー・ヴェンデッタ」を観ました。ナタリー・ポートマンもレオンの頃からいい役者だなと思っていましたが、喜怒哀楽を実にうまく表現します。最後まで仮面をかぶったままのVとの対比で一層ポートマンが引き立っています。 舞台は未来の英国、独裁者によって支配された人々の心にVが訴えかけます。泥臭い未来の映像が新鮮に映ります。ラストは美しくも悲しい結末。 見所としてはやはりポートマンの迫真の演技と、そして今までありそうでなかったストーリー。 この映画は是非映画... [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 22時51分

» V For Vendetta [Tokyo Bay Side]
『Vフォー・ヴェンデッタ』 ナタリー・ポートマンの坊主頭が印象的なこの映画は、『マトリックス』の製作チームが再結集して生まれた作品です。最初この映画はナタリー・ポートマン演じるイヴィーと、仮面の男Vのバトルアクションだと思って観ていました。しかし待てど暮らせどそのようなシーンは一切なくむしろお互い最後は惹かれ合うという結末。政治色が強く、想像していた話と違ったので何とも評価し難いです。 [:URL:] 『Vフォー・ヴェンデッタ』... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 22時49分

» Vフォー・ヴェンデッタ (V For Vendetta) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジェームズ・マクティーグ 主演 ナタリー・ポートマン 2005年 イギリス/ドイツ映画 132分 アクション 採点★★ あれ?この映画の舞台、近未来のイギリスってことになってるけど、メディア操作と自作自演めいた惨事で国民の恐怖を煽り、その恐怖を基に国民の忠誠心を強..... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 16時36分

» Vフォー・ヴェンデッタ−(映画:2006年112本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジェイムズ・マクティーグ 出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) 独特の世界観と特異なキャラで2時間以上をきちんとひっぱるごっつい映画。 ううむ、魅せられ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 19時01分

» 映画鑑賞感想文『Vフォー・ヴェンデッタ』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さるおです。 『V FOR VENDETTA/Vフォー・ヴェンデッタ』を観たよ。 監督は『STAR WARS: EPISODE II - ATTACK OF THE CLONESスター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『THE MATRIX RELOADED/マトリックス・リローデッド』のアシスタント・ディレクター、ジェームズ・..... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 03時51分

» Vフォー・ヴェンデッタ [KenKen Movie Review Diary]
やっとVフォー・ヴェンデッタを借りることができました! なかなかレンタル中で借りれなかった。 見た感じはちょっとイメージと違ったかな。 テロの話しですね。 ナタリー・ポートマンはレオンの時はちっちゃかったのに 大きくなって・・・。 まさか、坊主になると...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 15時27分

« ブスの瞳に恋してる☆第3回 | トップページ | 弁護士のくず♪第3回 »