« 今さら・・・スピード☆ | トップページ | ☆特命リサーチ200X年☆☆Vフォー・ヴェンデッタ☆ »

ダビンチ・コード

ついに「ダビンチ・コード」が5月公開ですね!!

やばいです。。。^^;

実は原作本を10ヶ月ほど前から読み始めては、しばらく時間が空いたので最初に戻って読み始め、またしばらく経ってから最初に戻り・・・をやってたら!!
とうとう映画公開になっちまうよ!!

しかし。。。今さら言っても仕方ないですが、どうしてラングドンがトム・ハンクスなわけ!?
ハリス・ツイードのハリソン・フォードならハリソン・フォードがやればいいぢゃん!!

。。。。て、言っても年齢的に無理だわな。。。。^^;

最近、あまり見かけなくなってしまったけどアレック・ボールドウィンなんていいんだけどなぁ。そういや、昔、アレック・ボールドウィンがキャスティングされてショーン・コネリーと共演した「レッド・オクトーバーを追え!」って作品、皆さん覚えてらっしゃいますか?
続編となるジャック・ライアンシリーズには、ハリソン・フォードがキャスティングされ、原作者のトム・クランシーから年を取りすぎている(怒)とクレームをつけられたとかいう、エピソードを思い出しましたわ。

いかん、脱線しましたが。。。

わたしはトム・ハンクスはあまり好かんのです。(ファンの皆さん、ごめんなさい)
小説の映像化というのは、読者それぞれのキャラクターに対するイメージがあるので難しいとは思うのですが・・・ラングドンは渋みのあるハンサムだと想像していたので・・・・トム・ハンクス・・・!?!?なんでっっ!?って感じなんですよね。

何はともあれ、大至急原作本を読破いたします。^^;

おっと、そういえば原作者のダン・ブラウンが盗作で訴えられていましたけど、あれって結局決着ついたの!?つかない内に映画公開はないか・・・。んー、でも明らかに映画製作中に訴えられているハズ。まあ、たぶんそんな事はないんでしょうが、万一盗作と認められたら映画の興行収入ってどうなるんですかね。
しかし、小説だの絵画だのという芸術的分野で盗作って難しい解釈ですよね。
だってさ、音楽家にしたって小説家にしたって誰かの作品に影響を受けて・・・ってのはあたりまえの事ですよね。(自分も少し絵を描いたりしてましたんで、自分の好きな作家に影響を受けるってのは、ごくあたりまえの事だと思うんですが・・・)
まあ、明らかに盗作(って、言うより写したのか!?っていう場合)とわかるものはさておき、どうなるんですかね、こういう場合。

結果を知ってる方、いらっしゃったら教えてください。


ダ・ヴィンチ・コード (上) Book ダ・ヴィンチ・コード (上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 今さら・・・スピード☆ | トップページ | ☆特命リサーチ200X年☆☆Vフォー・ヴェンデッタ☆ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/65699/1341083

この記事へのトラックバック一覧です: ダビンチ・コード:

« 今さら・・・スピード☆ | トップページ | ☆特命リサーチ200X年☆☆Vフォー・ヴェンデッタ☆ »